北九州市門司区の少年による盗撮事件で現行犯逮捕 少年事件と弁護士

2018-03-19

北九州市門司区の少年による盗撮事件で現行犯逮捕 少年事件と弁護士

高校2年生のAくん(17歳)は、学校の帰り道の駅構内のエスカレーターで、スマホのカメラを動画機能にし、盗撮行為をしていたところ、駅構内を巡回していた福岡県警察門司警察署の警察官に見つかって現行犯逮捕されてしまいました。
警察での取調べでAくんは、「興味本位でやってしまった」と話しているそうです。
(フィクションです。

~少年事件と盗撮~

今回の上記事例のAくんのように、駅構内のエスカレーターなどの公共の場所で盗撮行為を行った際には、各都道府県の定める迷惑防止条例違反として処罰されます。

盗撮事件の場合は、痴漢事件の場合とは異なり、盗撮被害者がそのまま立ち去ってしまったために被害者が特定されないケースもあります。
しかし、「被害者が特定されないから」「少年が犯した事件だから」と言って、少年やその保護者が事件に対して何もしなかったら、審判が開始されてしまい保護観察処分を言い渡されるというおそれも考えられます。
さらに少年に前歴があったり、余罪が多数あったりした場合には、少年院に送致されてしまうことも十分考えられるのです。

では、上記のようなことを避けるためにはどうしていったらよいのでしょうか。

まずは、早い段階で弁護士に相談・依頼をすることが重要となってきます。
弁護士が弁護人または付添人として、被害者の方に謝罪・被害弁償を行い示談を成立させれば、審判が開かれない審判不開始処分になることも考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、少年による盗撮事件などの刑事事件少年事件を専門に取り扱っている法律事務所です。
事件が発覚した際には、少しでも早く弁護士に相談・依頼をすることが重要です。
お子様盗撮事件で逮捕されてしまいお困りの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(福岡県警察門司警察署への初見接見費用:41,940円)

ページの上部へ戻る