福岡県久留米市の児童買春で逮捕 前科を回避するには弁護士

2018-01-01

福岡県久留米市の児童買春で逮捕 前科を回避するには弁護士

30代男性のAさんは、SNSを通じて知り合った女性Vさん(16歳)に、性交渉を持ちかけ、AさんはVさんに3万円を渡して性交渉をしました。
後日、VさんがAさんとは別の男性と交わしていたSNSの内容や連絡先などから、Aさんが割り出されてしまい、Aさんは児童買春の容疑で福岡県警察久留米警察署逮捕されてしまいました。
警察での取調べののち釈放されましたが、Aさんは前科がつくことを恐れて、刑事事件専門の法律事務所無料法律相談に行きました。
(フィクションです。)

~前科を回避するには~

前科」とは、過去に懲役刑・禁錮刑・罰金刑の刑罰を受けたことがあることを指し、執行猶予が付いていたとしても「前科」となってしまいます。

上記事例のAさんの逮捕容疑である、児童売春・児童ポルノ禁止法は違反をすると「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」に処せられてしまい、「前科」が付いてしまうおそれが十分に考えられます。
では、こういった場合に「前科」を回避するためには、どうしたらいいのでしょうか。

1つには、「無罪」を獲得するという方法が考えられます。
しかし、無罪判決の獲得は決して簡単ではありません。
日本の刑事裁判における有罪率が99%以上という中で、事件事実を認めているのであれば、無罪判決を獲得することは現実的ではないともいえます。

もう1つの手段として、「不起訴処分」を獲得するという方法が考えられます。
不起訴処分」とは、検察官が公訴を提起しないことにする処分のことをいい、刑罰を受けることはなく、もちろん「前科」が付くことはありません。
そして、不起訴処分には、①嫌疑なし、②嫌疑不十分、③起訴猶予の3種類があります。
嫌疑の有無や起訴の必要性の有無によって、①~③のいずれかの不起訴処分になるかは異なってきますが、いずれの不起訴処分になっても「前科」が付かないことには変わりはありません。
弁護士としては、「前科」を回避するために、早い段階で被害者の方との示談の締結や被害者の方に対する謝罪などを行い、起訴・不起訴を決定している検察官に示談内容などを主張していき、不起訴処分獲得を目指していきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、児童売春事件などの刑事事件を専門に取り扱う法律事務所です。
今までにも、児童売春事件での「前科」を回避してきた実績が多数あります。
ご家族が児童売春事件の容疑で逮捕されお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件法律事務所までご相談ください。
(福岡県警察久留米警察署への初見接見費用:41,700円)

ページの上部へ戻る