福岡県博多臨港の窃盗未遂事件 逮捕されたら刑事事件に強い弁護士

2018-01-21

福岡県博多臨港の窃盗未遂事件 逮捕されたら刑事事件に強い弁護士

Aさんは、深夜窃盗目的で鮮魚店に侵入し、現金を奪おうと思いレジに近づきました。
その瞬間警備員に取り押さえられ、駆け付けた福岡県警察博多臨港警察署の警察官に建造物侵入罪び窃盗未遂罪の容疑で逮捕されました。
逮捕されたAさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

《 窃盗未遂罪 》

今回は建造物侵入罪については割愛し、窃盗未遂罪についてのみ書きます。
窃盗をしようとしたが、財物を奪うには至らなかったという場合には、刑法第243条、235条の窃盗未遂罪が成立します。
上の事案のAさんは、確かに窃盗をしようとしていますが、レジに近づいたにとどまります。
このような場合にも「窃盗をしようとした」といえるでしょうか。

窃盗をしようとしたといえるためには、一般的に物色行為が必要だと考えられています。
もっとも、判例は、物色行為がなくとも被告人の意図する窃盗に極めて密接な行為であれば、窃盗をしようとしたといえると判断しています。
上の事案のAさんは、現金を物色したわけではありませんが、現金が入っているレジに近づく行為は、現金窃盗と極めて密接な行為といえるでしょう。
したがって、Aさんは窃盗に極めて密接な行為をしたが、現金を奪うには至らなかったとして、窃盗未遂罪が成立する可能性が高いです。

窃盗未遂罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金ですので、窃盗未遂罪で起訴された場合にはこのような刑罰が科される場合があります。
とはいえ、未遂に終わっており被害者には事実上損害がないので、被害者との示談が成立すれば不起訴となる場合が多いでしょう。
加害者自ら被害者との示談交渉をしてしまうと罪証隠滅行為として不利になる場合がありますので、示談交渉は刑事事件に強い弁護士にお任せすることをお勧めします。
窃盗未遂事件不起訴処分をお考えの方は、示談交渉に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にまでお気軽に無料法律相談ください。
(初回法律相談:無料)
(福岡県警察博多臨港警察署までの初回接見費用:36,100円)

ページの上部へ戻る