福岡県太宰府市の住居侵入事件で任意出頭 逮捕の不安は弁護士に相談

2018-01-16

福岡県太宰府市の住居侵入事件で任意出頭 逮捕の不安は弁護士に相談

Aは、福岡県太宰府市にあるV宅へ無施錠の玄関から入ったという住居侵入罪の容疑で福岡県警察筑紫野警察署逮捕されましたが、その後釈放されました。
ところが、その数日後、Aは、警察から用件は告げられず、とりあえず警察署まで来て欲しいとの連絡を受けました。
再び逮捕されるのではないかと不安になったAは、弁護士無料法律相談することにしました。
(フィクションです)

~任意出頭と再逮捕~

刑事事件に関連して、警察から任意出頭を求められることがあります。
もちろん、任意出頭は文字通り任意で行われるものですので、任意出頭の要請を拒否することもできますが、理由なく拒否したり、何らの連絡もせずに拒否し続ければ逃亡又は罪証隠滅の恐れがあると判断され、逮捕の必要ありとして逮捕されるおそれもあります。

では、Aが警察に任意出頭後、事情を聴取されていた警察官から、はじめて用件を聴かされ、「以前逮捕した事実(V宅への住居侵入容疑)でまた逮捕するよ」と言われたとします。
果たして、そんなことが許されるのでしょうか?
この点、同一の事実について、同一の疑いのかかっている人を、時を異にして再び逮捕することは原則として許されず、新たな証拠が出てきた場合など再逮捕の合理的な理由が生じ、逮捕の不当な蒸し返しにならない場合にのみ例外的に許されるとされています(再逮捕禁止の原則)。

警察から任意出頭の要請を受ければ、誰しも取調べ逮捕のことで不安になるのは当然のことです。
その不安を解消する手助けとして、弁護士無料法律相談をご利用下さい。
弁護士法人あいち刑事事件法律事務所では、弁護士による警察署への出頭付添サービスや取調べのアドバイスを行っております。
警察への連絡や任意出頭の前には、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(福岡県警察筑紫野警察署への初回接見費用:36,800円)

ページの上部へ戻る