福岡県筑後市の下着泥棒(色情盗)で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士

2018-01-04

福岡県筑後市の下着泥棒(色情盗)で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士

30代男性のAさんは、ある日、勤めている会社付近の軒先に干されていた女性用下着を盗もうとしていました。
軒先の人影に気付いた被害女性のVさんによって、福岡県警察筑後警察署に通報が入り、Aさんは現行犯逮捕されてしまいました。
警察での取調べでAさんは、「仕事のストレスで、つい手を出してしまった」と話し、犯行を認め、深く反省をしているようです。
警察から連絡を受けたAさんのご家族はAさんの今後が不安になり、刑事事件専門の法律事務所無料法律相談に行くことにしました。
(フィクションです。)

~色情盗と刑事弁護~

下着泥棒は「色情盗」といい、女性の衣類・下着などを盗む窃盗の種類の1つです。
色情盗の犯人は、約7割が警察に逮捕されており、逮捕勾留されてしまうような場合になると、長期の身柄拘束も十分考えられます。
色情盗は、窃盗罪にあたり、法定刑では「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」と定められているため、決して軽い刑罰ではありません。
もし、色情盗で起訴されてしまうと、過去の量刑からは、同罪の前科の有無や悪質さ等で差がでるものの、3年程の執行猶予、あるいは懲役1年6ヵ月程の実刑判決となってしまうことが多いようです。

では、色情盗に対する刑事弁護とはどのようなものなのでしょうか。

色情盗の場合の刑事弁護として、初犯であれば不起訴処分を目指すことも可能ですので、起訴猶予による不起訴処分を目指すことを考えていきます。
不起訴処分を目指すためには、検察官が起訴するか否かを決定するまでの間に、被害者へ被害弁償や示談を行うことが非常に重要になってきます。
検察官は処分の決定において、被害が回復していることや処罰感情がないことを重視していますので、締結した示談によって、被害回復がなされていること、被害者に処罰感情がないことを検察官に示します。
加害者と被害者の当事者間で示談を締結することは困難であるため、早い段階で弁護士に相談・依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、窃盗事件などの刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
ご家族が窃盗事件の容疑で逮捕されてお困りの方、示談して不起訴処分を獲得したいとお考えの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(福岡県警察筑後警察署への初見接見費用:41,700円)
                 

ページの上部へ戻る