福岡県久留米市の恐喝事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談!

2017-07-07

福岡県久留米市の恐喝事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談!

Aさんは、福岡県久留米市において、通行中の高校生2名に因縁をつけるなどして、その高校生2名から現金を取り上げたことにより、後日、福岡県久留米警察署恐喝罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に今後の手続きや見通しなどについて、相談して対応することにしました。
(※この事案はフィクションです。)

恐喝罪とは…】

恐喝罪は、刑法249条に「(1項)人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」、「(2項)前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする」と規定されています。
上記事案においてAさんの行為は、人を脅して金品を巻き上げる行為ですから、前に述べた刑法249条1項の恐喝罪に当たると考えられます。

また、恐喝罪には、窃盗罪などに規定されている「罰金刑」はありません。
そのため、恐喝罪で起訴されて有罪判決を受けると、執行猶予付きの判決を受けるか、実刑判決(刑務所に入ること)を受けるかになります。

このように恐喝罪の法定刑は大変重いものですから、恐喝事件で逮捕された場合には、刑事事件に強い弁護士にいち早く相談するなどして、被害者の方への謝罪や被害弁償又は示談などを進め、実刑判決を受けなくてすむようにすることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に強い弁護士が、依頼をされた方々のために、身柄解放活動、被害者への謝罪や示談交渉、裁判における弁護活動まで、迅速かつ丁寧に対応させていただきます。
恐喝罪逮捕されたり、逮捕されそうになった場合は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県久留米警察署までの初回接見費用:4万700円)

ページの上部へ戻る