【少年】福岡県朝倉市での少年事件 少年院回避に強い弁護士へ

2017-07-14

福岡県朝倉市での少年事件 少年院回避に強い弁護士へ

高校1年生のAさんは、福岡県朝倉市少年事件を起こし、朝倉警察署に逮捕されてしまいました。
Aさんとその両親は、少年事件を起こしてしまったということは、少年院に送致されてしまうのではないかと思い、不安になりました。
そこで、Aさんの両親は、福岡県で少年事件に強い弁護士に相談し、少年院送致を回避できるのかどうか聞いてみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

少年院は回避できる?

少年院という言葉のから、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。
少年事件を起こした少年の入る、刑務所のようなところ、と思われている方もいるかもしれません。

少年事件で下される処分(=保護処分)は、少年を更生させることが目的です。
少年院送致もその保護処分の1つですから、その目的は少年の更生です。
少年院送致をして、少年に少年院に入ってもらわなければその更生ができない、更生のためには少年院に行くことが望ましい、と判断された場合、少年院送致という処分が下されるのです。
このようなことから、大人であれば微罪処分・不起訴処分で、いわゆる「おとがめなし」となるような事件でも、少年事件の場合には少年院送致となる可能性も否定できないのです。

少年院を回避しようとするのであれば、少年院に行かずとも、少年の更生が可能であることを主張し、認めてもらう必要があります。
そのためには、今までの環境を改善したり、少年の中の非行に走る原因を見つけて対処したり、様々な活動を行う必要があります。
その活動に、専門家である弁護士が、第3者として加わることで、今まで気づけなかった問題点・改善点も見つかる可能性が高まります。
また、少年事件に詳しい弁護士であれば、少年の更生のための活動について、専門的な観点から助言を行うこともできます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士の所属する法律事務所です。
少年事件の見通しや、少年院送致についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
弁護士による初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申込みは、0120-631-881でいつでも受付可能です。
福岡県朝倉警察署までの初回接見費用:41900円)

ページの上部へ戻る