【福岡県糸島市の強制わいせつ事件】 示談で身柄解放へと導く弁護士

2017-07-13

福岡県糸島市の強制わいせつ事件 示談で身柄解放へと導く弁護士

福岡県糸島市に住むAさんは、深夜、通りがかりの女性に対して背後から抱き着き、スカートの中に手を入れ股間を撫でたとして、糸島警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、事件当時泥酔していたようで、あまり覚えてないようですが、女性に抱き着いたことを認めており、真摯に反省しています。
会社のこともあり、なんとか早く釈放されたいAさんは、刑事事件に強い弁護士を探しています。
(フィクションです)

強制わいせつ罪】
わいせつ行為とは、「体を触る」「キスをする」「衣類を脱がせる」などの行為をいいます。
強制わいせつは、暴行や脅迫などを用いて、抵抗できない状態でわいせつ行為をすることです。
しかし、13歳未満の子供に対してわいせつな行為をした場合は、暴行や脅迫を利用していなくても強制わいせつ罪に該当します。
強制わいせつ罪で起訴された場合、6か月以上10年未満の懲役刑が科される可能性があります。
罰金刑が用意されておらず、重い罪と言えるでしょう。

強制わいせつ罪は、旧刑法では,親告罪でしたから、被害者からの告訴がなければ犯罪として成立しませんでした。
しかし,本日,平成29年7月13日から施行される刑法では,強制わいせつ罪は「非親告罪」とされており,告訴が無かったとしても処罰が可能となってしまいます。

ですが、示談をしているか否かという点が処罰に非常に影響を及ぼすことには変わりありません。
性犯罪の被害者は、犯罪行為に対して非常に憤慨している場合が多いので、被疑者本人はもちろんのこと、そのご家族が直接交渉することは、かえって被害者の感情を逆なでる可能性が高いでしょう。
また、被害者の連絡先が分からない場合には、警察や検察から教えてもらうしか方法はありません。
その点、刑事手続きや示談交渉にも豊富な経験・知識を持つ弁護士であれば、代理人として被疑者本人の反省状況や謝罪の気持ち、示談の内容を被害者側のメリットにも十分配慮して説明することが出来るので、被害者の処罰感情を煽ることなく、示談を締結する可能性が高まります。

あいち刑事事件総合法律事務所には、刑事事件を専門とする弁護士が多数所属しています。
これまで数多くの示談交渉を行なってきており、その経験やノウハウに基づき、事件ごとに適した示談交渉を行います。

福岡県糸島市強制わいせつ事件でご家族が逮捕されてお困りの方、早期の示談締結をご希望であれば、一度あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、糸島警察署までの初回接見費用:37,800円)

 

ページの上部へ戻る