福岡市中央区で逮捕なら…強制性交等罪(旧強姦罪)に強い弁護士へ

2017-07-29

福岡市中央区で逮捕なら…強制性交等罪(旧強姦罪)に強い弁護士へ

Aさんは、福岡市中央区の飲食店で知り合った女性Vさんと意気投合し、その後、2人でホテルへ行きましたが、Vさんは性行為に及ぶ気になれず、Aさんを拒否し続けましたが、AさんはVさんの言葉を聞き入れずに性行為に及びました。
後日、AさんのところにVさんの代理人である弁護士がやって来て、「先日の夜の出来事でVさんは傷ついている。謝罪や賠償がなければ、福岡県中央警察署に訴える」などと告げられました。
Aさんは、このままでは強制性交等罪(旧強姦罪)で逮捕されるかもしれないと不安になり、Aさんは、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

強姦罪から強制性交等罪へ】

今年7月13日に施行された改正刑法で、強姦罪は、新しく「強制性交等罪」となりました。
強姦罪から強制性交等罪になったことで、何が変化したのでしょうか。

・法定刑の厳罰化
強姦罪では3年以上の有期懲役だった法定刑が、強制性交等罪では、5年以上の有期懲役に引き上げられました。
・被害者
強姦罪では被害者は女性のみが対象でしたが、強制性交等罪では、被害者の対象が「男性」及び「女性」になりました。
・肛門や口腔への性行為
改正前、これらは強制わいせつ罪で処罰されていましたが、強制性交等罪で処罰されることになりました。
・検察官が起訴するに際し、被害者の告訴の必要性
強姦罪では告訴が必要(親告罪)とされていましたが、強制性交等罪は非親告罪となりました。

上記のように、強制性交等罪は非親告罪となりましたから、被害者が告訴を取り下げたとしても、起訴される可能性が残ることとなりました。
ですが、強姦罪であろうと強制性交等罪であろうと、被害者の方にきちんと謝罪と賠償を行うことは、今後の処分に大きく影響を与えます。
そうはいっても、被害者の方は、大きな恐怖感と処罰感情を抱いている方が多く、すんなりと謝罪や賠償を受け入れてもらえることは稀です。
そのため、被害者の方に対する謝罪や賠償を行うためには、弁護士など第三者を入れることが重要だと言えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですから、強制性交等事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:3万5,000円)

ページの上部へ戻る