飲酒運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件の弁護士へ

2017-07-11

飲酒運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件の弁護士へ

福岡市南区に居住するAさんは、両親と同居する自宅でお酒を飲みながらくつろいでいました。
しばらくの間飲み続けているとお酒がなくなってしまい、Aさんはもう少しだけお酒を飲みたいと思い、自宅近くにあるコンビニに車を運転してお酒を買いに行ってしまいました。
そして、コンビニでお酒を買って、車を運転して自宅へ帰っている途中、警ら中の福岡県南警察署の警察官から停車を求められ、その際、飲酒運転が発覚し、現行犯逮捕され、福岡県南警察署に連れて行かれてしまいました。
警察から逮捕の連絡を受けたAさんの両親は、ショックを受け、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

飲酒運転逮捕

上記事例のように、たとえ飲酒運転であったとしても、逮捕されてしまう可能性はあります。
軽い気持ちで行った飲酒運転から、逮捕という身体拘束がなされてしまえば、ご本人もご家族も、大変動揺することでしょう。

飲酒運転逮捕された場合、
飲酒運転について、初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)
・血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度はどの程度か
といった様々な事情により、逮捕後も身柄が拘束されるかどうかや、その後の処分が変わってくることになります。
となると、当然、弁護士による活動の方向性も変わってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、これまで数々の飲酒運転による道路交通法違反事件を扱ってきております。
逮捕された後、早期の段階で弁護士までご相談いただければ、刑事事件に強い弁護士が、迅速に逮捕からの解放に向けて取り組み、被疑者の方が円滑に社会に復帰するお手伝いをさせていただきます。
福岡市での飲酒運転による道路交通法違反事件でお悩みの方は、弊所の弁護士へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
福岡県南警察署への初回接見費用:3万5,900円)

ページの上部へ戻る