福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

2017-06-24

福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

福岡県柳川市内に住むA君(16歳)は,近所のショッピングモール内で,女子トイレに侵入し,盗撮行為を行っていました。
被害者Vが,盗撮に気づき,警備員を呼んだ後,A君は,駆け付けた福岡県柳川警察署に任意同行され,そのまま逮捕されてしまいました。
A君は,警察に「おそらく,家庭裁判所へ直送になり,観護措置が取られるのではないか?」と言われています。
A君の両親は,今後の少年事件の流れを,少年事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【女子トイレ内での盗撮
上記A君のように,公共の場所で盗撮行為をした場合,各都道府県の定める迷惑防止条例違反となります。
また,それだけではなく,女子トイレに正当な理由なく侵入しているわけですから,刑法上の建造物侵入にもあたることになります。
ただ,A君は少年ですから,(逆送されない限り)通常の成人事件と異なり,各条文が定めている刑罰が科されるというわけではなく,審判で処分が下されることになります。

観護措置
A君が逮捕された後,通常の刑事事件と同様,48時間以内に検察庁に送られて,24時間以内に,勾留をするか,勾留に代わる観護措置をとるか,釈放するかのいずれの請求をするかが決められます。
その際,そのまま事件を家庭裁判所へ送る(直送)判断がなされることも少なくありません。
その場合,家庭裁判所の裁判官が,そのまま身体拘束を続ける必要があるか否かの判断をします。
これが,観護措置をするか否かの判断です。
身体拘束が続くという点では,成人事件での勾留と変わりありませんが,観護措置の判断の際には,勾留の時には考慮しない点が考慮されることになります。
それは,心神鑑別の必要性の有無です。

少年の更生を最終的な目標としている少年法上,少年を自宅に返した場合に,更生のための環境が整っていないなどの場合には,観護措置決定が出されてしまう可能性が高いと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件・少年事件専門であり,数多くの観護措置決定回避を獲得してきました。
ご依頼者家族と一丸となって少年の更生できる環境を整えてきたための結果です。

福岡県柳川市少年事件逮捕され,お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
柳川警察署 初回接見費用:4万2300円)

ページの上部へ戻る