【福岡市西区における暴行事件で現行犯逮捕】~弁護士により早期の身柄解放

2017-09-05

【福岡市西区における暴行事件で現行犯逮捕】~弁護士により早期の身柄解放

福岡市西区に住むAさんは,同僚らと飲酒して帰宅途中,通りすがりの男性Vさんと肩がぶつかったことで口論となり,Vさんの顔面を1回殴りました。
幸いにも,Vさんに怪我はありませんでした。
しかし,Vさんが警察に通報し,被害申告を行ったことにより,Aさんは,暴行の容疑で現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんが逮捕されたことを知った家族は,早期の身柄解放を求めるべく,刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

【暴行罪とは】
暴行罪とは,人に暴力を振るい,その結果,怪我まではしなかった場合に成立する犯罪であり,刑法第208条に規定され,その法定刑は,2年以下の懲役又は30万円以下の罰金,拘留,科料となっています。
暴行罪における「暴行」とは,「有形力の行使」とされ,殴ったり,蹴ったりすることはもちろんのこと,物を投げつけたり,髪の毛を引っ張ったりしても,ここでいう「暴行」に当たります。

【弁護士による身柄解放活動】
上記事案のように,一度逮捕されて身柄を拘束されてしまうと,周囲の人々に逮捕されたことが発覚するのはもちろんのこと,場合によっては,会社を辞めざるを得ない状況に追い込まれ,不利益を被ることになってしまいます。
たとえ,事件の処分が不起訴処分になったとしても,身柄拘束による不利益は全く変わりません。
そのため,周囲の人々に逮捕されたことが発覚してしまう前,つまり,早期に身柄解放活動を行うことが,とても重要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の法律事務所です。
所属する弁護士は,これまでいくつもの刑事事件を扱ってきており,迅速な身柄解放活動も行うことができます。
ご家族やお知り合いが暴行罪で逮捕されてお困りの方は,なるべく早い時期に,弊所の弁護士に相談してください。

(法律相談:初回無料)
(福岡県西警察署への初回接見費用:3万7,100円)

ページの上部へ戻る