福岡市中央区の過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪で自首なら弁護士へ

2018-04-04

福岡市中央区の過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪で自首なら弁護士へ

Aは、アルコールを大量に飲酒して自動車を運転中(下記①)、対面信号表示が赤色だったことに気づかず(下記②)交差点に進入したため、右方から同交差点に進入してきたVさん運転の車に自分の車を衝突させて、Vさんに加療約3か月間の怪我を負わせました(下記③)。
Aは、アルコールを飲酒していたことがばれるのが怖くなって、警察へ通報せずにその場から立ち去りました(下記④イ)。
Aは警察に自首するべきかどうか弁護士に相談しました。
(フィクションです)

~過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪とは?~

本件では、過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪が成立する可能性があります。
過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪は「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の第4条に規定され、次の要件に該当した場合に、犯人を「12年以下の懲役」に処すると定めています。

①アルコールや薬物(以下、「アルコール等」という)の影響により、自動車を運転するのに必要な注意力・判断能力・操作能力が相当程度低下した状態で自動車を運転したこと
②運転上の必要な注意を怠ったこと(赤信号を見過ごしたなど)
③人に怪我を負わせたり、人を死亡させたこと
④運転時のアルコール等の影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的で、次の行為を行ったこと
 ア さらにアルコール等を摂取する
 イ 事故現場を離れる
 ウ その他、アルコール等の影響の有無又は程度が発覚することを免れるべき行為

~自首とは?~

自首とは、捜査機関に犯罪事実又は犯人が発覚する前に、犯人が自ら進んで自己の犯罪事実を捜査機関に申告してその処分を委ねる意思表示を言います。
自首の手段としては法律上特段の制限はありません。
自ら捜査機関に出頭するのが通常の形態だと思われますが、書面による自首も有効です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪等の刑事事件を専門に取り扱う弁護士が所属しております。
過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪を犯して自首等をお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(福岡県警察中央警察署への初回接見費用:35,000円)

ページの上部へ戻る