Archive for the ‘スピード違反’ Category

福岡市西区のスピード違反事件で逮捕 実刑回避のためには弁護士

2017-12-09

福岡市西区のスピード違反事件で逮捕 実刑回避のためには弁護士

福岡市西区市在住の30代男性のAさんは、高速道路を時速40キロメートル以上の制限速度超過をして、時速120キロメートルで走行していたとして、高速道路をパトロール中の福岡県警察西警察署の覆面パトカーによって逮捕されてしまいました。
警察から赤キップを渡されたAさんは、今後起訴され、実刑判決になってしまうことを不安に思い、刑事事件に詳しい法律事務所に相談することにしました。
(フィクションです。)

~スピード違反と刑事弁護~

スピード違反とは、交通法規で定められた法定速度に違反することで成立する道路交通法違反の犯罪行為のことを言います。
現在、日本のスピード違反検挙では、オービス(無人式自動速度取締機)、ネズミ捕り(有人式速度測定器)、覆面パトカーや白バイなどの高速機動隊追尾(有人追尾式速度測定器)の3種類が取り締まり方法として主になっています。
スピード違反のうち、一般道路では時速30キロメートル以上、高速道路では時速40キロメートル以上の制限速度超過は、告知表(いわゆる赤キップ)による罰金または懲役刑という刑事罰が科せられ、前科となります。
初犯であれば罰金処分になることが多いですが、時速80キロメートルを超えるような大幅な制限速度超過については正式裁判による懲役刑の可能性が出てきますので、上記事例のAさんは罰金処分よりも執行猶予を含む懲役刑になり得る可能性が高いです。

もし、スピード違反で正式裁判になってしまった場合は、裁判所に対して、スピード違反の再発防止のための具体的な取り組みや環境作りが出来ていることを客観的な証拠に基づいて主張・立証することで、実刑判決を回避し、執行猶予付き判決を目指した弁護活動を行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
スピード違反などの交通違反事件で逮捕されてお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(福岡県警察西警察署 初回接見費用37,100円)