Archive for the ‘財産事件’ Category

福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

2017-06-19

福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

福岡県北九州市に住むAは、インターネットの掲示板に掲載されていた携帯電話機の売買に興味を持ち、他人名義で携帯電話を購入しようとしたところ、通報を受けて駆け付けた福岡県小倉北警察署の警察官に詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
(フィクションです。)

携帯電話機の売買に関する法律】

オレオレ詐欺、還付金詐欺等を行う組織犯罪では、そのツールとして携帯電話機、預貯金口座などが使われます。
そのため、携帯電話機等の売買事件は現在も後を絶ちません。
携帯電話機の売買に関する事件では、その犯行形態により該当する法律が変わります。
不正に利用する目的で自分の携帯電話機を契約した場合、詐欺罪に問われます。
また、他人名義で契約した場合も詐欺罪となます。
その他、自分の名義で契約した携帯電話機を、携帯電話会社に無断で譲り渡した場合は、携帯電話不正利用防止法違反に問われます。

携帯電話の売買逮捕されたら】

携帯電話の売買に関する事件では、携帯電話の購入時に身分証の提示や、契約書への署名行為を求められるため、詐欺罪の他、公文書偽造、有印私文書偽造等に問われる場合もあるので注意が必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、詐欺罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、携帯電話の売買に関する事件で逮捕された場合も、早期身柄の釈放等について、迅速、適切なん弁護活動を行い、少しでも軽い処分を目指します。
ご家族が、詐欺罪等の携帯電話の売買に関する事件で逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、無料相談をお申込み下さい。
福岡県小倉北警察署 初回接見費用 3万7800円)

福岡の刑事事件専門弁護士へ!北九州市の万引き事件の再犯で逮捕なら

2017-06-17

福岡の刑事事件専門弁護士へ!北九州市の万引き事件の再犯で逮捕なら

福岡県北九州市に住んでいるAさんは、市内のスーパーマーケットで食料品など約1,000円分を万引きし、福岡県小倉北警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
実はAさんは、過去にも万引きして逮捕されており、今回はいわゆる再犯でした。
その後、Aさんは窃盗罪で起訴され、正式裁判を受けることになりました。
万引きで正式裁判になると知って驚いたAさんとその家族は、福岡県内で刑事事件を専門に扱っているという弁護士に相談し、弁護活動を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・万引き事件で正式裁判?

いわゆる万引きは、刑法235条に規定のある、窃盗罪にあたります。
窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
このように、窃盗罪の法定刑には懲役刑も定められているので、上記の事例のように万引き事件であっても正式裁判になる可能性はあるのです。

特に、今回の事例のAさんは、過去にも万引きを行って逮捕されたという経歴があり、いわゆる再犯での逮捕となっています。
再犯を行って逮捕された場合、処分は前回の場合よりも厳しくなる可能性が高いです。
万引きも同じで、何回も繰り返して行っていれば、Aさんのように正式裁判になり、その結果刑務所に行くことも考えられます。

このようにならないためには、万引き逮捕されたら早期に刑事事件に強い弁護士に相談し、再犯を犯さないための対策をきちんと取ることが重要です。
万引きを行ってしまった原因は何なのか、どうすれば万引きの原因をなくせるのか、弁護士と一緒に考えてみましょう。
また、もし正式裁判になったのであれば、刑事事件に強い弁護士と一緒に、今後の再犯防止策や、反省の気持ちを主張し、執行猶予付き判決や減刑を求めることが可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士があなたの相談をお待ちしています。
万引き事件でご家族が逮捕されてしまってお困りの方、再犯防止についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士までご相談下さい。
福岡県小倉北警察署までの初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください)

福岡県中央市の詐欺事件 電子計算機使用詐欺罪で逮捕されたら弁護士に相談

2017-06-15

福岡県中央市の詐欺事件 電子計算機使用詐欺罪で逮捕されたら弁護士に相談

福岡県中央市に住むAは、銀行に勤務し、預金為替業務を担当していました。
借金を抱えていたAは、銀行のオンラインシステムの預金端末機を操作し、預金残高、受け入れ等の事務処理に使用される電子計算機に、自己名義の口座に入金があった旨虚偽の情報を与えて預金残高を増額させ、借金の返済に充てていました。
その後、福岡県中央署の警察官に電子計算機使用詐欺罪の疑いで逮捕されました。
(フィクションです。)

電子計算機使用詐欺とは】

電子計算機使用詐欺罪はあまり聞きなれない罪名ですが、近年はオレオレ詐欺事件の手口の1つ、還付金詐欺事件の犯人が「電子計算機使用詐欺罪」で逮捕されています。

電子計算機使用詐欺罪は前段と後段に分かれ、前段では「人の事務処理に使用する電子計算機」に対し、「虚偽の情報、若しくは不正な指令」を与え、「財産権の得喪、変更に係る不実の電磁的記録を作出する行為」を規制しています。
電子計算機使用詐欺罪の後段では、「財産権の得喪、変更に係る虚偽の電磁的記録」を「人の事務処理の用に供する行為」を規制しています。
電子計算機使用詐欺罪は、この前段と後段の行為によって「財産上不法な利益を得」、又は「他人にこれを得させた者」に対し、10年以下の懲役刑を定めています。

電子計算機使用詐欺逮捕されたら】

電子計算機使用詐欺罪」で「逮捕」された場合は、早い段階で詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。
なぜなら、捜査機関は詐欺事件関連の被害申告を受けた場合、被害の状況によっては、電子計算機使用詐欺罪、窃盗罪、横領罪、背任罪等に該当する可能性もあるため、関係資料や事情聴取を詳細に行い、該当する罪名を判断する必要があります。
そのため、「電子計算機使用詐欺罪」で「逮捕」された場合は、既に捜査機関側はある程度証拠資料を揃えている可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、詐欺事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べに対するアドバイスや、事件の証拠資料を精査し、適切な弁護活動を行います。
ご家族が電子計算機使用詐欺罪等の詐欺事件、刑事事件逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
福岡県中央警察署 初回接見費用:3万5000円)

福岡県糟屋郡粕谷町の刑事事件で逮捕 業務上横領罪なら弁護士に相談

2017-06-14

福岡県糟屋郡粕谷町の刑事事件で逮捕 業務上横領罪なら弁護士に相談

Aは、福岡県糟屋郡粕谷町に所在する電化製品等を販売する会社に勤務し、商品の納入や販売等の業務を担当していました。しかしAは借金を抱えていたため、10数回にわたり同社で販売予定の商品を預かり保管中、勝手に売り飛ばしていました。
その後会社に商品を横領した事実が発覚し、福岡県糟屋郡粕谷町を管轄する粕屋警察署の警察官に業務上横領罪の被疑者として逮捕されました。
(フィクションです。)

業務上横領罪とは 】

業務上横領罪は、刑法第253条に定められ、法定刑は横領罪よりも加重されており、10年以下の懲役とされています。
業務上横領罪と横領罪との違いは、他人の財物を占有する根拠が「業務上」遂行されていることにあります。
業務上横領罪の「業務」とは、「社会生活上の地位に基づき反復又は継続して行われる事務」とされています。
また業務上横領罪の「業務」は、「私的、公的」は問わず、「報酬、利益を目的とする事務」とされ、また「生活の手段」である必要ないと解されています。
業務上横領罪の逮捕事例としては、経理担当者が「自己が管理している小口現金を横領した」、「マンションや自治会の会費を横領した」等があります。

業務上横領罪で逮捕されたら】

業務上横領罪では被害者側が警察に被害届を出す場合、警察は被害申告を受けて即座に被害届を受理することは難しい可能性があります。
なぜなら、業務上横領罪の場合、被害者側から、加害者の「業務上の地位」を確認するため、雇用契約書の提出や業務内容について詳細な事情聴取を行う必要があるからです。
その理由は、加害者側に「業務上の地位」がない場合、事件によっては、窃盗罪や横領罪が成立するケースがあるためです。

ですから警察が「業務上横領罪」で「逮捕」した場合、既に被害者側から事情聴取や、関係資料の提出が済み、証拠がまとまっている可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務上横領罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですから、被害者側への示談交渉等を適切に行い、加害者側の処分を少しでも軽くするための弁護活動に自信があります。
ご家族が業務上横領罪等の刑事事件逮捕され、お困りの方はまずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい
福岡県粕屋警察署 初回接見費用:3万7200円)

福岡市早良区の窃盗罪で弁護活動 少年事件に強い刑事事件専門の弁護士

2017-06-12

福岡市早良区の窃盗罪で弁護活動 少年事件に強い刑事事件専門の弁護士

福岡市早良区に住む少年A(19歳)は、アルバイト先のスーパーで、レジから売上金30万円を盗んでしまいました。レジの売り上金の管理は、スーパーの正社員が管理しており、後日少年Aの犯行が発覚し、福岡県早良警察署の警察官に、窃盗罪の疑いで逮捕されました。
少年Aは以前も窃盗罪で検挙されているため、今後の処分に不安を覚えた少年Aの家族は、窃盗罪等の少年事件に強い専門の弁護士に弁護活動を依頼しました。
(フィクションです)

窃盗罪とは】

窃盗罪は刑法第235条において「他人の財物を窃取した者」について、罰則を「10年以下の懲役」と定めています。
窃盗罪が成立するには、「他人の占有する財物」を、「占有者の意思に反して、自己又は第3者の占有に移す」ことの認識が必要とされています。
また窃盗罪が成立するには、「不法領得の意思」が必要とされています。

少年事件の弁護活動】

少年事件では、少年の更生を目的とした上で処分が決定されます。
そのため少年事件では、早期に身柄を釈放し、また少年院送致等の処分を防ぐためには、少年事件に強い専門の弁護士による弁護活動が重要になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士少年事件についても経験が豊富です。
弊所の弁護活動の具体例としては、家庭裁判所に対し、保護者のサポートや今後の更生プランを提示し、再犯の見込みがないことを示す弁護活動等があります。
これらの少年事件の弁護活動は、単に処分を軽くするためだけではなく、少年が今後再犯せず更生するためにも大切な活動と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の少年事件に強い専門の弁護士は、少年の更生案を一緒に考え、不安を抱えるご家族や少年に寄り添った弁護活動を目指します。

窃盗罪等の少年事件で少年が逮捕、捜査されて不安な方、また今後の更生に向けてお悩みな方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をお申込み下さい。
福岡県早良警察署 初回接見費用:3万5500円)

福岡県飯塚市の刑事事件(窃盗事件)で逮捕 弁護士により勾留請求を回避

2017-06-11

福岡県飯塚市の刑事事件(窃盗事件)で逮捕 弁護士により勾留請求を回避

福岡県飯塚市に住むAさん(45歳)は、スーパーで万引きをした(窃盗罪)の容疑で、飯塚警察署に逮捕されました。
Aの夫は、刑事事件専門の弁護士事務所へ相談にいき、「子供のためにも、なんとか身柄を早く出してほしい」と伝えました。
弁護士は、「勾留請求をされないようにまずは動きましょう」と言っています。
(フィクションです)

勾留請求
窃盗罪などの犯罪を犯して逮捕されたような場合、警察は48時間以内に検察官へ事件を送ります(これを送致といいます)。
その後、24時間以内に検察官は「勾留請求をするか否か」の判断をします。

逮捕されれば、何もせずとも事件が終わるまで、身体拘束が続くわけではありません。
身体拘束を続ける必要があると検察官が主張し(これを勾留請求といいます)、裁判官がそれを認めて(これを勾留決定といいます)初めて、身体拘束が続くのです。

検察官が勾留請求する割合は、平成26年でいえば92.9%にも及びます(犯罪白書参照)。
そして、その年の勾留請求を裁判官が却下した率(身体拘束が72時間で終わった割合)は、2.24%です(同犯罪白書参照)。
ですから、逮捕された場合、ほぼほぼ検察官は勾留請求をしますし、それがほぼ認められてしまうのです。

もっとも、だからといって、逮捕されたら、必ず勾留がついてしまうというわけではありません。
弁護士が間に入って適切な活動をすることで、勾留請求を検察官がしなかったり、勾留請求をしたとしても、裁判所が勾留請求を却下する可能性を上げることができます。
実際、弊所では、刑事事件専門の弁護士が早急に動くことで、検察官が勾留請求をとどまったり、勾留請求却下を獲得した例も少なくありません。

福岡県飯塚市窃盗事件で勾留請求に迅速に対応してくれる弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
飯塚警察署 初回接見費用:4万200円)

福岡市博多区の取り込み詐欺事件 詐欺事件に強い刑事事件専門の弁護士

2017-06-10

福岡市博多区の取り込み詐欺事件 詐欺事件に強い刑事事件専門の弁護士

福岡市博多区に住むAは、都内でオフィス家具の販売業を営んでいましたが,倒産する寸前でした。
Aは多額の債務を抱えていたため困ってしまい,取り込み詐欺をしようと考えました。
そして新たに取り付けた新規顧客数10社から,商品を大量に購入した後,商品代金を支払わず夜逃げしてしまいました。
数か月後、Aは福岡県博多警察署の警察官により,取り込み詐欺事件の被疑者として逮捕されました。
(フィクションです。)

取り込み詐欺事件】

取り込み詐欺とは、「代金の支払い意思,能力もないのにも関わらず、それがあるかのように装って大量の商品を仕入れ、商品を騙し取る手口」で,詐欺罪の手口の1つです。

取り込み詐欺は,捜査機関側も被害申告を受けた際に,即座に「詐欺罪」と判断するには時間を要することが考えられます。
なぜなら,取り込み詐欺は加害者側が
・取引当初は商品を騙し取るつもりはなかった
・多額の負債はあったが、業績回復の見込みもあった。
等の事実を主張することが考えられるからです。
そのため,捜査機関が取り込み詐欺事件で通常逮捕した場合は,裁判所から既に逮捕状が発布されているので,会社の資産関係等ある程度捜査が進んでいると考えられます。

弁護士に無料相談、弁護を依頼】

上記の理由から,取り込み詐欺事件で逮捕された場合は,既にある程度捜査が進んでいることが考えられますので,刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することが重要です。
弊所は,詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
ご家族が取り込み詐欺事件で逮捕され,お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。

(博多警察署 初回接見費用3万4300円)

福岡市東区のオークション詐欺事件 詐欺罪の疑いで口座凍結されたら弁護士に相談

2017-06-06

福岡市東区のオークション詐欺事件 詐欺罪の疑いで口座凍結されたら弁護士に相談

福岡市東区に住むAさんは、実際は商品がないにも関わらず、商品代金を振り込ませてオークション詐欺を繰り返していたところ、口座凍結されてしまいました。Aさんは慌てて銀行へ行ったところ、福岡県東警察署の警察官が駆け付け、Aさんはオークション詐欺の疑いで任意出頭を求められました。
(フィクションです)

オークション詐欺口座凍結

詐欺罪は、刑法第246条に定められ、法定刑は、10年以下の懲役刑となり、起訴された場合、罰金刑はないので、重い刑罰が定められていると言えます。

オークション詐欺は、詐欺罪の手口の1つで、初めから取引の相手方を騙す意思をもって相手を欺き信用させ、商品代金を詐取する手口です。

オークション詐欺では、加害者側は、相手方を信用させるため、住所、氏名等を事前に公開しますが、偽の住所等を伝える傾向にあります。
そのためオークション詐欺の被害者は、加害者側へ連絡も取れず、困り果てて警察等に相談します。
警察側では、詐欺事件の疑いがあると判断した場合、口座凍結の手続きをします。
口座凍結されますと、口座に現金が残っていれば、加害者側は引き出すことはできません。
また福岡市東区に住むAさんのように、口座凍結された後銀行へ行くと、警察官から事情を聴かれる可能性もあります。
いずれにしても、詐欺罪は刑罰も重く、また口座凍結されると、その後の生活に大きな支障を及ぼすので、安易な気持ちでオークション詐欺に手を出すことは止めましょう。

オークション詐欺なら弁護士に相談】

オークション詐欺に一度でも手を出してしまうと、口座凍結される恐れがあります。
口座凍結されると、全国の銀行や捜査機関で情報がある程度共有されるようですので、今後別の銀行での口座開設も難しくなります。
そのため、オークション詐欺で任意出頭を要請された場合は既に口座凍結されている可能性がありますので、詐欺罪等に詳しい刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、オークション詐欺等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、その後の弁護活動を適切に行います。
オークション詐欺等の刑事事件で警察から任意出頭を要請されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
福岡県東警察署 初回接見費用:3万6000円)

北九州市小倉南区の少年事件で逮捕 窃盗罪(ひったくり事件)なら弁護士に相談

2017-06-05

北九州市小倉南区の少年事件で逮捕 窃盗罪(ひったくり事件)なら弁護士に相談

福岡県北九州市小倉南区に住むAさんは、不良グループの先輩から誘われて、原付バイクで2人乗りをし、「ひったくり」行為を繰り返していたところ、福岡県小倉南警察署の警察官に窃盗罪(ひったくり)で逮捕されました。
Aさんの両親は突然のことに驚き、少年による窃盗罪ひったくり事件)の対応方法について、少年事件、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

少年事件による窃盗罪の特徴】

窃盗罪は刑法第235条で、10年以下の懲役又は50万以下の罰金になると定められています。
窃盗罪は、「他人の財物を不法領得の意思をもって窃取すること」により成立します。
少年事件逮捕事例としては、窃盗罪が多い傾向にあり、その手口としては、小倉南区に住むAさんのように「ひったくり」の他、「万引き」「車上荒らし」等があります。
少年による「ひったくり」行為の方法としては、原付バイク等の二輪車を使用して犯行に及ぶケースが多いようです。

【少年がひったくり事件で逮捕されたら】

少年が窃盗罪ひったくり)で逮捕され、無罪を主張する場合は、犯行当日のアリバイやその他客観的証拠を提出することが大事です。
少年が窃盗罪ひったくり)の罪を認める場合は、早期身柄解放やその後の処分を軽くするために、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、ひったくり等の窃盗罪逮捕された事件についても適切な弁護活動を行います。
少年事件で注意しなければならない事例として、Aさんのような不良グループ内の犯行による場合、逮捕された仲間を庇う気持ちから、少年が自分に不利な供述をしてしまう可能性があることです。
弊所の弁護士は、少年事件専門の弁護士ですから、接見を通じ、不安な状況にある少年の心情に寄り添い、取り調べについても適切なアドバイスを行います。
少年がひったくり事件等の窃盗罪逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
福岡県小倉南警察署 初回接見費用:3万3800円)

福岡県朝倉市の刑事事件(窃盗事件)における逮捕に強い弁護士! 依頼者からの要請ですぐに差入れ

2017-05-29

福岡県朝倉市の刑事事件(窃盗事件)における逮捕に強い弁護士! 依頼者からの要請ですぐに差入れ

福岡県朝倉市に住むAさんは、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻Bは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
その際、「差入れとしてどのようなものができるのか」と質問しました。
(フィクションです)

窃盗罪
他人の財物を窃取した場合、窃盗罪が成立することになります。
法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
窃盗罪で逮捕されるパターンとしては、店や路上の防犯カメラから、被疑者が特定され、捜査を行い、逮捕状を請求して逮捕されるパターン、周りの人に窃盗現場を目撃され、現行犯逮捕されるパターンなどが挙げられます。

窃盗事件のおける差入れ
窃盗事件等の刑事事件を起こし、逮捕されてしまった場合、留置所で毎日を過ごさなければなりません。
その際、家族や弁護士等を通じて「差入れ」を求めることができます。

差入れ」とは、逮捕されて勾留されている被疑者や被告人に対して物や書面を渡すことを言います。

ただ、逮捕段階は、被疑者のご家族の方が差入れをすることはできません。
また、何でも無制限に留置場へ差入れをすることができるわけではありません。
例えば、衣服や本についている紐類やボールペンなどのとがったものは、自傷・他害の危険性があるため、差入れはできません。
差入れの個数が制限されている場合もあります。
もっとも、運用の点は若干、警察署によって異なる場合もありますので、事前に確認したほうが得策と言えます。

ただ、ご家族の方が差入れや面会をできる時間は限られていますので、依頼者が差入れを希望しても、なかなか都合が合わず差入れができないという事態も起こりえます。
弁護士であれば、面会時間などの制限はありませんから、いつでも差入れを行うことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間対応をしており、必要とあれば夜の接見も可能ですので、差入れのご依頼があってから迅速に差入れ対応することも可能です。

福岡県朝倉市窃盗事件で逮捕されて、差入れをしてほしいとお考えの方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
朝倉警察署 初回接見費用:4万1900円)

« Older Entries