Archive for the ‘薬物事件’ Category

川崎町における大麻取締法違反事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-08-14

川崎町における大麻取締法違反事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

川崎町に居住する大学生のAさんは,自宅アパートで大麻を吸引していたところ,突然,田川警察署の警察官が訪れ,捜索差押許可状を呈示され,自宅アパートの捜索が実施されました。
捜索の結果,Aさんが居住するアパート内から大麻のようなものが発見され,その場における簡易検査の結果,大麻であることが認められたことから,Aさんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
田川警察署から逮捕の知らせを受けたAさんの家族は,今後どのようにすればよいか分からなかったことから,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【大麻使用の身体影響などについて】

大麻取締法では,無免許・無許可で大麻を輸出したり,大麻所持するなどの行為を禁止しています。
なぜなら,大麻などの違法薬物を身体に摂取させると,学習障害が起きたり,知覚機能に障害を起こしたり,身体への影響があります。
大麻取締法違反などの薬物事件では,直接的な被害者はいませんが,大麻などの薬物を使用して自動車を運転し,その結果重大な事故を起こしたり,大麻などの薬物欲しさに他の犯罪行為を行ってしまうなど,様々な影響を及ぼします。
また,世間一般的に,大麻などの違法薬物には依存性があり,再犯率も高いと言われているのが実情です。
そのため,大麻などの違法薬物を一度使用してしまうと,自分の意思でやめることができず,結果,大麻などの違法薬物を繰り返し使用することになってしまいます。

【再犯防止について】

大麻取締法違反などの薬物事件で逮捕された場合,勾留され,その後,起訴される可能性が高いです。
そのため,刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼し,身柄の早期釈放や,起訴されたとしても,刑を軽くするための弁護活動が重要になります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,大麻取締法違反などの刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、大麻取締法違反の事実に争いがない場合,接見を通じて本人と話し合い,反省の機会を与え,再犯防止策として薬物依存症治療の専門病院への通院をご家族とともに検討するなどの弁護活動を行います。
このような再犯防止策を講じる弁護活動は,処分を軽くするためだけでなく,本人や再犯防止を願う家族のためにも大切な活動となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,大麻取締法違反などの刑事事件専門の弁護士が所属しておりますので、再犯防止を望むご家族に寄り添い,親身になって対応致します。
大麻取締法違反などの刑事事件でご家族が逮捕されるなどしてお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(初回法律相談:無料)

大川市における覚せい剤所持事件で逮捕!~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-08-12

大川市における覚せい剤所持事件で逮捕!~刑事事件に強い弁護士に相談

大川市に住むAさんは,知人からもらった覚せい剤をカバンに入れて自転車で帰宅中,警ら中の筑後警察署の警察官に呼び止められ,職務質問を受けることになりました。
しかし,職務質問を受けていたAさんの態度に違和感を感じた警察官は,Aさんに対し所持品検査を求めたところ,覚せい剤所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
筑後警察署から逮捕の連絡を受けたAさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

覚せい剤取締法違反(所持)】
覚せい剤の単純な所持行為は,10年以下の懲役に処すると刑罰が定められています。
これまでの裁判では,覚せい剤所持行為については,直接手に触れていなくても,社会通念上本人の実力支配,管理の及ぶ範囲に保管していれば,所持とみなされるようです。
また,覚せい剤を他人に知られないよう隠匿している場合についても,所持行為と考えられているのが実情です。

覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたら】
覚せい剤所持行為が警察に発覚した場合,逮捕勾留されることはもちろんのこと,場合によっては,接見禁止となることがあります。
覚せい剤所持行為について争いがない場合,身柄の早期解放や軽い処分を求めるには,裁判官に対し,罪を認め真摯に反省しているということを主張することが重要になります。
また,特に覚せい剤所持逮捕された場合は,再犯防止策や更生できる環境が整っていることも重要な判断材料の一つとなります。

そのため、覚せい剤所持事件で逮捕された場合,刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,覚せい剤所持事件などの刑事事件に強い弁護士が所属しています。
ご家族や知人が覚せい剤所持事件で逮捕され,ご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで,まずは無料相談をお申込み下さい。

(筑後警察署への初回接見費用:4万1,700円)

【福岡市中央区における覚せい剤所持事件で逮捕】~薬物事件に強い弁護士に相談!

2017-08-05

【福岡市中央区における覚せい剤所持事件で逮捕】~薬物事件に強い弁護士に相談!

福岡市中央区に住む会社員のAさんは,駐車場に車を駐車中,警察官から職務質問を受け,車内のコンソールボックス内に隠し持っていた覚せい剤が見つかってしまいました。
Aさんはその場で現行犯逮捕されてしまいましたが,警察官が行った所持品検査等に納得がいきませんでした。
Aさんが逮捕されたことなどを知ったAさんの家族は,薬物事件に強い弁護士にAさんの弁護を依頼することにしました。
(この事案はフィクションです)

覚せい剤所持事件】
覚せい剤取締法において,覚せい剤の所持が禁止されています。
この法律に違反すると,10年以下の懲役に処せられる可能性があります。
一般的に,覚せい剤の単純所持事案で起訴された場合,初犯であれば執行猶予付きの判決となる場合がほとんどですが,覚せい剤事件の再犯の場合,実刑判決を受けて,刑務所に服役しなければならなく可能性が高くなります。
また,覚せい剤所持で逮捕された場合,覚せい剤を使っているのではないかという疑いを持たれ,ほぼ尿検査が実施されます。
これは,覚せい剤所持で逮捕された者の尿に覚せい剤の成分が含まれているか否かを判断するものであり,もし尿から覚せい剤の成分が検出された場合は,覚せい剤使用事実で再逮捕され,追起訴されます。

覚せい剤所持事件の刑事裁判】
警察官が実施した所持品検査は,警察官の職務質問に付随して,任意で行われるものです。
そのため,当事者が所持品検査を拒んだ場合,警察官は強制的に所持品検査を行うことはできませんので,裁判官に対して,捜索差押許可状を請求しなければなりません。
しかし,これまで,警察官による所持品検査が任意捜査の範囲を越えて行われるケースが多々あり,裁判において,覚せい剤の押収手続が争われることもありました。
裁判で争われた結果,覚せい剤の押収手続が違法収集証拠と認定されれば,裁判において証拠能力が争われ,証拠として認められない場合もあります。
これまでの裁判で,覚せい剤の押収手続が争われた結果,違法収集証拠と認められ,結果,無罪になった裁判がいくつも存在します。

福岡市中央区で薬物事件に強い弁護士をお探しの方,覚せい剤所持事件に関し,警察官の職務質問所持品検査に疑問をお持ちの方,薬物事件に強い弁護士をお探しの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(福岡県中央警察署への初回接見費用:3万5,000円)

【少年事件に強い弁護士に相談】福岡県福津市の大麻取締法違反事件で逮捕

2017-07-31

【少年事件に強い弁護士に相談】福岡県福津市の大麻取締法違反事件で逮捕

福岡県福津市に住む高校生Aくんは、友人のBさんに勧められたことから、大麻を初めて使用し、その後、Bさん経由で定期的に大麻を購入していました。
その後、Bさんが逮捕され、それからしばらくして、Aくんの自宅に、福岡県宗像警察署の警察官がやって来て、自宅の捜索が行われました。
捜索の結果、Aくんの部屋から、大麻らしき植物が発見され、鑑定の結果、大麻と認められたことから、Aくんは、大麻取締法違反逮捕されました。
Aくんのご両親は、目の前でAくんが逮捕されたことにショックを受け、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

大麻の所持と使用】

我が国では、大麻取締法により、以下のような刑罰を定めています。
大麻をみだりに栽培、輸出入する…7年以下の懲役
大麻をみだりに所持、譲受、譲渡する…5年以下の懲役

今般、警察庁発行の犯罪白書によれば、大麻を含む薬物犯罪は、成人・少年ともに減少傾向にあります。
しかし、インターネットなどの普及により、大麻の密売人と直接会わなくても密売人と接触することが容易になったことや、諸外国で大麻が合法とされていることを背景に、大麻の危険性について誤った認識が広まっています。
そして、現行の大麻取締法における大麻所持の法定刑は重く規定されています。

【少年が関わっている大麻などの薬物事件】

大麻などの薬物事件では、捜査が多岐に渡り、かつ証拠隠滅が容易であるため、一度大麻の所持などで逮捕されると、その後勾留された上、接見禁止の処分に付されることが多々あります。
少年事件では、取調べや調査において、事件に関する認識を正しく捜査機関等に伝えることができなければ、その供述の信用性が疑われ、大麻取締法違反事件が家庭裁判所に送致された段階で少年鑑別所に収容される可能性も少なくありません(観護措置決定)。

そのため、大麻取締法違反事件が発覚した場合、早い段階で少年事件に強い弁護士に相談・依頼し、取調べや調査に協力してもらうことが重要だと思われます。
また、少年事件では、医療機関での治療や薬物を入手したルートとの関係を断つことなど、少年の更生に向けた環境づくりを十分に示すことも極めて重要と言えます。
福岡県福津市大麻取締法違反事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
弊所の弁護士は、刑事事件や少年事件を専門としていますので、安心してご相談いただけます。
福岡県宗像警察署への初回接見費用:3万8,900円)

福岡県糟屋郡粕屋町の覚せい剤事件で逮捕に~刑事事件に強い弁護士

2017-07-24

福岡県糟屋郡粕屋町の覚せい剤事件で逮捕に~刑事事件に強い弁護士

福岡県糟屋郡粕屋町に住むAさんは、日頃から覚せい剤を購入しては、使用を繰り返していました。
すると、ある日、突然、福岡県粕屋警察署の警察官が自宅にやって来て、自宅の捜索差押許可状を呈示され、自宅を捜索されました。
そして、自宅の寝室から覚せい剤と注射器が発見され、Aさんは、覚せい剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんの交際相手であるB子さんは、Aさんのことが心配になり、刑事事件に強い弁護士にAさんとの接見を依頼しました。
(この事案はフィクションです)

覚せい剤取締法違反】

覚せい剤取締法は、覚せい剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するため、現物及びその原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲受及び使用に関して必要な取締りを行うことを目的とするために設けられた法律です。
日本においては、第二次世界大戦後の1950年代初頭に、戦時中に工場の能率を高めるなどに用いられていたアンフェタミン類が大量に市場に放出され、店頭でも買えたため、注射剤を含めたメタンフェタミンの乱用が流行し、これを規制する目的で、1951年に、覚せい剤の所持、流通を規制し、医療と研究における使用を制限するために制定されました。
医療の実用性があるが、依存の危険性もあるといういうことで麻薬取締規則に倣ったわけです。
これは、覚せい剤類を国際的に規制した国際条約である1971年の向精神薬に関する条約に先行しています。

覚せい剤の輸入・輸出・製造は「1年以上の有期懲役」、営利目的でこれらの行った場合は「無期又は3年以上の懲役、情状により1000万円以下の罰金」を併せて科せられます。
覚せい剤の使用・所持・譲渡し・譲受けは「10年以下の懲役」、営利目的でこれらの行為を行った場合は「1年以上の有期懲役」と、それぞれ規定されています。
上記事案では、Aさんの自宅の寝室から覚せい剤が発見されるとともに、注射器まで発見されていることから、覚せい剤所持罪はもちろんのこと、覚せい剤使用罪に問われる可能性も否定できません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、経験豊富な刑事事件に強い弁護士が所属しており、初回無料で相談をお受けすることも可能ですし、ご家族に代わって弁護士が接見に行くことも可能です。
覚せい剤取締法違反の容疑でお身内が逮捕された場合、一人で悩まず、すぐに刑事事件に強い弁護士に相談してください。
福岡県粕屋警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

 

 

【福岡県太宰府市の刑事事件で逮捕】覚せい剤使用の再犯事件に強い弁護士

2017-07-17

【福岡県太宰府市の刑事事件で逮捕】覚せい剤使用の再犯事件に強い弁護士

福岡県太宰府市に住むAさんは、覚せい剤を使用したとして、福岡県筑紫野警察署の警察官に、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されました。
しかし、Aさんは、7年前にも、同じ覚せい剤取締法違反(使用)で裁判を受け、有罪判決を受けるなどした前科がありました。
Aさんの家族は、まさかAさんが覚せい剤を使っているとは思っていなかったことから、すぐに覚せい剤使用の再犯事件に強い弁護士に相談しました。
(この事例はフィクションです)

覚せい剤再犯

覚せい剤取締法は、覚せい剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するために、覚せい剤及びその原料の輸出入や所持、製造、譲渡、使用などを禁止しています(第1条)。
世間一般では、覚せい剤のことを、シャブやスピード、氷、クリスタル、S、やせ薬などと呼んでいますが、法律上の覚せい剤とは、フエニルアミノプロパン、フエニルメチルアミノプロパン及びその塩類、又はこれと同種の作用を有する一定の物を意味するとされています。

覚せい剤は、主に白色の結晶状で売買されており、この覚せい剤の代表的な使用方法は、注射器を用いて、水に溶かした覚せい剤を直接血管に打ち込む方法です
これ以外にも、覚せい剤の結晶を熱して、その煙を吸ったり、覚せい剤を溶かした液体を飲む方法などもあります。

覚せい剤を使用すると、その成分が脳神経を刺激し、一時的に心身の動きが活性化されますが、その効果が切れたときの副作用は強く、使用を続けることによって、幻覚、幻聴が出たりすることもあります。
覚せい剤は、非常に依存性の強い違法薬物なために、再犯率も非常に高く、覚せい剤取締法で検挙された人の約70パーセントが再犯です。

覚せい剤取締法違反事件において、初めて起訴された場合(初犯の場合)、そのほとんどが執行猶予付きの有罪判決となりますが、2回目に起訴された場合(再犯の場合)、執行猶予が付されずに実刑判決を受けて刑務所に服役する可能性が非常に高くなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の、覚せい剤使用の再犯事件に強い法律事務所です。
福岡県太宰府市の薬物事件でお困りの方、覚せい剤使用再犯事件に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
福岡県筑紫野警察署までの初回接見費用:3万6,800円)

福岡県糸島市の覚せい剤事件で逮捕されたら…土日祝対応可の弁護士に接見依頼!

2017-07-03

福岡県糸島市の覚せい剤事件で逮捕されたら…土日祝対応可の弁護士に接見依頼!

福岡県糸島市内に住んでいるAさんは、頻繁に覚せい剤を購入しては使用し続けていました。
ところが、近所の住民がAさんの行動を不審に思い、福岡県糸島警察署に通報したところ、Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
その後、福岡県糸島警察署の警察官からAさんを逮捕した旨の連絡を受けたAさんの父親は、弁護士に相談しようと考えました。
しかし、逮捕された日が土曜日であったため、相談できる弁護士がなかなか見つかりません。
(※この事案はフィクションです。)

【逮捕に曜日は関係ありません】

上記事案におけるAさんは、覚せい剤取締法違反の容疑で、土曜日に福岡県糸島警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
警察による逮捕は、土曜・日曜・祝日などは関係なく、突然やってくるものです。
あらかじめ警察から「いついつに逮捕しますよ」とか「これから逮捕しますよ」などと言ってくることはありません。
土曜・日曜・祝日であろうと、早朝や深夜でも、相手の都合など関係なく逮捕されてしまいます。

このような場合、弁護士に相談したいと思っても、時間外でなかなか相談できる弁護士が見つかりません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所であれば、初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申込みを、24時間いつでも、フリーダイヤル(0120-631-881)にて受け付けています。

この初回接見サービスは、お申込みをいただいてから24時間以内に、刑事事件専門の弁護士が、逮捕・勾留されている被疑者ご本人に接見(面会)に行き、お話をして、依頼者様に接見内容をご報告させていただきます。
いつでもお申込みができますから、月曜になるまで待たなければいけないを不安な時間を過ごす必要もありません。

福岡県覚せい剤の事件で逮捕されてお困りの方は、まずは弊所の刑事事件専門の弁護士まで、ご相談ください。

福岡県糸島警察署までの初回接見費用:3万7,800円)

福岡県八女市の大麻再犯で逮捕されたら…少年事件に強い弁護士が接見対応

2017-07-01

福岡県八女市の大麻再犯で逮捕されたら…少年事件に強い弁護士が接見対応

福岡県八女市に住んでいるAくんは、福岡県八女警察署に、大麻取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
実は、Aくんは以前にも大麻取締法違反で逮捕されたことがあり、今回はいわゆる再犯でした。
両親は大変心配していますが、福岡県八女警察署にAくんに会いに行っても、「逮捕直後のため会えません」と言われてしまいました。
なんとかしてAくんの不安を取り除いてあげたいと考えていた両親は、少年事件に強いという弁護士に接見を依頼しました。
(フィクションです)

少年事件再犯者率について】

昨年度まで、少年事件再犯者率は7年連続で増加していたそうです。
少年事件で検挙された少年のうち、再犯者の占める割合が高まっているということになります。
これに対して、少年事件の検挙数は10年以上減少しています。
つまり、少年事件全体の数は減っているのにもかかわらず、再犯する少年の割合が増えているということが言えます。

また、近年の少年事件の特徴として、大麻や覚せい剤などの薬物事件による送致が増えていることが挙げられます。
薬物事件の中でも、覚せい剤以上に、大麻取締法違法事件での送致が60%を超える増加率になっています。
大麻などの違法薬物は、皆さんご存知の通り、常習性があるため、再犯の可能性が大きいことも事実です。
少年の頃より常習性が身についてしまうと、その後の人生に問題を抱えてしまうかもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件や薬物事件にも強い弁護士が多く所属しております。
弊所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の強みを生かし、スピードの求められる事件へ迅速に対応いたします。
大麻取締法違反事件でお悩みの方、少年事件の再犯でお困りの方は、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
初回無料法律相談は、0120-631-881でいつでも予約を受け付けております。
福岡県八女警察署までの初回接見費用:4万4900円)

保釈について弁護士に相談!福岡県嘉麻市の覚せい剤事件(刑事事件)で逮捕なら

2017-06-30

保釈について弁護士に相談!福岡県嘉麻市の覚せい剤事件(刑事事件)で逮捕なら

Aさんは、福岡県嘉麻市の自宅で、覚せい剤を使用していました。
Aさんの挙動がおかしいことに気づいた近隣住民が、福岡県嘉麻警察署に通報したことにより、Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
その後、Aさんは勾留され、起訴されることも決まりました。
Aさんの家族は、どうにかAさんの身体拘束を解くことはできないかと、保釈について弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

保釈とは

保釈とは、起訴後、保釈保証金の納付を条件に、被告人の身体拘束を解く制度のことを言います。
保釈保証金とは、一般的に保釈金と呼ばれるもので、その額は事件や被告人の環境によって変動します。

保釈には、3つの種類があり、それぞれ権利保釈、裁量保釈、義務的保釈と呼ばれています。
権利保釈は、保釈の要件(刑事訴訟法89条1~6号)を満たす場合は、保釈の請求があれば保釈しなければならないという保釈のことをいいます。
また、裁量保釈は、上記権利保釈に該当しない場合でも、裁判所が適当と認める場合には、保釈を許すことができるという保釈です。
最後の義務的保釈とは、勾留による身体拘束が不当に長くなった場合になされる保釈のことをいいます。

これらの保釈を行われるためには、裁判所に対して保釈請求を行わなくてはなりません。
保釈請求の際には、被告人が逃亡しないことや証拠隠滅のおそれがないことなどを、裁判官に主張する必要があります。
弁護士と被告人の周囲の方々が一丸となることで、この環境をつくり、保釈に向けた一歩を踏み出すことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所ですから、保釈に関連したご相談やご依頼も、多数承っております。
覚せい剤などの薬物事件は、逮捕・勾留といった身体拘束を受ける確率が高い事件であると言われています。
お困りの際は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県嘉麻警察署までの初回接見費用:4万3,900円)

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

2017-06-21

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

福岡県筑紫野市に住む少年A(19歳)は、不良仲間からもらった覚せい剤をポケットに入れて歩いていたところ,付近を警戒中だった筑紫野警察署の警察官から職務質問を受けました。
そして所持品検査の結果,少年Aは覚せい剤を所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反の被疑者として筑紫野警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
知らせを受けたAの家族は、今後に不安を覚え、少年事件覚せい剤取締法違反事件に強い弁護士に相談しました。

覚せい剤取締法違反(所持)とは】

覚せい剤の非営利目的による「所持」は、覚せい剤取締法違反の第41条の2、第1項において、10年以下の懲役刑が定められています。

物の「所持」については、直接手に触れていなくても、社会通念上本人の実力支配、管理の及ぶ範囲に保管していれば、「所持」とみなされるようです。

覚せい剤取締法違反の「所持」については,、「他人に知られないよう隠匿している場合」も「所持」として考えられているようです。
また覚せい剤を直接所持しておらず,他人に預けた場合でも「所持」が認められた事例もあります。

【少年が覚せい剤取締法違反で逮捕されたら】

捜査機関側に,所持品検査等で覚せい剤の「所持」行為が発覚した場合,少年事件であっても、覚せい剤取締法違反で逮捕、勾留されるケースが多い傾向にあります。

逮捕され,勾留が続くと,学校側に逮捕の事実が知られ,退学処分となる恐れもあります。

そのため逮捕後,早期に身柄の釈放を求める場合は,専門の弁護士に依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,24時間,無料相談や初回接見のお申し込みを受け付けています。
弊所の弁護士は,少年事件刑事事件専門の弁護士ですから,検察官や裁判官に対し,早期身柄の釈放を求めるための弁護活動のほか,今後再犯を防ぐためにも,少年の将来を考え,ご家族に寄り添った弁護活動を行います。

家族が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱える方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
筑紫野警察署 初回接見費用:3万6800円)

« Older Entries