Archive for the ‘薬物事件’ Category

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

2017-06-21

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

福岡県筑紫野市に住む少年A(19歳)は、不良仲間からもらった覚せい剤をポケットに入れて歩いていたところ,付近を警戒中だった筑紫野警察署の警察官から職務質問を受けました。
そして所持品検査の結果,少年Aは覚せい剤を所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反の被疑者として筑紫野警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
知らせを受けたAの家族は、今後に不安を覚え、少年事件覚せい剤取締法違反事件に強い弁護士に相談しました。

覚せい剤取締法違反(所持)とは】

覚せい剤の非営利目的による「所持」は、覚せい剤取締法違反の第41条の2、第1項において、10年以下の懲役刑が定められています。

物の「所持」については、直接手に触れていなくても、社会通念上本人の実力支配、管理の及ぶ範囲に保管していれば、「所持」とみなされるようです。

覚せい剤取締法違反の「所持」については,、「他人に知られないよう隠匿している場合」も「所持」として考えられているようです。
また覚せい剤を直接所持しておらず,他人に預けた場合でも「所持」が認められた事例もあります。

【少年が覚せい剤取締法違反で逮捕されたら】

捜査機関側に,所持品検査等で覚せい剤の「所持」行為が発覚した場合,少年事件であっても、覚せい剤取締法違反で逮捕、勾留されるケースが多い傾向にあります。

逮捕され,勾留が続くと,学校側に逮捕の事実が知られ,退学処分となる恐れもあります。

そのため逮捕後,早期に身柄の釈放を求める場合は,専門の弁護士に依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,24時間,無料相談や初回接見のお申し込みを受け付けています。
弊所の弁護士は,少年事件刑事事件専門の弁護士ですから,検察官や裁判官に対し,早期身柄の釈放を求めるための弁護活動のほか,今後再犯を防ぐためにも,少年の将来を考え,ご家族に寄り添った弁護活動を行います。

家族が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱える方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
筑紫野警察署 初回接見費用:3万6800円)

早期接見の刑事事件に強い弁護士所属 福岡市南区の大麻所持事件で逮捕されたら

2017-06-18

早期接見の刑事事件に強い弁護士所属 福岡市南区の大麻所持事件で逮捕されたら

Aさんは、福岡市南区の路上で、大麻を所持していたとして、福岡県南警察署の警察官に、大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、Aさんが逮捕されたとの知らせを警察から受けましたが、どうして逮捕されたのかなどの事情は教えてもらえませんでした。
驚き、不安になったAさんの家族は、福岡県南警察署まで行きましたが、逮捕直後とのことでAさんとは会えずじまいでした。
困ったAさんの家族は、福岡市内で刑事事件に強いと評判の弁護士に、接見を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・大麻で逮捕されたらすぐに接見

無許可で大麻を所持することは、大麻取締法で禁止されています。
大麻などの違法薬物に関連した刑事事件では、上記事例のAさんのように、逮捕などによる身体拘束をされるケースが非常に多いです。
大麻など違法薬物は、組織的な犯罪にかかわっていたり、証拠隠滅が容易であったりすることが多いからのようです。
さらに、売人などの販売ルートの捜査などに時間がかかるために、逮捕後も勾留がなされて身体拘束が続く可能性も高いようです。

上記事例のAさんの家族は、逮捕直後にAさんに会いに福岡県南警察署を訪れていますが、Aさんには会えませんでした。
このように、逮捕直後はご家族であっても被疑者本人に会うことはできません。
しかし、Aさんの家族は、なぜAさんが逮捕されてしまったのかなどの詳しい事情も聴けていません。
なぜ逮捕されたのか、どのような事件なのかは、被疑者にとって非常にプライベートに踏み込んだことなので、逮捕した警察も、なかなか第3者に教えてくれないことがあるのです。
逮捕された事情もよく分からず、しかし逮捕された直後は本人に会えないとなれば、ご家族の不安は計り知れないほど大きいでしょう。

そんな時こそ、刑事事件に強い弁護士接見を依頼しましょう。
弁護士であれば、逮捕直後でも関係なく、被疑者本人と接見=面会して話をすることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、刑事事件専門の強みを生かし、迅速に接見を行います。
お身内が大麻所持事件逮捕されてお困りの方は、まずは弊所の弁護士の、初回接見サービスをご利用ください。
福岡県南警察署までの初回接見費用:3万5,900円)

福岡空港の覚せい剤輸入罪(営利目的) 覚せい罪取締法違反にも強い弁護士

2017-06-08

福岡空港の覚せい剤輸入罪(営利目的) 覚せい罪取締法違反にも強い弁護士

Aは営利目的で覚せい剤を輸入しようと考え、福岡市に所在する福岡空港において、海外で入手した覚せい剤を鞄に隠匿していたところ、福岡空港警察署の警察官に、覚せい剤取締法違反(覚せい剤輸入)の疑いで逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は突然のことに困ってしまい、覚せい剤取締法違反に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

覚せい剤輸入の法定刑】

覚せい罪取締法違反では、覚せい剤の輸入、輸出、製造行為について、「1年以上の有期懲役」としています。
また営利目的で覚せい剤を輸入、輸出、製造した場合の法定刑は、「無期若しくは3年以上の懲役で、情状により1000万円以下の罰金を併科」と定められています。
Aさんのように営利目的による覚せい剤輸入で逮捕され、起訴されると、法定刑に「無期懲役」が入っているので、「裁判員裁判」に付されます。

覚せい罪取締法は、上記覚せい剤の輸出入行為の他、所持、使用、譲渡、譲受行為等についても厳しい罰則を定めています。

覚せい剤取締法違反に強い弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、覚せい剤取締法違反等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
覚せい剤輸入の事実について認めている場合は、寛大な処分が下されるよう、反省の機会を与え、再犯防止策を提示する等の主張を行います。
覚せい剤輸入の事実について全く身に覚えがない場合、接見を通じて詳細な状況をお伺いし、客観的な証拠資料を裁判官に提示する等、適切な弁護活動を行います。

ご家族が覚せい剤輸入罪等の覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後の手続きについてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に、まずは初回接見をお申込み下さい。
福岡空港警察署 初回接見費用:3万4600円)

福岡県宗像市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

2017-05-23

福岡県宗像市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

福岡県宗像市に住む少年A(18歳)は、不良仲間からもらった覚せい剤を洋服のポケットに入れて帰宅途中、福岡県宗像警察署の警察官から職務質問を受けて、覚せい剤を所持していたことが発覚してしまい、その場で現行犯逮捕されてしまいました。
福岡県宗像警察署から逮捕の連絡を受けた少年Aの両親は、少年事件覚せい剤取締法違反の弁護活動に精通している、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反(所持)】
覚せい罪取締法では、覚せい剤の非営利目的による「所持」行為について、法定刑を10年以下の懲役刑と定めています。
判例では、覚せい剤取締法違反で定める「所持」については、社会通念上、本人の実力支配や管理が及ぶ範囲に保管していれば、「所持」にあたるとされています。

少年事件での覚せい剤取締法違反に強い弁護士

覚せい剤取締法違反の所持により逮捕された場合、勾留され、さらに接見禁止となってしまうことが多い傾向にあります。
少年事件であっても、覚せい剤取締法違反で逮捕された場合、成人事件と同様に勾留され、接見禁止がつく可能性があります。
覚せい剤取締法違反は、再犯率がとても高い犯罪と言われています。
そのため覚せい剤取締法違反で逮捕され、所持行為を認めている場合、早期身柄解放や、その後の処分を軽くするためには、裁判官に「再犯の恐れがないこと、罪と認め反省していること」等を主張することが大切です。
また特に覚せい剤取締法違反少年事件では、裁判官に対し、再犯防止策や更生できる環境が整っていることも重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反で逮捕された場合の早期身柄解放活動等に実績があります。

少年が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
福岡県宗像警察署 初回接見費用:3万8900円)