Archive for the ‘盗撮事件’ Category

【福岡県直方市での盗撮・のぞき】なら刑事事件専門の弁護士に接見

2017-11-29

【福岡県直方市での盗撮・のぞき】なら刑事事件専門の弁護士に接見

福岡県直方市に住む無職Aは、近所にある中学校に忍び込んで、女子更衣室に盗撮目的で小型カメラを仕掛けました。
数日後、女子中学生が小型カメラに気付いて事件が発覚し、Aは福岡県直方警察署に逮捕されました。
Aの両親は、盗撮事件に強い弁護士にAの初回接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 盗撮の罪(福岡県迷惑防止条例違反) ~

福岡県迷惑防止条例では、盗撮行為について
①公共の場所、乗り物において衣類で隠されている人の身体や下着を盗撮する行為。
②公共の場所、乗り物において①の目的で撮影機材を設置したり、他人に向ける行為。
③便所、浴場、更衣室等、通常人が衣類を着けない状態でいる場所において人の身体を盗撮する行為。
④便所、浴場、更衣室等、通常人が衣類を着けない状態でいる場所において③の目的で撮影機材を設置したり、他人に向ける行為。
を禁止しています。

~ 建造物侵入罪 ~

今回の事件でAは盗撮カメラを仕掛ける目的で中学校の女子更衣室に忍び込んでいます。
この行為は、他人の看守する建造物に不法に侵入したとして刑法第130条に規定されている建造物侵入罪に抵触することとなります。

~ 児童ポルノ製造罪 ~

今回の事件でAは女子中学生の着替えを盗撮する目的でカメラを設置しています。
女子中学生の着替えている姿は、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(以下「児童ポルノ法」とする。)でいうところの児童ポルノに該当する可能性があります。
児童ポルノ法では、児童ポルノの製造を禁止しているので、Aの設置した盗撮用の小型カメラに女子中学生の着替えている姿が撮影、記録されていれば、児童ポルノ法に抵触するおそれがあります。

Aの行為は、これまで解説した3つの法律に触れる可能性があります。
ご家族、ご友人が警察に逮捕された場合、今後の刑事弁護活動を正確に進める上で、まずは逮捕された事件の内容を正確に把握する必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に強い弁護士が早急に逮捕された方に面会する初回接見サービスを行っております。福岡県で刑事事件専門の弁護士盗撮事件に強い弁護士をお探しの方はフリーダイヤル0120-631-881に電話を。
(福岡県直方警察署までの初回接見費用 41,400円)

博多駅の盗撮・のぞきで取調べ対応なら刑事専門の福岡の弁護士

2017-11-17

博多駅の盗撮・のぞきで取調べ対応なら刑事専門の福岡の弁護士

会社員Aは、博多駅で女性を盗撮したとして福岡県博多警察署に任意同行されて警察官の取調べを受けました。
容疑を否認しているAが、警察官の作成した供述調書に署名することを拒否したところ、警察官に「署名しないのならば逮捕する。」と脅されました。
後日Aは、警察官の違法な取調べに強い弁護士に相談しました。
 (この話はフィクションです。)

1 盗撮事件
福岡県迷惑行為防止条例では、通常衣類で隠されている他人の身体を盗撮することだけでなく、盗撮する目的でカメラを設置したり、カメラを他人の身体に向けることも禁止しています。
最近の盗撮事件ではカメラ機能付きの携帯電話機(スマートフォン)が使用されるケースがほとんどですので、警察は必ず使用携帯電話機(スマートフォン)を押収して保存された盗撮画像を確認します。
そして保存データから、盗撮事件を立証したり、余罪を捜査したりするのです。
福岡県迷惑行為防止条例では、盗撮行為に対して、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金の罰則が規定されていますが、もし被害者との示談が成立し、被害者の許しを得ることができれば不起訴処分となるケースがほとんどです。

2 取調べ対応
警察の取調べは、取調室という密室で、犯人と警察官1対1で行われるケースがほとんどです。
取調べを受ける方には、黙秘権(供述拒否権)という権利が法律で認められて、警察官の質問に答えなくても問題はありません。
また警察官が作成した供述調書についても、内容に納得できなかったりして、自分の意思に反するのであれば署名、指印を拒否することもできます。
しかし、警察官はあの手この手を使って供述を引き出そうとしたり、署名や指印をさせようとします。
Aのように脅迫とも捉えることのできる違法な取調べを受ける方がいるのも事実です。

博多駅の盗撮事件でお困りの方、警察の取調べに納得ができない方、違法な取調べを受けた方は、刑事事件を専門に扱い、警察官、検察官の取調べ手法を熟知している、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律は、違法な取調べをする捜査機関に対しては徹底して抗議し、真実を追及する弁護士事務所です。

【福岡県春日市 盗撮事件】刑事事件に強い弁護士が示談

2017-11-06

福岡県春日市 盗撮事件 刑事事件に強い弁護士が示談

福岡県に住む会社員Aは、出勤途中に地下鉄の車内で女性のスカートの中を盗撮しました。
目撃者に捕まったAは、通報で駆け付けた福岡県春日警察署の警察官に逮捕されました。
福岡県春日警察署より逮捕の知らせを受けたAの家族は、盗撮事件に強い弁護士に被害者との示談を依頼しました。
(フィクションです)

1.盗撮事件
盗撮行為は、各都道府県の迷惑防止条例で禁止されています。
Aが盗撮事件を起こした福岡県では、福岡県迷惑防止条例によって盗撮行為が禁止されており、6月以下の懲役又は100万円以下の罰金の処罰が規定されています。
盗撮事件を起こして警察に逮捕された場合、盗撮機器(携帯電話機や小型カメラ等)を警察に押収され、そこに保存されているデータを調べられます。
もし保存データに、逮捕された事件とは別の盗撮画像があれば、余罪として捜査される可能性があります。
盗撮事件を起こして警察に逮捕されても、初犯で余罪がなければ勾留されることなく48時間以内に釈放されるケースがほとんどですが、過去に盗撮事件の逮捕歴があったり、余罪があれば勾留される可能性があるので、早期に弁護士に依頼して逮捕された方と接見することをお勧めします。

2.被害者と示談
盗撮事件で逮捕された場合、被害者と示談することによって、より軽い処分が期待できます。
盗撮事件で逮捕された場合、余罪がなければ、初犯ですと略式罰金、2回目で略式罰金若しくは執行猶予付の懲役刑、3回目で懲役刑となるケースがほとんどですが、被害者と示談することによって、これよりも軽い処分となり、場合によっては不起訴処分の可能性もあります。

Aのケースでは、盗撮事件に強い弁護士が早期に被害者と接触し示談したことから、Aは、刑事罰を受けることなく、職場に事件を知れることもなく社会復帰しました。
 
ご家族、お知り合いが、盗撮事件を起こして福岡県春日警察署に逮捕された方、刑事事件を起こして被害者との示談を希望する方は、福岡県の刑事事件に強い弁護士、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
 初回の法律相談料:無料
 福岡県春日警察署への初回接見費用:36,600円

須惠町における盗撮事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-10-07

須惠町における盗撮事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

福岡県糟屋郡須恵町に住むAさんは,大型商業施設のエスカレーターにおいて,女性のスカート内を盗撮していました。
しかし,施設を警備中だった警備員Xさんに盗撮行為が見つかってしまい,その後,福岡県粕屋警察署の警察官により,福岡県迷惑行為防止条例違反の罪で逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は,Aさんのことが心配になり,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

《 福岡県迷惑行為防止条例 》
盗撮行為に関しては,福岡県迷惑行為防止条例の第6条第2項に「何人も,公共の場所,公共の乗物その他の公衆の目に触れるような場所において,正当な理由がないのに,①通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し,又は写真機,ビデオカメラその他これらに類する機器を用いて撮影すること,②前号に掲げる行為をする目的で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けることをしてはならない。」旨規定されています。
これに違反した場合,6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に科せられることになります。

《 量刑 》
盗撮事件で起訴された場合,これまでの前科や前歴も関係しますが,初犯の場合は罰金刑で済むと思われますが,再犯(2回以上)の場合は,罰金刑では済まず,懲役刑という厳しい処分を受けることになる可能性もあります。
そのため,盗撮事件で逮捕されたり,取調べを受けている状況であれば,速やかに弁護士に相談するなどして,被害者の方に謝罪をするとともに,示談交渉をすれば,起訴を免れ,処罰を受けなくて済むことになるかもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮事件など刑事事件専門の法律事務所です。
専門だからこそ,確かな実績とノウハウがあります。
盗撮事件でお困りの方は,すぐに弊所の無料相談をご利用ください。
また,逮捕されてしまった場合には,初回接見サービスにより,どこよりも早く,スムーズに弁護活動をスタートさせることも可能です。

(福岡県粕屋警察署への初回接見費用 3万7,200円)

門司区における盗撮事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-08-25

門司区における盗撮事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士に相談!

門司区に住むAさんは,大型商業施設のエスカレーターにおいて,そのエスカレーターを利用する女性のスカート内を盗撮していました。
しかし,施設内の巡回警備中だった警備員に盗撮が見つかってしまい,その後,門司警察署の警察官により,福岡県迷惑行為防止条例違反の罪で現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんは,警察に逮捕されたものの,取調べを受けるなどした後,釈放されました。
その後,Aさんは,盗撮事件など刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

盗撮事件逮捕された場合,取調べを受けるなどした後,釈放されることも少なくはありません。身柄拘束が解かれるのは,①罪を認めていること,②反省していること,③身元がしっかりしていることなどの理由によります。しかし,身柄拘束が解かれたからといって,盗撮事件の捜査などが終わるわけではなく,在宅のまま,捜査が継続されることになります。そのため,逮捕されたときはもちろん,身柄拘束が解かれた後でも,すぐに弁護士に相談し,今後の対応を考えることが重要になります。

在宅扱いの場合,通常の生活を行いながら,警察などからの出頭要請の連絡を待つことになります。もし,出頭要請の連絡を受けた場合,弁護士に相談するなどして取調べに臨むことがベストだと考えます。また,弁護士は,依頼を受けた後,速やかに関係機関に連絡を取るなどして,被害者との示談交渉を行うなどの弁護活動を始めます。当事者が被害者の方に直接会いに行ったり,連絡をするなどすると,被害者の感情を逆なでしてしまう可能性があるからです。

在宅扱いの場合,逮捕されている事件と異なり,時間的制約がありません。
だからこそ,弁護士と方針等について綿密な打ち合わせを行うなどして,盗撮事件が大きくなる前に解決することでできるのです。
そして,そのような弁護活動を効果的にすることができるのが,やはり専門の弁護士だと言わざるを得ません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,盗撮事件など刑事事件専門の法律事務所です。
専門だからこそ,確かな実績とノウハウがあります。
在宅扱いになった事件を早期解決に導いてきた弁護士も多数在籍しております。
盗撮事件でお困りの方は,すぐに弊所の無料相談をご利用ください。
また,逮捕されてしまった場合には,初回接見サービスにより,どこよりも早く,スムーズに弁護活動をスタートさせることも可能です。

(福岡県門司警察署への初回接見費用 4万1,940円)

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

2017-07-26

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

大学生のAさんは、福岡市博多区内を走る電車内において、持っていたスマートフォンで盗撮をしていました。
すると、Aさんの盗撮に気付いた他の乗客に咎められ、駅員に引き渡され、通報を受けた福岡県博多警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、春から大手企業への就職が内定していたことから、Aさんの母親は、Aさんの将来を考え、すぐに刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
(この事案はフィクションです)

【事件のことを秘密にしたい】

今回のAさんの事例の場合、内定先の大手企業に盗撮逮捕されてしまったことを知られてしまったら、内定が取り消されてしまう可能性があります。
盗撮事件で逮捕された場合、逮捕の事実が報道されることによって逮捕が周囲に知られてしまう可能性もありますし、逮捕されれば身体拘束されてしまうわけですから、この逮捕による身体拘束自体の影響で、逮捕されたことが知られてしまう可能性もあります。

例えば、現に会社に勤めている人が盗撮事件で逮捕されて身柄を拘束された場合、数日間の休みであれば、病気などを理由にごまかすことは可能でしょうが、休みが長期化してしまうと、会社から不審に思われるのも無理もありません
そして、盗撮事件の内容や、被疑者の立場によっては、テレビや新聞で逮捕の事実が報道されて、会社に知られてしまうこともあります。

このような事態を防ぐには、①弁護士による身柄解放活動、②弁護士による盗撮事件の報道を阻止する活動を行っていく必要があります。

盗撮事件のことを誰にも知られないようにしたいという相談は少なくありません。
盗撮事件のことを秘密にしたいと思ったら、できるだけ早く弁護士に相談するなどの行動を行うことをお勧めします。
一度外に出てしまった情報は、取り返しがつきません。
少しでもそのリスクを減らすためには、早期に行動することが重要です。
一人で悩まず、専門家である弁護士に相談してみましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談いただければ、弊所の弁護士が速やかに弁護活動を始めます
弊所の福岡支部は、博多駅からわずか5分の場所にありますから、気軽に足を運んでいただけることと思います。
盗撮事件でお困りの方は、経験豊富な刑事事件に強い弊所福岡支部の弁護士に、是非、ご相談ください。
福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)

福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

2017-06-24

福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

福岡県柳川市内に住むA君(16歳)は,近所のショッピングモール内で,女子トイレに侵入し,盗撮行為を行っていました。
被害者Vが,盗撮に気づき,警備員を呼んだ後,A君は,駆け付けた福岡県柳川警察署に任意同行され,そのまま逮捕されてしまいました。
A君は,警察に「おそらく,家庭裁判所へ直送になり,観護措置が取られるのではないか?」と言われています。
A君の両親は,今後の少年事件の流れを,少年事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【女子トイレ内での盗撮
上記A君のように,公共の場所で盗撮行為をした場合,各都道府県の定める迷惑防止条例違反となります。
また,それだけではなく,女子トイレに正当な理由なく侵入しているわけですから,刑法上の建造物侵入にもあたることになります。
ただ,A君は少年ですから,(逆送されない限り)通常の成人事件と異なり,各条文が定めている刑罰が科されるというわけではなく,審判で処分が下されることになります。

観護措置
A君が逮捕された後,通常の刑事事件と同様,48時間以内に検察庁に送られて,24時間以内に,勾留をするか,勾留に代わる観護措置をとるか,釈放するかのいずれの請求をするかが決められます。
その際,そのまま事件を家庭裁判所へ送る(直送)判断がなされることも少なくありません。
その場合,家庭裁判所の裁判官が,そのまま身体拘束を続ける必要があるか否かの判断をします。
これが,観護措置をするか否かの判断です。
身体拘束が続くという点では,成人事件での勾留と変わりありませんが,観護措置の判断の際には,勾留の時には考慮しない点が考慮されることになります。
それは,心神鑑別の必要性の有無です。

少年の更生を最終的な目標としている少年法上,少年を自宅に返した場合に,更生のための環境が整っていないなどの場合には,観護措置決定が出されてしまう可能性が高いと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件・少年事件専門であり,数多くの観護措置決定回避を獲得してきました。
ご依頼者家族と一丸となって少年の更生できる環境を整えてきたための結果です。

福岡県柳川市少年事件逮捕され,お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
柳川警察署 初回接見費用:4万2300円)

福岡県福岡市東区の盗撮事件に強い弁護士 即時対応で不起訴を獲得!

2017-05-21

福岡県福岡市東区の盗撮事件に強い弁護士 即時対応で不起訴を獲得

福岡県福岡市東区に住むAさんは、盗撮の容疑で東警察署逮捕されました。
Aさんの逮捕被疑事実は、通勤の駅のエスカレーターで女性Vのスカート内を盗撮したというものです。
Aさんの妻Bは、Aの仕事が解雇されるのを防ぎたく思い、不起訴になってほしいと望んでいます。
そこで、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

盗撮事件】
上記Aさんは、盗撮の容疑で逮捕されています。
公共の場所で盗撮行為を行った場合、各都道府県の条例違反となる可能性が高いと言えます。
例えば、福岡県であれば、下着などを盗撮した場合、福岡県迷惑行為防止条例違反となります。
盗撮をした場合の、法定刑は「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。
もっとも、常習的に盗撮行為を行っていた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられることがあります。

不起訴
常習性がなく初犯の盗撮事件のような場合、そして、被疑者が反省しているような場合には、いきなり懲役刑となることは少なく、罰金が科せられることが比較的多いと言えます。
しかし、罰金だとしても、刑罰が科されていることに違いはありませんから、「前科」がつくことになります。
各会社の就業規則や内規にもよりますが、「前科」があることが解雇事由となっている場合には、会社が解雇されてしまう可能性があります。
そうなれば、収入がなくなってしまい、生活が困窮してしまうかもしれません。
逮捕されてから、罰金の刑罰が科されること(前科がつくこと)を避けようと思った場合、不起訴処分を目指す必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の事務所であり、刑事事件のみを取り扱ってきた結果、昨年度は220件を超える不起訴・無罪を獲得してきました。
この件数は年々増加して行っています。

福岡県福岡市東区盗撮事件で逮捕され、不起訴を考えておられる方は、一度、刑事事件の専門家が集まる弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談してみてはいかがでしょうか。
東警察署 初回接見費用:3万6000円)

Newer Entries »