Archive for the ‘盗撮事件’ Category

福岡市中央区 商業施設での盗撮 勾留取消し請求のため示談交渉

2018-08-10

福岡市中央区 商業施設で盗撮 勾留取消し請求のため示談交渉

会社員Aさんは,福岡市中央区にある商業施設のエスカレーターで,目の前に立っていたVさんのスカートの下に持っていたスマートフォンを差し入れ,Vさんの下着等を撮影しました。
Aさんは,その行動を,施設の管理者から連絡を受け駆け付けた中央警察署の警察官に現認され,警察官に福岡県迷惑行為防止条例違反現行犯逮捕され,その後勾留されてしまいました。
Aさんの家族は,弁護士にAさんの身柄解放を依頼しました。
(フィクションです)

~ 勾留後の身柄解放手段 ~

Aさんの行為は,福岡県迷惑行為防止条例6条2項2号に該当するおそれがあります。
罰則は6月以下の懲役又は50万円以下の罰金条例11条2項),これを常習として行った場合1年以下の懲役又は100万円以下の罰金条例12条1項)です。

ところで,勾留後の身柄解放手段には大きく分けて2つあります。
一つは勾留の裁判に対する「準抗告(不服申し立て)」と,勾留の決定を取消すという「勾留取消し請求」です。
どちらも,その主張が認められれば,勾留された方を身柄解放できるという点では同じですが,前者が勾留決定を違法であることを前提としているのに対し,後者はこれを適法であることを前提としている点で大きくことなります。

つまり,勾留取消しは,勾留自体は適法であるものの,その後に事情の変化が起き,勾留の理由・必要がなくなった場合に請求できるのです。
そして,事情の変化としてもっとも大きいのは,被害者側との示談ではないでしょうか。
仮に,被害者側と示談を成立させることができ,被害者の処罰感情が緩和されれば,被疑者が逃亡したり,罪証隠滅行為を働くおそれはなくなり,勾留取消し請求において,勾留する理由も必要もないと主張しやすくなります。

勾留取消し請求は,準抗告に比べて数は少ないと言われていますが,それでも法律上認められている手段ですので検討の余地は十分にあります。
いずれにしても,早め早めに弁護士に依頼し,示談交渉など身柄解放に向けた弁護活動を始める必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮事件を起こし,早期身柄解放をお望みの方は弊所の0120-631-881までお気軽にお電話ください。
初回接見サービス等を24時間受け付けております。
中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

福岡市博多区の盗撮事件 逮捕されたことを秘密に~刑事専門の弁護士

2018-07-29

福岡市博多区の盗撮事件  逮捕されたことを秘密に~刑事専門の弁護士

会社員のAさんは,福岡市博多区内の電車内で,持っていたスマートフォンでVさんの下着を撮影しました。
すると,Aさんはシャッター音に気付いた他の乗客に咎められ,駅員に引き渡された後,通報を受け駆け付けた博多警察署の警察官に逮捕されました。
逮捕通知を受けたAさんの妻は,子供や生活のことを考えると,会社の解雇だけは絶対免れたいと思っており,何とか逮捕されたことを会社に秘密にできないか刑事専門の弁護士接見・刑事弁護を依頼しました。
(フィクションです)

~ 事件のことを秘密にしたい ~

盗撮事件での報道を耳にする方は多いと思います。
報道されれば,たちまち事実は周囲に知れ渡ります。
また,近年はネット社会ですから,報道のツールはテレビや新聞,雑誌に限らず,ネット,SNS,掲示板等のインターネットの社会まで広がっています。
特に,インターネットの社会に一度情報が載ると,それを削除するのは困難と思われます。

また,逮捕されれば日常生活を送ることができなくなります。
会社員の方が逮捕された場合,数日間の休みであれば病気などを理由にごまかすことは可能でしょうが,休みが長期化すると会社から不審に思われ,会社から家族に連絡がいき事件が発覚するのです。

このような事態を避けるには,弁護士による①早期の身柄解放活動②報道機関等への働きかけが必要となります。

一家の大黒柱が逮捕された場合,将来の刑事処分もさることながら,ご家族の生活に与える影響をご心配なさる方が多くおられます。
確かに,本人がやったことが事実ならばきちんとした刑事処分を受けるべきですが,それによってご家族の将来まで奪ってしまうのはあまりにも不合理ですから,ご家族のご心配ももっともといえます。
盗撮事件のことを誰にも知られたくない会社の解雇を避けたい家族の生活を守りたいないなどご不安,ご心配は様々でしょう。そのようなご不安,ご心配を少しでも解消するなら,早めに,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
弊所の弁護士あなたの味方になって刑事弁護いたします。
博多警察署までの初回接見費用:34,300円)

福岡市中央区での盗撮事件 私選弁護人を選ぶのメリットとは? 

2018-07-23

福岡市中央区での盗撮事件 私選弁護人を選ぶのメリットとは? 

Aさんは,福岡市中央区内の商業施設のエレベーターで,前にいた女性のスカートの下にスマートフォンを差し入れ,女子の下着を動画撮影したとして,中央警察署の警察官に現行犯逮捕されました。
警察から逮捕の通知を受けたAさんの妻は,弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 私選弁護人を選ぶメリット ~

Aさんの行為は,福岡県迷惑行為防止条例違反6条2項1号に該当するおそれがあります。

6条2項 何人も,公共の場所又は公共の乗物その他の公衆の目に触れるような場所において,前項に規定する方法(人を著しく羞    恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法)で次に掲げる行為をしてはならない。
  
1号 通常衣服で隠されてる他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し,又は写真機、ビデオカメラその他これらに類する機器(以下この条において「写真機等」という。)を用いて撮影すること。
  
私選弁護人の特徴としては(逮捕されたかどうかにかかわらず)いつでも選任することができるという点です。
この点,国選の弁護人は,勾留状が発布されてからでないと選任することができません。

この点の違いは大きいです。
逮捕から検察官の勾留請求まで最大で3日あります。
この3日間で,検察官に対し,勾留請求しないよう意見書等を提出すること,裁判官に対し勾留状を発布しないよう意見書等を提出することなどの身柄解放活動の他,マスコミ等に事件を報道しないように働きかけることなどのマスコミ対策も可能です。

また,逮捕の直後の段階では,ご自身が事実を認めるのか認めないのか,それに対する対応をどのようにすればいいのか不安な点もあると思います。
警察官の追及,説得に乗せられ中途半端な供述をすると,のちのち不利な結果を招かないとも限りませんから,逮捕直後から弁護人接見してきちんとしたアドバイスを受けることが必要でしょう。

このように3日間というこの貴重な時間を迅速かつ有効に活用したいとお考えの方は,私選での弁護人選任をご検討されてはいかがでしょうか?
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件の0120-631-881初回接見サービス等のご予約を受け付けております。
中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

福岡市博多区 下着が写っていなくても罪? 私選弁護人のメリット

2018-07-09

福岡市博多区 下着が写っていなくても罪? 私選弁護人のメリット 

Aさんは,福岡市博多区内の書店で,立ち読み中の女性のスカートの下に,バック内に隠し持っていたビデオカメラを差し入れた容疑(福岡県迷惑行為防止条例(以下「条例」)違反)で,博多警察署の警察官に逮捕されました。
警察から逮捕の通知を受けたAさんの妻は,弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

~ 下着が写っていなくても犯罪? ~

条例6条2項は以下の規定が設けられています。

6条2項 何人も,公共の場所又は公共の乗物その他の公衆の目に触れるような場所において,前項に規定する方法(人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法)で次に掲げる行為をしてはならない。
  
1号 通常衣服で隠されてる他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し,又は写真機、ビデオカメラその他これらに類する機器(以下この条において「写真機等」という。)を用いて撮影すること。
2号 前号に掲げる行為をする目的写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること

2号からすれば,写真機等を身体に向けただけで犯罪となります下着が写っていたかどうかは無関係)。
ただ,2号は1号の行為をする目的がなければ成立しない目的犯です。
目的があるかどうかは写真機等の大きさ・形状,犯行態様,犯行場所,犯行までに至る経緯,被害者の衣服の状況等を総合的に勘案して判断されると考えられます。

~ 国選弁護人と私選弁護人の違い ~

国選弁護人私選弁護人の大きな違いの一つに,逮捕段階では,私選でしか弁護人を選任できない国選の選任は勾留状が発せられた被疑者が対象)という点です。

逮捕から検察官の勾留請求まで最大で3日ありますが,この3日間で,様々な弁護活動が可能です。
例えば,検察官に対し,勾留請求しないよう意見書等を提出すること,裁判官に対し勾留状を発布しないよう意見書等を提出すること,マスコミ等に事件を報道しないように働きかけることなどです。

3日間というこの貴重な時間を迅速かつ有効に活用したいとお考えの方は,私選での弁護人選任をご検討されてはいかがでしょうか?
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件の0120-631-881初回接見サービス等のご予約を受け付けております。
博多警察署への初回接見費用:34,300円)

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

2017-07-26

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

大学生のAさんは、福岡市博多区内を走る電車内において、持っていたスマートフォンで盗撮をしていました。
すると、Aさんの盗撮に気付いた他の乗客に咎められ、駅員に引き渡され、通報を受けた福岡県博多警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、春から大手企業への就職が内定していたことから、Aさんの母親は、Aさんの将来を考え、すぐに刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
(この事案はフィクションです)

【事件のことを秘密にしたい】

今回のAさんの事例の場合、内定先の大手企業に盗撮逮捕されてしまったことを知られてしまったら、内定が取り消されてしまう可能性があります。
盗撮事件で逮捕された場合、逮捕の事実が報道されることによって逮捕が周囲に知られてしまう可能性もありますし、逮捕されれば身体拘束されてしまうわけですから、この逮捕による身体拘束自体の影響で、逮捕されたことが知られてしまう可能性もあります。

例えば、現に会社に勤めている人が盗撮事件で逮捕されて身柄を拘束された場合、数日間の休みであれば、病気などを理由にごまかすことは可能でしょうが、休みが長期化してしまうと、会社から不審に思われるのも無理もありません
そして、盗撮事件の内容や、被疑者の立場によっては、テレビや新聞で逮捕の事実が報道されて、会社に知られてしまうこともあります。

このような事態を防ぐには、①弁護士による身柄解放活動、②弁護士による盗撮事件の報道を阻止する活動を行っていく必要があります。

盗撮事件のことを誰にも知られないようにしたいという相談は少なくありません。
盗撮事件のことを秘密にしたいと思ったら、できるだけ早く弁護士に相談するなどの行動を行うことをお勧めします。
一度外に出てしまった情報は、取り返しがつきません。
少しでもそのリスクを減らすためには、早期に行動することが重要です。
一人で悩まず、専門家である弁護士に相談してみましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談いただければ、弊所の弁護士が速やかに弁護活動を始めます
弊所の福岡支部は、博多駅からわずか5分の場所にありますから、気軽に足を運んでいただけることと思います。
盗撮事件でお困りの方は、経験豊富な刑事事件に強い弊所福岡支部の弁護士に、是非、ご相談ください。
福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)