Archive for the ‘淫行・児童買春・児童ポルノ事件’ Category

福岡県 条例改正で自画撮り画像要求禁止へ 刑事事件弁護士解説 

2018-08-22

福岡県 条例改正で自画撮り画像要求禁止へ 刑事事件弁護士解説 

福岡県は,自画撮り画像の要求行為の禁止とそれに対する罰則を盛り込んだ福岡県青少年健全育成条例の改正案を,県議会9月定例会に提案する予定で,改正法の年内施行を目指しているとのことです。
(8月11日付西日本新聞ニュースを基に作成)

~ 自画撮り画像の要求行為の禁止 ~

近年,スマートフォンなどの普及にともない,少年少女がSNSなどで知り合った相手に騙されたり脅されたりして画像を送らされる被害が増加しており,福岡県内での18歳未満の青少年の自撮り画像の要求に係る被害は,2015年・23人,16年・31人,17年・47人と増加傾向にあるようです。
条例の改正はこうした傾向を受け,児童ポルノに係る被害を未然に防止すうことを目的とするものです。
つまり,児童買春児童ポルノ禁止法(略称)では,児童(18歳未満の者)に性的な画像データ等を送るよう要求しただけでは処罰の対象とはされず,実際にこれを入手した段階で,児童ポルノ製造罪所持罪などに問われることになっています。
そこで,条例では,こうした行為の前段階の行為としての児童ポルノ自画撮り画像)の要求行為を禁止しようとしているのです。

全国では,東京都,兵庫県,京都府が条例に同様の規定を設けています。
ちなみに,東京都青少年の健全な育成に関する条例18条の8では,
1号 青少年から拒まれたにもかかわらず,当該青少年に係る児童ポルノ等の提供を行うように求めること
2号 青少年を威迫し,欺き,若しくは困惑させ,又は青少年に対し対償を供与し,若しくはその供与の約束をする方法により,当該青少年に係る児童ポルノ等の提供を行うように求めること
を禁止しています(罰則:30万円以下の罰金)。

福岡県ではどのような規定にるか分かりませんが,詳細はおってご紹介いたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,援交淫行事件などの刑事事件のみを専門に取り扱う法律事務所です。
児童買春児童ポルノ等でお困りの方は,フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
無料法律相談初回接見サービス等を24時間受け付けています。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:35,000円)

【福岡県久留米市 児童買春周旋事件②】 児童買春者が出頭を検討

2018-08-13

【福岡県久留米市 児童買春周旋事件②】 児童買春者が出頭を検討

~ 昨日付コラムの続き ~

自称スカウト業のAさんが児童買春周旋の罪で逮捕されたことを知ったXさんは,自身も福岡県久留米警察署逮捕されるかもしれないと不安になって警察に出頭したいと考えています。
Xさんは,刑事事件に強い弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 児童買春 ~

Xさんの話によれば,XさんはAさん名義の口座に3万円を振り込んだ上,Vさん(16歳)と性交したとのことでした。
ただ,児童買春の場合,対償(お金など)の供与の相手方は児童以外にも

・ 児童に対する性交等の周旋をした者
・ 児童の保護者又は児童をその支配下に置いている者

とされていることから,やはり本件でも児童買春が成立しそうです。

Xさんは警察署への出頭を検討しているようですが,本件で出頭しても自首とはみなされないおそれがあります。
なぜなら,捜査機関が犯人や犯罪事実を特定する前に出頭しなければ自首とはみなされないところ,本件では,警察ですでに,Xさんを児童買春の犯人と特定している可能性が高いからです。
ただし,自首とはならなくても,逮捕を回避できたり,のちのち情状面で有利に働く可能性はありますから,どうすれば逮捕を回避できるのか,有利に考慮してもらえるのかは,弁護士からアドバイスを受けた方がいいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
弊所では,捜査機関への出頭へ同行する出頭同行サービスもご提供させていただいています。
同サービスでは,出頭の同項に加えて,警察との出頭日時の調整,本人へのアドバイス等もさせていただいています。
お困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
福岡県久留米警察署への出頭同行費用:40,700円)

【福岡県久留米市 児童買春周旋事件①】児童買春が芋づる式に発覚?

2018-08-12

福岡県久留米市 児童買春周旋事件① 児童買春が芋づる式に発覚?

自称スカウト業のAさんは,会社員の男性XさんとVさん(16歳)を引き合わせ,久留米市内のホテルで1回3万円で性交させたという児童買春法違反児童買春周旋の罪),児童福祉法違反(淫行させる行為)で,福岡県久留米警察署逮捕されました。
(フィクションです)

~ 児童買春周旋の罪 ~

児童買春周旋の罪は,児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(児童買春法)第5条に定めがあります。

 児童買春の周旋をした者は,5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し,又はこれを併科する

周旋とは,児童買春をしようとする者(Xさん)と児童買春の相手方となる児童(18歳未満の者,Vさん)との間に立って,児童買春が行われることを仲介することをいいます。
また,この場合,児童を淫行させたとして児童福祉法34条6号,60条1項に問われるおそれもあります。
淫行させたとは,児童(Vさん)をして他人(Xさん)を相手方として淫行させる場合などをいうからです。

~ 芋づる式に児童買春が発覚!? ~

児童買春周旋の罪の捜査では,Aさんが引き合わせた者は誰なのか特定しなければなりませんから,当然,児童買春をした者(Xさん),あるいはしようとした者にまで捜査の手が及ぶことが考えられます。
児童買春の周旋のみならず,児童買春も立派な犯罪(5年以下の懲役又は300万円の罰金)ですから発覚すれば逮捕されるおそれはあります。
このように,児童の裏に潜む業者などが摘発されたことをきっかけに児童買春を行った者が次々と摘発されていく事例も散見されます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
児童買春周旋,児童買春をしてお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
24時間,無料法律相談初回接見サービスを受け付けております。
福岡県久留米警察署への初回接見費用:36,300円)

【佐賀市の児童買春刑事事件】ホテル代を出して性交等 弁護士に相談

2018-08-08

佐賀市の児童買春刑事事件 ホテル代を出して性交 弁護士に相談

私は,先日,18歳未満のVさんと連絡を取り合ってホテルへ行き,Vさんとセックスをしました。
その際,お金などのやり取りはしていませんが,ホテル代は私が払いました。
私は,児童買春の罪逮捕されるのでしょうか?不安で,佐賀北警察署出頭しようかとも考えています。
(フィクションです)

~ 児童買春の罪 ~

児童買春は,児童等に対し,対償を供与し,又はその供与の約束をして,児童に対し性交等をすることをいいます。罰則は5年以下の懲役又は300万円以下の罰金です。

本件で,問題となり得るのは,ホテル代の支払いが「対償」と言えるかどうかだと思われます。
そこで,まず,対償の意義を確認しますと,対償とは,児童に対して性交等をすることに対する反対給付としての経済的利益をいいます。

この点,対償とは言えないとする立場からは,

・そもそも本件ホテル代は,あくまでホテル側に支払われている
・ホテル代を児童が支払うことは稀で,行為者側が支払うことが当事者で明示又は黙示的に合意されており,児童がホテル代の支払いを性交等の反対給付とは考えない

などいう意見があるようです。
しかし,例えば,ホテルに特殊な設備等があって児童が希望していたホテルだったとか,予約困難な人気のホテルで高額な料金が必要なホテルだったなどという場合は,対償とみなされるということも考えられます。

結局は,対償かどうかは,対償の供与等が児童の性交等に応じることへの意思決定に重要な影響を及ぼしたか,ホテル代が経済的にみてどれくらいの経済的価値があるのかなどの事情を考慮して決められるものと思われます。

児童買春の罪が成立しない場合でも,佐賀県青少年健全育成条例違反が成立する場合があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,援交淫行事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
児童買春でお困りの方は,0120-631-881までお気軽にお電話ください。
福岡支部は,福岡県の他,九州各県,山口県における刑事事件の弁護活動を承っており,無料法律相談初回接見サービスを,上記のフリーダイヤルにて受け付けております。
佐賀北警察署への初回接見費用:43,640円)

福岡県太宰府市で児童買春 職場への発覚を避けるには?弁護士に無料法律相談!

2018-07-07

福岡県太宰府市で児童買春 職場への発覚を避けるには?弁護士に無料法律相談!

有名企業に勤める会社役員のAさん(45歳)は,女子高生Vさん(17歳)に現金を渡した上でVさんと性交しました。
Aさんは,まだ警察の捜査を受けておらず,逮捕もされていませんが,もしそうなった場合に職場にだけはばれたくないと考えています。
そこで,Aさんは刑事事件に強い弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 児童買春 ~

児童(18歳未満の者)等に対して,対償を供与し,又はその供与の約束をして,当該児童に対し性交等をすることを「児童買春」といいます。
Aさんの行為は,まさに児童買春に当たるといえそうです。
児童買春の罰則は「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」です。

~ 職場への発覚を避けるには? ~

一番想定されるのは,Aさんが逮捕されたときでしょう。
逮捕されれば,通常の日常生活を送ることはできませんから,職場では「なぜAさんが出勤しないんだ」ということになり,職場から家族へ連絡がいき発覚する(警察から家族にはAさんが逮捕された旨の連絡がいきます)というケースです。
他にも,ご家族への連絡よりも先行して,マスコミによる報道で,職場が認知するというケースです。

以上からすれば,逮捕を回避できれば,職場への発覚も免れるかもしれません
児童買春逮捕なんて回避できるの??とお考えの方もいるかもしれません。
しかし,逮捕前に被害者側と示談を成立させるなどして,被害者がこれ以上,「加害者の処罰を求めない」「刑事事件化して,事件を公(裁判)にして欲しくない」と述べられた場合はどうでしょうか?
警察としては,そのような被害者からは捜査協力を得られないなどとみなし逮捕を控えるかもしれません。

青少年,児童(ともに18歳未満の者)と性交したという方は,何らかの犯罪に該当する可能性が高いです。
職場等への発覚を避けたいならば,早め早めに被害者側と示談交渉することが賢明です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の法律事務所です。
0120-631-881で,無料法律相談等を24時間受け付けております。

【福岡県糸島市の児童ポルノ事件】刑事事件に強い弁護士が解説

2017-11-21

福岡県糸島市の児童ポルノ事件 刑事事件に強い弁護士が解説

糸島市の会社員Aは、自宅のパソコンに児童ポルノを所持していたとして福岡県糸島警察署に逮捕されました。
(フィクションです)
福岡県の刑事事件に強い弁護士が児童ポルノ所持事件を解説します。
 
1 児童ポルノ所持
児童ポルノを所持すれば、児童ポルノ禁止法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び児童の保護等に関する法律)に抵触します。
児童ポルノ禁止法は、平成11年に施行された法律で、2度目の改正がなされた平成26年から、児童ポルノの単純な所持が禁止されました。
この法律で、「児童ポルノ」とは、衣服の全部又は一部を着けない児童(18歳未満の男女)の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するものだと定義されています。
児童ポルノを所持した場合の罰則は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が規定されています。

2 児童ポルノ禁止法の捜査
児童ポルノ禁止法によって、児童ポルノの所持が禁止された今でも、インターネット等を通じて容易に児童ポルノを入手する事ができてしまいます。
そのため、警察等の捜査機関は、インターネット上をパトロールしており、児童ポルノ関連サイトの閲覧履歴等から、児童ポルノ禁止法の被疑者を割り出しています。

児童ポルノ禁止法違反事件で警察の捜査を受ける事になれば、自宅や職場等を捜索される事があり、事件が周囲に知れてしまう虞があります。
また取調べでは、児童ポルノの入手先や、余罪についても捜査されることとなるので、事前に信頼できる刑事事件専門の弁護士に相談する事をお勧めします。

糸島市で児童ポルノ所持事件でお困りの方、ご家族、知人が警察に逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

【福岡県豊前市 児童買春】刑事事件専門の弁護士が勾留を阻止

2017-11-10

福岡県豊前市 児童買春 刑事事件専門の弁護士が勾留を阻止

会社員Aは、出会い系サイトで知り合った豊前市に住む女子高生(16歳)に現金2万円を渡して、わいせつ行為をしました。
半年後、児童買春の容疑で福岡県豊前警察署に逮捕されたAは、刑事事件専門の弁護士を選任しました。
この弁護士がAの勾留を阻止したことによって、Aは逮捕の二日後に釈放されました。
(この話はフィクションです)

1 児童買春とは
児童買春とは、児童に代償を渡し(約束し)、児童に対して性交等をすることです。
「児童」とは18歳未満を意味し、性別を問いません。
「性交等」とは、性交渉は当然のこと、その類似行為も含まれるので、自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等を触ったり、逆に、児童に自分の性器を触らせる行為も含まれます。

2 児童買春の罰則
児童買春は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」の第4条で禁止されています。
児童買春した者への罰則は「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が定められています。

3 児童買春の弁護活動
児童買春で逮捕された方のほとんどが、事件から相当時間経過してから警察に逮捕されています。
児童買春事件は、児童の補導や、児童に対する別件捜査によって発覚する事が多いためです。
児童買春の罰則は決して軽いものではないので、初犯であっても、逮捕された場合は、条件が揃えば勾留されてしまいます。
ただ刑事事件専門の弁護士を早期に選任することによって、検察官や裁判官にはたらきかけて、勾留を阻止することができます。
また弁護士が、児童、児童家族に対して謝罪したり、事件を起こした方の更生に向けた取り組み等の弁護活動をする事ができ、最終処分を少しでも軽くすることができます。

福岡県豊前警察署に逮捕された方のご家族、ご友人は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
当事務所は刑事事件を専門にする法律事務所です。
福岡県豊前警察署までの初回接見費用:47,280円

 

 

 

 

【福岡市博多区における児童買春事件で逮捕】 ~刑事事件専門の弁護士に相談~

2017-10-13

【福岡市博多区における児童買春事件で逮捕】 ~刑事事件専門の弁護士に相談~

福岡市博多区に住む会社員のAさんは,出会い系サイトで知り合ったVさんに,対価を払い,性的な関係を持ちました。
しかし,数日後,Aさんのところに福岡県博多警察署の警察官がやって来て,Vさんを買春したとして,児童買春の罪で逮捕されてしまいました。Aさんは,警察における取調べにおいて,Vさんは20歳と聞いており,Vさんが18歳未満であったことは知らなかった旨供述しています。Aさんは,自分の話を聞いてもらいたいと考えたことから,警察を通じて家族に連絡を取ってもらい,刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。

≪ 児童買春 ≫

児童買春は,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰に関する法律」によって,さまざまな規制がなされています。
この法律の第4条に「児童買春をした者は,5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処する」とあります。
また,行った行為が児童買春に当たらなかった場合,つまり,性交について金銭の授受がない場合であっても,18歳未満の者に対して,みだらな性行為又はわいせつな行為を行った場合,福岡県青少年健全育成条例で処罰を受ける可能性もあります。

≪ 年齢に関する知情性 ≫

児童買春が成立するには,一般的に「故意」が必要になります。
児童買春における「故意」とは,相手の女性が18歳未満であることを知っていたか否かということです。
実際の実務においては,女性が18歳未満の可能性があったにもかかわらず,十分な確認を怠った場合,事実を知っていたと同視できるとして,故意,つまり,18歳未満であることを知っていたと認定される場合がほとんどです。
児童買春における「故意」の認定については,一般論ではなく,個々の事件の状況などに基づいて慎重に判断する必要があるため,刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

≪ ご相談 ≫

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所,少年事件や刑事事件を専門に取り扱う法律事務所です。
弊所では,これまで多くの性犯罪事件を含む刑事事件を,所属している経験豊富な弁護士がで解決してきております。
福岡市博多区において児童買春事件で逮捕されたり,または,取調べを受けて困っているというお方は,是非弊所の無料法律相談又は初回接見サービスをご利用ください。

(福岡県博多警察署への初回接見費用:3万4,300円)

【福岡県大牟田市での児童買春】~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-09-08

【福岡県大牟田市での児童買春】~刑事事件専門の弁護士に相談!

大牟田市に住むAさんは,出会い系サイトで知り合ったVさんに,対価を払い,性的な関係を持ちました。
数日後,Aさんは,未成年の女子高生であるVさんを買春したとして,福岡県大牟田警察署の警察官によって,児童買春の罪で逮捕されてしまいました。
警察における取調べにおいて,Aさんは,Vさんから20歳であると聞いており,Vさんが18歳未満であったことは知らなかったと年齢に関する知情性否認しています。
Aさんは,自分の主張を聞いてもらいたいと思い,警察を通じ,家族に連絡を取ってもらい,刑事事件専門の弁護を頼んでもらいました。
(この事案はフィクションです)

【児童買春】
児童買春は,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰に関する法律」によって,様々な規制がなされています。
この法律の第4条に「児童買春をした者は,5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処する」とあります。
また,行った行為が児童買春に当たらなかった場合,つまり,性交について金銭の授受がない場合であっても,18歳未満の者に対して,みだらな性行為又はわいせつな行為を行った場合,福岡県青少年健全育成条例で処罰を受ける可能性もあります。

【年齢に関する知情性を否認】
児童買春が成立するには,一般的に「故意」が必要になります。
児童買春における「故意」とは,相手の女性が18歳未満であることを知っていたか否かということです。
実際の実務においては,女性が18歳未満の可能性があったにもかかわらず,十分な確認を怠った場合,事実を知っていたと同視できるとして,故意,つまり,18歳未満であることを知っていたと認定される場合がほとんどです。
児童買春における「故意」の認定については,一般論ではなく,個々の事件の状況などに基づいて慎重に判断する必要があるため,刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,児童買春などの性犯罪を取り扱った経験豊富な弁護士が多数在籍していますので,ご安心してご相談いただけます。
大牟田市でにおける児童買春事件で逮捕されたり,警察から呼び出されているなど,お悩みの方は,弊所の無料法律相談又は初回接見サービスをご利用ください。

福岡県大牟田警察署への初回接見費用:4万3,300円)

福岡県太宰府市の児童買春罪で逮捕~早期釈放に強い弁護士へ!

2017-07-09

福岡県太宰府市の児童買春罪で逮捕~早期釈放に強い弁護士へ!

福岡県太宰府市に居住する会社役員のAさんは、出会い系サイトで知り合った15~17歳の女子高生数人と、お金を渡して性行為を繰り返していました。
しかし、Aさんと性行為を行った女子高生の1人が警察に補導され、Aさんの児童買春の事実が発覚し、Aさんは、福岡県太宰府市を管轄する福岡県筑紫野警察署児童買春罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、Aさんが児童買春の容疑で逮捕されたことが会社に知られてしまうと解雇されてしまうのではないかと不安に思い、児童買春罪などの性犯罪に強い弁護士に釈放を求める弁護活動を依頼しました。
(この事案はフィクションです。)

児童買春罪】

児童買春罪とは、「18歳未満の児童」に対して「金銭を渡し」、あるいは「渡す約束」をして、「児童と性交等(性交若しくは性交類似行為)を行うこと」を言います。
児童買春罪の法定刑は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処するとされています。

児童買春罪以外にも、児童と性交等を行った場合、児童福祉法違反や福岡県青少年健全育成条例違反によって、警察による捜査を受けたり、場合によっては逮捕されてしまう可能性もあります。
その他、「児童が13歳未満であった場合」や「児童の同意がなかった場合」は、刑法の強姦罪(177条)、強制わいせつ罪(176条)に問われる可能性があります。

児童買春罪などの性犯罪事件では、加害者側に身に覚えがなくても、逮捕されたという事実が会社に知られて、解雇となってしまう可能性も十分にあります。
そのため、児童買春罪などの性犯罪事件で逮捕されたら、早期に釈放してもらえるよう、弁護士に釈放を求める活動を依頼することが重要です。
逮捕からの早期の段階で弁護士に活動してもらうことによって、釈放のために行える活動がより充実します。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間、無料相談や初回接見サービスの申し込みを受け付けています(0120-631-881)。
ご家族が児童買春罪などの性犯罪事件で逮捕され、ご心配な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談や初回接見サービスをお申込み下さい。
福岡県筑紫野警察署までの初回接見費用:3万6,800円)

« Older Entries Newer Entries »