Archive for the ‘未分類’ Category

福岡県久留米市の刑事事件(無免許運転幇助事件)で逮捕 弁護士に早期相談を!

2017-06-27

福岡県久留米市の刑事事件(無免許運転幇助事件)で逮捕 弁護士に早期相談を!

福岡県久留米市に住んでいる,Xさんはまだ教習所に通っている最中で免許を交付されてはいませんでした。
しかし、どうしても公道を運転したかったXさんはAさんに、車を貸してもらう許可を取り,Aさんの車を運転しました。
なお,AさんはXさんが無免許であることをわかっていました。
Aの車の走行中,たまたま久留米警察署の職務質問に会い,無免許運転が発覚し、Xさんは道路交通法違反の容疑で、逮捕されてしまいました。
その後,Aさんの元にも警察が任意の取り調べに来たため,不安になったXさんは刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

無免許運転
無免許運転は誰でも知っている犯罪と思われます。
運転免許証の交付を受けていないにもかかわらず,車などを運転したばあい,道路交通法違反となってしまいます。
ですから,上記Xさんは,道路交通法違反(無免許運転)として,罰せられる可能性があります。
初犯で悪質性が少ない場合,多くは罰金処分となると思われますが,再犯を繰り返しているような悪質性が高い場合には,懲役刑となる可能性もあるため,たかが無免許運転などという考え方はやめた方が良いでしょう。

無免許運転ほう助とは】
また,Aさんも,実は犯罪に問われる可能性がある行為をしていました。
それは車を貸し出す,つまりAさんの無免許運転という犯罪を手助けする行為です。

道路交通法は,無免許運転を行う可能性のあるものに車両を提供したり,運転者以外の立場で同乗したりすることを無免許運転のほう助にあたるとして禁止しています。
上記例のAさんは,このような行為にあたると考えられるため,捜査の対象になってしまったのでしょう。

もしも無免許運転ほう助の嫌疑でお困りの方は是非,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、刑事事件専門ですから,経験豊富です。
また,初回相談を無料で行っているため、皆様お気軽にご利用いただけます。
まずは相談予約だけでも、フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
久留米警察署までの初回接見費用:3万9000円)

福岡県北九州市の危険運転致傷事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士にお任せを!

2017-06-26

福岡県北九州市の危険運転致傷事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士にお任せを!

福岡県北九州市在住の建設作業員Aさんは、急いで次の現場に行くため、自動車を走らせていました。
急ぐあまり、交差点にて赤信号で停止中の前の車を避けて右折しようとし、反対車線にはみ出したところ、対向してきたトラックと衝突しました。
この事故でトラック運転手は全治2週間のけがを負いました。
Aさんは事故現場に駆け付けた福岡県警門司警察署の警察官によって、危険運転致傷罪の容疑で現行犯逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんのご家族はショックを受け、刑事事件に強い弁護士を探し始めました。
(※この事例はフィクションです。)

危険運転致傷罪とは】

危険運転致死傷は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律によって処罰されます。
この法律は、かつて刑法208条の2において規定されていた「危険運転致死傷」が,平成25年に11月に独立して規定されたものです。

この法律では、主に第2条および第3条において、どのような運転が「危険運転」か細かく規定されています。
簡単に説明すると、飲酒運転、薬物使用運転、スピードの大幅超過、無免許運転、妨害等運転、信号無視、通行禁止道路運転、重大な持病を知りながらの運転などが処罰されます。

法定刑は非常に重く、第2条に違反する者で、人を負傷させた者は15年以下の懲役、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役で処罰されます。

危険運転致傷罪と弁護活動】

上記のとおり、危険運転致傷罪はとても重い法定刑が科せられており、捜査機関が厳しい追及をする傾向にあります。
実務的には、危険運転致傷罪で逮捕されると、引き続き勾留される可能性が高い傾向にあります。
このような場合、勾留されてしまった方を一日でも早く身柄解放するためには、検察官に起訴されることを予想して保釈手続きを進めるなど、的確な刑事弁護の経験が重要です。

また、危険運転致傷の場合、初犯であっても数年の実刑になる判例があるため、早期に社会復帰するためには、早い段階から最善の弁護活動を尽くす必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、多くの交通事件を取り扱っております。
福岡県北九州市危険運転致傷事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談または初回接見サービスをご検討ください。
福岡県警門司警察署までの初回接見費用:40000円)

福岡市博多区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉に強い弁護士

2017-06-25

福岡市博多区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉に強い弁護士

福岡市博多区に住むAは、不倫相手の女性Vから突然別れ話を切り出され、慰謝料を請求されました。
Aは納得がいかず、Vの自宅や勤務先に何度も無言電話やファックスを送信し、また待ち伏せ等ストーカー行為を繰り返してたところ、福岡市博多区を管轄する博多臨港警察署の警察官に、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

ストーカー規制法違反とは】

ストーカー規制法では、「つきまとい等」、「ストーカー行為」を規制しています。
ストーカー規制法で規制されている「つきまとい等」の行為には、
・つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつく行為
・無言・連続した電話、ファクシミリ、電子メール、SNS等を送信する行為
等があります。

ストーカー規制法で規制されている「ストーカー行為」については
・同一の者に対して、「つきまとい等」を繰り返す行為
と定められています。

男女トラブル逮捕されたら弁護士に相談】

ストーカー規制法違反等、男女トラブルにより刑事事件となった場合、早期に身柄が解放され、またその後の処分を軽くするためには、被害者の方への謝罪や示談交渉、環境整備等が重要となります。

しかし男女トラブルが引き金となった刑事事件では、別れ話や金銭問題等、様々なトラブルが複雑に絡み合っていることも多く、被害者側も弁護士を依頼していることが多い傾向にあります。
そのため、加害者側の方も、早期身柄解放や、処分を少しでも軽くするためには、ストーカー規制法違反等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、ストーカー規制法違反等の男女トラブルに関する刑事事件の示談交渉等に多くの実績があります。
ストーカー規制法違反で家族が逮捕されてお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで初回接見をお申込み下さい。
博多臨港警察署 初回接見費用:3万5700円)

 

 

福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

2017-06-24

福岡県柳川市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 弁護士により観護措置を回避

福岡県柳川市内に住むA君(16歳)は,近所のショッピングモール内で,女子トイレに侵入し,盗撮行為を行っていました。
被害者Vが,盗撮に気づき,警備員を呼んだ後,A君は,駆け付けた福岡県柳川警察署に任意同行され,そのまま逮捕されてしまいました。
A君は,警察に「おそらく,家庭裁判所へ直送になり,観護措置が取られるのではないか?」と言われています。
A君の両親は,今後の少年事件の流れを,少年事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【女子トイレ内での盗撮
上記A君のように,公共の場所で盗撮行為をした場合,各都道府県の定める迷惑防止条例違反となります。
また,それだけではなく,女子トイレに正当な理由なく侵入しているわけですから,刑法上の建造物侵入にもあたることになります。
ただ,A君は少年ですから,(逆送されない限り)通常の成人事件と異なり,各条文が定めている刑罰が科されるというわけではなく,審判で処分が下されることになります。

観護措置
A君が逮捕された後,通常の刑事事件と同様,48時間以内に検察庁に送られて,24時間以内に,勾留をするか,勾留に代わる観護措置をとるか,釈放するかのいずれの請求をするかが決められます。
その際,そのまま事件を家庭裁判所へ送る(直送)判断がなされることも少なくありません。
その場合,家庭裁判所の裁判官が,そのまま身体拘束を続ける必要があるか否かの判断をします。
これが,観護措置をするか否かの判断です。
身体拘束が続くという点では,成人事件での勾留と変わりありませんが,観護措置の判断の際には,勾留の時には考慮しない点が考慮されることになります。
それは,心神鑑別の必要性の有無です。

少年の更生を最終的な目標としている少年法上,少年を自宅に返した場合に,更生のための環境が整っていないなどの場合には,観護措置決定が出されてしまう可能性が高いと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件・少年事件専門であり,数多くの観護措置決定回避を獲得してきました。
ご依頼者家族と一丸となって少年の更生できる環境を整えてきたための結果です。

福岡県柳川市少年事件逮捕され,お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
柳川警察署 初回接見費用:4万2300円)

【準強制わいせつ罪とは?】福岡県うきは市の示談に強い弁護士に逮捕の有無等を相談

2017-06-23

【準強制わいせつ罪とは?】福岡県うきは市の示談に強い弁護士に逮捕の有無等を相談

Aさんは、福岡県うきは市の居酒屋で、Vさんと食事をしていました。
帰り際、Aさんは、Vさんが泥酔していることをいいことに、Vさんの体を触ったり、服の中に手を入れたりしました。
Vさんは泥酔状態であるがためにすぐには抵抗できず、後日福岡県うきは警察署に被害届を提出しました。
Aさんは、福岡県うきは警察署から、準強制わいせつ罪の容疑で取調べをしたいと連絡を受け、逮捕されるかもしれない‥‥と,どうしていいか分からずにいます。
(※この事例はフィクションです。)

準強制わいせつ罪

準強制わいせつ罪とは、刑法178条1項に規定のある犯罪で、人の「心神喪失」や「抗拒不能」の状態に乗じて、もしくは人をそのような状態にさせ、わいせつな行為をした者を、強制わいせつ罪と同様に扱うというものです。
刑法176条に規定されている強制わいせつ罪の法定刑は、6月以上10年以下の懲役ですから、準強制わいせつ罪の法定刑も同様ということになります。
準強制わいせつ罪の言う「心神喪失」「抗拒不能」には、上記事例のVさんのような泥酔状態や、睡眠状態などが含まれます。

準強制わいせつ罪は、強制わいせつ罪と同じく、親告罪です。
親告罪とは、被害者の方等の告訴権者が告訴を行わなければ、起訴することのできない犯罪のことを言います。
そのため、準強制わいせつ事件を起こしてしまった場合、起訴前の早期の段階で、被害者の方へ謝罪・弁償などを行い、示談を締結することが重要な活動の1つとなります。
示談により、告訴を取り下げてもらったり、告訴をしないでもらうよう約束してもらうことが、不起訴処分の獲得へつながるからです。
しかし、準強制わいせつ罪などの性犯罪では、被害者の方との示談が複雑になりがちです。
専門家の弁護士に相談・依頼することで、少しでも円滑に、お互いにとって納得のできる示談を行える可能性を上げることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所ですから、準強制わいせつ事件などの性犯罪にかかわる示談交渉を数多く承っております。
初回の法律相談は無料となっておりますので、まずは弁護士と直接話したいという方にもお気軽にご利用いただけます。
初回無料法律相談のご予約は、0120-631-881まで、お電話ください。
福岡県うきは警察署までの初回接見費用:4万5240円)

福岡県朝倉市の脅迫事件で逮捕 迅速に刑事事件の被害者対応する弁護士 

2017-06-22

福岡県朝倉市の脅迫事件で逮捕 迅速に刑事事件の被害者対応する弁護士 

福岡県朝倉市の自営業者Aさんは,仲の悪い同僚に腹を立て「お前,殺すぞ」と言ってしまいました。
以前にも同様のことを言われており,身体への危険を感じたVさんは、福岡県朝倉警察署に通報し、被害届を出しました。
後日、Aさん宅にの朝倉警察署の警察官が訪れ、Aさんは脅迫罪の容疑で逮捕されました。
Aさん逮捕に驚いたAさんの奥さんは、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

脅迫罪
一般に、脅迫行為は、刑法222条「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫」する行為として処罰されます。

脅迫罪における「脅迫」は、相手の自由な意思決定が阻害される程度に害悪を告知することを意味します。
そして、これは本人の主観も踏まえた上で、客観的に見て相手の自由な意思決定を阻害するかどうか、という観点で判断されます。

また、脅迫罪の法定刑は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

なお、平成27年度の検察庁統計年報によれば、捜査機関が刑事事件として立件した恐喝罪のうち、被疑者が逮捕されたケースは74%に及びます。
よって、脅迫事件は一度事件化すれば高い確率で逮捕となり、その後の勾留へと続く可能性があります。

脅迫と弁護活動】
脅迫罪に対する弁護活動は、被疑者が罪を認めるのか否認するのかで大きく変わります。

罪を認める場合、被害者への謝罪や示談の締結、再発防止のための取組みを主張し、不起訴処分や執行猶予、軽い罪を獲得するよう動きます。

他方、脅迫行為を否認する場合、脅迫電話や文章、メール等の客観的証拠の有無を争います。
また、捜査機関の取調べにおいて、不当な自白をしないよう対処したり、被害者の供述の矛盾や変化を私的するなど活動します。

上記いずれの場合でも、脅迫罪で逮捕されそう、または逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に早期にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、多くの脅迫事件を取り扱っております。

福岡県朝倉市の脅迫事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
福岡県朝倉警察署への初回接見費用:41,900円)

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

2017-06-21

福岡県筑紫野市の少年事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(所持)で弁護士に相談

福岡県筑紫野市に住む少年A(19歳)は、不良仲間からもらった覚せい剤をポケットに入れて歩いていたところ,付近を警戒中だった筑紫野警察署の警察官から職務質問を受けました。
そして所持品検査の結果,少年Aは覚せい剤を所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反の被疑者として筑紫野警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
知らせを受けたAの家族は、今後に不安を覚え、少年事件覚せい剤取締法違反事件に強い弁護士に相談しました。

覚せい剤取締法違反(所持)とは】

覚せい剤の非営利目的による「所持」は、覚せい剤取締法違反の第41条の2、第1項において、10年以下の懲役刑が定められています。

物の「所持」については、直接手に触れていなくても、社会通念上本人の実力支配、管理の及ぶ範囲に保管していれば、「所持」とみなされるようです。

覚せい剤取締法違反の「所持」については,、「他人に知られないよう隠匿している場合」も「所持」として考えられているようです。
また覚せい剤を直接所持しておらず,他人に預けた場合でも「所持」が認められた事例もあります。

【少年が覚せい剤取締法違反で逮捕されたら】

捜査機関側に,所持品検査等で覚せい剤の「所持」行為が発覚した場合,少年事件であっても、覚せい剤取締法違反で逮捕、勾留されるケースが多い傾向にあります。

逮捕され,勾留が続くと,学校側に逮捕の事実が知られ,退学処分となる恐れもあります。

そのため逮捕後,早期に身柄の釈放を求める場合は,専門の弁護士に依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,24時間,無料相談や初回接見のお申し込みを受け付けています。
弊所の弁護士は,少年事件刑事事件専門の弁護士ですから,検察官や裁判官に対し,早期身柄の釈放を求めるための弁護活動のほか,今後再犯を防ぐためにも,少年の将来を考え,ご家族に寄り添った弁護活動を行います。

家族が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱える方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
筑紫野警察署 初回接見費用:3万6800円)

福岡県北九州市の児童買春罪で逮捕 性犯罪事件の早期身柄解放に強い弁護士

2017-06-20

福岡県北九州市の児童買春罪で逮捕 性犯罪事件の早期身柄解放に強い弁護士

福岡県北九州市に住む会社員Aは、インターネットの出会い系サイトで知り合った女子高生に対し、金銭を渡して性交を繰り返していたところ、福岡県北九州市を管轄する八幡東警察署の警察官に児童買春罪逮捕されました。
Aの家族は、Aが児童買春罪逮捕されたことが職場に知られないよう、性犯罪事件の早期身柄解放に強いと評判の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです。)

児童買春罪とは】

児童買春とは、「18歳未満の児童」に対して「金銭を渡し」、あるいは「渡す約束」をして、「児童と性交等を行うこと」とされています。
児童買春で規制する「性交等」については、性器をさわったり、触らせたりする行為も対象とされています。

児童買春罪等性犯罪逮捕されたら】

児童買春罪等性犯罪事件逮捕された場合、被害児童と面識があり接触の恐れがあること等から、勾留が長引く可能性があります。
逮捕され、警察の留置所から出られず欠勤が続くと、勤務先に逮捕の事実を伝えなければならない可能性もあります。

児童買春罪等の性犯罪事件では、身に覚えがない場合でも、逮捕されたことを知られると、社会的信用性にも関わる事件だけに解雇となる恐れも十分にあります。

そのため児童買春罪等の性犯罪事件で逮捕された場合、勾留がつかないよう、検察官や裁判官に対して、早急に身柄解放活動をすることが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間無料相談、初回接見の申し込みを受け付けています。
弊所では、金曜日夜に逮捕された場合でも、土日に弁護活動を行うことにより、早期に身柄が解放され、月曜日には通常どおり出勤できた事例も数多くあります。

ご家族が児童買春等性犯罪事件で逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談、初回接見をお申込み下さい。
八幡東警察署 初回接見費用:4万1640円)

福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

2017-06-19

福岡県北九州市の詐欺事件で逮捕  携帯電話機の売買に関する事件に強い弁護士

福岡県北九州市に住むAは、インターネットの掲示板に掲載されていた携帯電話機の売買に興味を持ち、他人名義で携帯電話を購入しようとしたところ、通報を受けて駆け付けた福岡県小倉北警察署の警察官に詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
(フィクションです。)

携帯電話機の売買に関する法律】

オレオレ詐欺、還付金詐欺等を行う組織犯罪では、そのツールとして携帯電話機、預貯金口座などが使われます。
そのため、携帯電話機等の売買事件は現在も後を絶ちません。
携帯電話機の売買に関する事件では、その犯行形態により該当する法律が変わります。
不正に利用する目的で自分の携帯電話機を契約した場合、詐欺罪に問われます。
また、他人名義で契約した場合も詐欺罪となます。
その他、自分の名義で契約した携帯電話機を、携帯電話会社に無断で譲り渡した場合は、携帯電話不正利用防止法違反に問われます。

携帯電話の売買逮捕されたら】

携帯電話の売買に関する事件では、携帯電話の購入時に身分証の提示や、契約書への署名行為を求められるため、詐欺罪の他、公文書偽造、有印私文書偽造等に問われる場合もあるので注意が必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、詐欺罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、携帯電話の売買に関する事件で逮捕された場合も、早期身柄の釈放等について、迅速、適切なん弁護活動を行い、少しでも軽い処分を目指します。
ご家族が、詐欺罪等の携帯電話の売買に関する事件で逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、無料相談をお申込み下さい。
福岡県小倉北警察署 初回接見費用 3万7800円)

早期接見の刑事事件に強い弁護士所属 福岡市南区の大麻所持事件で逮捕されたら

2017-06-18

早期接見の刑事事件に強い弁護士所属 福岡市南区の大麻所持事件で逮捕されたら

Aさんは、福岡市南区の路上で、大麻を所持していたとして、福岡県南警察署の警察官に、大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、Aさんが逮捕されたとの知らせを警察から受けましたが、どうして逮捕されたのかなどの事情は教えてもらえませんでした。
驚き、不安になったAさんの家族は、福岡県南警察署まで行きましたが、逮捕直後とのことでAさんとは会えずじまいでした。
困ったAさんの家族は、福岡市内で刑事事件に強いと評判の弁護士に、接見を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・大麻で逮捕されたらすぐに接見

無許可で大麻を所持することは、大麻取締法で禁止されています。
大麻などの違法薬物に関連した刑事事件では、上記事例のAさんのように、逮捕などによる身体拘束をされるケースが非常に多いです。
大麻など違法薬物は、組織的な犯罪にかかわっていたり、証拠隠滅が容易であったりすることが多いからのようです。
さらに、売人などの販売ルートの捜査などに時間がかかるために、逮捕後も勾留がなされて身体拘束が続く可能性も高いようです。

上記事例のAさんの家族は、逮捕直後にAさんに会いに福岡県南警察署を訪れていますが、Aさんには会えませんでした。
このように、逮捕直後はご家族であっても被疑者本人に会うことはできません。
しかし、Aさんの家族は、なぜAさんが逮捕されてしまったのかなどの詳しい事情も聴けていません。
なぜ逮捕されたのか、どのような事件なのかは、被疑者にとって非常にプライベートに踏み込んだことなので、逮捕した警察も、なかなか第3者に教えてくれないことがあるのです。
逮捕された事情もよく分からず、しかし逮捕された直後は本人に会えないとなれば、ご家族の不安は計り知れないほど大きいでしょう。

そんな時こそ、刑事事件に強い弁護士接見を依頼しましょう。
弁護士であれば、逮捕直後でも関係なく、被疑者本人と接見=面会して話をすることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、刑事事件専門の強みを生かし、迅速に接見を行います。
お身内が大麻所持事件逮捕されてお困りの方は、まずは弊所の弁護士の、初回接見サービスをご利用ください。
福岡県南警察署までの初回接見費用:3万5,900円)

« Older Entries