Archive for the ‘暴力事件’ Category

福岡県朝倉市の脅迫事件で逮捕 迅速に刑事事件の被害者対応する弁護士 

2017-06-22

福岡県朝倉市の脅迫事件で逮捕 迅速に刑事事件の被害者対応する弁護士 

福岡県朝倉市の自営業者Aさんは,仲の悪い同僚に腹を立て「お前,殺すぞ」と言ってしまいました。
以前にも同様のことを言われており,身体への危険を感じたVさんは、福岡県朝倉警察署に通報し、被害届を出しました。
後日、Aさん宅にの朝倉警察署の警察官が訪れ、Aさんは脅迫罪の容疑で逮捕されました。
Aさん逮捕に驚いたAさんの奥さんは、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

脅迫罪
一般に、脅迫行為は、刑法222条「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫」する行為として処罰されます。

脅迫罪における「脅迫」は、相手の自由な意思決定が阻害される程度に害悪を告知することを意味します。
そして、これは本人の主観も踏まえた上で、客観的に見て相手の自由な意思決定を阻害するかどうか、という観点で判断されます。

また、脅迫罪の法定刑は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

なお、平成27年度の検察庁統計年報によれば、捜査機関が刑事事件として立件した恐喝罪のうち、被疑者が逮捕されたケースは74%に及びます。
よって、脅迫事件は一度事件化すれば高い確率で逮捕となり、その後の勾留へと続く可能性があります。

脅迫と弁護活動】
脅迫罪に対する弁護活動は、被疑者が罪を認めるのか否認するのかで大きく変わります。

罪を認める場合、被害者への謝罪や示談の締結、再発防止のための取組みを主張し、不起訴処分や執行猶予、軽い罪を獲得するよう動きます。

他方、脅迫行為を否認する場合、脅迫電話や文章、メール等の客観的証拠の有無を争います。
また、捜査機関の取調べにおいて、不当な自白をしないよう対処したり、被害者の供述の矛盾や変化を私的するなど活動します。

上記いずれの場合でも、脅迫罪で逮捕されそう、または逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に早期にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、多くの脅迫事件を取り扱っております。

福岡県朝倉市の脅迫事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
福岡県朝倉警察署への初回接見費用:41,900円)

福岡県行橋市の傷害事件で被害届 警察に捜査・逮捕される前に弁護士に相談

2017-06-07

福岡県行橋市の傷害事件で被害届 警察に捜査・逮捕される前に弁護士に相談

福岡県行橋市に住むAさんはスナックで、その場にいたVさんとトラブルから口論になりました。
口論の最中、ついカッとなったAさんは手を出し、Vさんの顔を殴り骨折を負わせてしまいました。
Vさんは「被害届を出すぞ」とAさんに詰め寄り、金銭での償いを要求しました
しかし、Aさんは手元に持ち合わせがなく、お互い酔っていたこともあり、その場を後にしました。
翌日Aさんは、示談でいくら金銭を要求されるのかということと、被害届を本当に出された場合の不安があったため近くの弁護士に相談しました。
(フィクションです)

被害届が出されたら】
警察は被害届を受けた場合、被疑者や被害者の取調べをする、客観的証拠を集めるなど、いわゆる捜査が行われます。
その捜査段階において、被疑者が逮捕され、身柄が長期間拘束される場合もあります。
逮捕された場合、家族は面会できないケースがほとんどです。
これらによるAさんが受けるであろう損失は計り知れません。

【示談を行うとしたら】
被害者との示談交渉は弁護士を入れて行うのが一般的です。
個々人でその場でお金を払えば解決する、と考える方も多いですがやはり専門家で法律的知見のある弁護士を入れるべきです。
弁護士をいれるメリットとしては、例えば、示談金額の相場を把握している弁護士が適切な金額で交渉できるという点や、きちんとした書面で示談を行うため、後々のトラブルを防ぐことができるという点等があげられます。
示談がなされれば、警察は被害届が出ていたとしても、当事者間での和解は行われていると考え、事件化しない(検察官へ送致しない)ケースも少なくありません。

弊社の弁護士刑事事件専門の弁護士ですから、示談も数多く経験しています。
福岡県行橋市傷害事件の示談活動などでお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
行橋警察署 初回接見費用:4万4140円)

福岡県北九州市戸畑区の暴行事件で罰金 刑事事件専門弁護士の活躍により不起訴に

2017-06-04

福岡県北九州市戸畑区の暴行事件で罰金 刑事事件専門弁護士の活躍により不起訴に

福岡県北九州市戸畑区内に住むAさんは、仕事のことでイライラしており、大声で、道端で話していたVさんに腹を立てて、Vさんの胸ぐらをつかんで殴るなどの暴行をしました。
Aさんは、戸畑警察署暴行の容疑で捜査を受けています。
また、戸畑警察署の警察官には、「罰金になるだろう」と言われています。
Aさんは不起訴などの可能性はないのか、刑事事件専門の事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

暴行罪罰金
他人に暴行を行ったものは、「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」に処せられます(刑法208条)。

暴行罪を行った場合、初犯で悪質性もなければ、上記警察官が言っているように、罰金処分などがなされる可能性が高いといえます。
ただ、どのような刑罰を処すのかについては、警察官には権限はありません。
その権限があるのは、検察官になります。
ですから、たとえ、警察が「おまえはブタ箱(刑務所)行きだ!」と言ったとしても、刑務所へは行かず執行猶予判決であったり、罰金であったりする可能性もあります。
逆に、「罰金になるだろう」と言っていたとしても、実際は犯行の悪質性が認められ、「執行猶予付き判決」になる可能性もあります。

もっとも、罰金であろうが執行猶予付き判決であろうが、刑罰を科されていることには変わりありませんので、「前科」がついてしまうことになります。
できれば、「前科」を避けたいと考えるのが多数の方でしょう。
そのような場合は、被害者さんにきちんと謝罪と賠償をすること、そして、その事実や再犯防止策等を検察官にきちんと主張することで、不起訴を目指すことが大事になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件のみを扱ってきました。
罰金見込みの暴行事件で不起訴を獲得したこともあります。

福岡県北九州市戸畑区暴行事件で、罰金を避け不起訴になりたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
戸畑警察署 初回接見費用:4万1000円)

北九州市門司区の傷害罪で逮捕 少年事件の観護措置決定回避を目指す弁護士

2017-06-02

北九州市門司区の傷害罪で逮捕 少年事件の観護措置決定回避を目指す弁護士 

福岡県北九州市門司区に住む高校3生のA(18歳)は、不良仲間と一緒に、別の不良グループの一員を集団で殴り、傷害を負わせてしまいました。
その件で、福岡県門司警察署の警察官に傷害罪の被疑者として逮捕されてしまいました。
Aは、高校卒業後、大学への進学も考えていたことから、不安に思った両親は、少年事件傷害罪等の刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

傷害罪とは】

傷害罪は、刑法第204条に定められ、法定刑は15年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。
傷害罪における傷害の定義は、「人の生理的機能を害すること」とされています。

少年事件による傷害罪の注意点】

門司区のAのように、不良グループ同士の喧嘩等、少年事件による傷害罪では、取り調べの対応に注意が必要なことがあります。
なぜなら、少年事件では、「仲間をかばって真実と異なり不利な供述をしてしまった」という事例もよくあるからです。
また、少年事件傷害罪では、「相手方からの反撃を回避するため暴行した」というケースもあります。
このような場合、弁護士に弁護を依頼することで、正当防衛を主張して審判不開始や不処分を獲得できる可能性も高まります。

観護措置決定に対する弁護活動】

少年事件では、家庭裁判所へ事件が送致された後、さらなる身体拘束の必要性があると判断された場合、「観護措置」という手続きが行われます。
弁護士は付添人として適切な弁護活動を行い、観護措置決定を阻止するための活動や観護措置決定に対する異議申し立てを行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件傷害罪等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
少年が傷害罪逮捕されている場合、勾留や観護措置を避けるために早い段階で初回接見を行い、取り調べを協議する等適切な弁護活動を行います。
少年が傷害事件で逮捕され、不安な方はぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずはお問合せ下さい。

門司警察署 初回接見費用:4万円)

福岡県福岡市南区の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

2017-05-22

福岡県福岡市南区の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

福岡市南区に住むAさんは、職場の飲み会の帰り道、タクシーに乗った際、酔っぱらった勢いで運転手を殴って暴行を加えてしまい、通報を受けた福岡県南警察署の警察官に、暴行罪逮捕されました。
知らせを受け突然のことに驚いたAさんの家族は、暴行罪等の刑事事件の示談交渉に強いと評判の、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士初回接見を申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪とは】
暴行罪とは、刑法第208条で定められ、法定刑は2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留又は科料です。
暴行罪は、人に「暴行」を加えることで成立します。
暴行罪では「暴行」行為について、「人の身体に対する有形力の行使」とされています。
暴行罪のよくある事例は、殴る、蹴る等などがありますが、暴行行為により、傷害の結果が伴うと「傷害罪」となります。
暴行罪における「暴行」行為は、人に向けられていれば足りますので、被害者に的な接触をしていない場合でも暴行罪が成立します。

暴行罪逮捕されたら示談交渉に強い弁護士
暴行罪逮捕された場合、加害者本人が暴行の事実を認めているケースでは、暴行を受けた被害者の方への謝罪や示談交渉が大切です。
しかし、暴行罪等の刑事事件では、被害者の方は被疑者側との直接の交渉に不安を抱く方も多いです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、示談交渉に精通しています。
弊所の弁護士は、適切な示談交渉により、当事者間の解決を図り、不起訴処分や刑罰の量刑を軽くする活動等に実績があります。
暴行罪の発生は、夜中も多く、その場で現行犯逮捕されるケースもありますが、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間お電話で初回接見の申し込みを受け付けております。

ご家族が暴行罪等の刑事事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは初回接見をお申込み下さい。
福岡県南警察署 初回接見費用:3万5900円)

福岡県福岡市博多区の刑事事件で示談交渉 傷害罪で逮捕されたら弁護士に無料相談

2017-05-17

福岡県福岡市博多区の刑事事件で示談交渉 傷害罪で逮捕されたら弁護士に無料相談

福岡県福岡市博多区に住むAさんは、居酒屋でお酒を飲んだ帰り道、通行中の人を殴ってケガをさせてしまい、通報を受けた福岡県博多警察署の警察官に傷害罪逮捕されました。
福岡県博多警察署から逮捕の連絡を受けたAさんの家族は、突然のことに驚き、被害者の方への謝罪や示談交渉に強い、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に無料相談を申し込みました。
(フィクションです。)

傷害罪とは】

傷害罪は、「人」を「傷害させたこと」が成立要件となります。
傷害罪で逮捕されるケースとして、知り合い同士の喧嘩や男女トラブの他、お酒に酔って殴ってしまった等様々な事案があります。
傷害罪の法定刑は、15年以下の懲役、50万円以下の罰金です。
傷害罪で逮捕されて刑事裁判になると、懲役刑や罰金刑などの刑罰を受ける可能性があります。

示談交渉なら刑事事件専門の弁護士

傷害罪等、被害者の方がいる刑事事件逮捕された場合、早期に身柄解放を目指すためには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。
しかし、加害者が逮捕されている場合、被害者の方へ直接謝罪や示談交渉はできません。
また傷害罪等、刑事事件の被害者の方は、被疑者側との交渉に不安を覚える方もいます。
そのため、傷害罪等の刑事事件逮捕されたら、刑事事件専門の弁護士示談交渉等の弁護を依頼することをお勧め致します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、傷害罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、刑事事件示談交渉等に精通しています。
弊所の弁護士による適切な示談交渉の結果、傷害罪で逮捕されても不起訴処分となった事案も少なくありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の法律相談はすべて無料となっております。
ご家族が傷害罪等の刑事事件で逮捕されお困り方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
福岡県博多警察署 初回接見費用:3万4300円)