Archive for the ‘性犯罪’ Category

【八女市において監護者わいせつ罪で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談!

2017-08-15

【八女市において監護者わいせつ罪で逮捕】~刑事事件に強い弁護士に相談!

八女市に住むAさんは,妻の連れ子であった14歳の娘に対し,日常的にわいせつな行為を行っていました。
その後,児童相談所から連絡を受けた八女警察署が捜査を開始し,後日,Aさんは,監護者わいせつの容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんが逮捕されたことを知った両親は,刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(この事案はフィクションです)

【監護者わいせつ罪】(新設)
上記事案の場合,Aさんは娘に対して暴行脅迫を用いていないため,強制わいせつ罪ではなく,このたびの刑法改正で新設された「監護者わいせつ罪(刑法第179条第1項)」が成立することになります。
新設された刑法第179条第1項では「18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は,第176条の例による」と規定されていますので,監護者わいせつ罪で起訴された場合,6月以上10年以下の懲役刑が科せられる可能性があります。

また,ここでいう「現に監護する者」とは,「現にその者の生活全般にわたって、衣食住などの経済的な観点,このようなものから依存,被依存ないし,保護・被保護の関係が認められ,かつ,その関係に継続性が認められることが必要である」と衆議院法務委員会で説明されています。

今回の事件の被害者は、妻の連れ子でAさんと血縁関係はありませんが、Aさんは同居をしている義理の父親ということになりますので,Aさんは「現に監護する者」に当たると考えられます。
そのため、義理の父親としての影響力があることに乗じて未成年者にわいせつな行為を行ったとして,監護者わいせつ罪が成立することになります。
また,監護者わいせつ罪は,親告罪ではありませんので,起訴にあたって被害者の告訴は必要ありません。

刑事弁護活動においては,法律改正にも敏感に反応し,迅速に理解・対応する必要があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件や少年事件を専門に多数取り扱っており、これまでにも多くの事件で成果を収めてきました。
弊所の弁護士は、今回の法改正にも速やかに対応し,ご相談を受けております。

八女市において,ご家族やご友人が監護者わいせつ罪で逮捕されてお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に所属する刑事事件に強い弁護士にご相談ください。

(八女警察署への初回接見費用:4万4,900円)

【小郡市における児童買春事件】~刑事事件に強い弁護士に依頼!

2017-08-13

【小郡市における児童買春事件】~刑事事件に強い弁護士に依頼!

小郡市に住む会社員のAさんは,出会い系サイトで知り合った女性Vさんに対価を払い性的な関係を持ちました。
後日,Aさんは,未成年の女子生徒であるVさんを買春したとして,小郡警察署の警察官によって児童買春の容疑で逮捕されました。
警察での取調べにおいて,Aさんは,Vさんから19歳であると聞いており,18歳未満であるとは知らなかったと主張しています。
Aさんは,自分の主張を通したいと思い,警察を通じて家族に連絡を取ってもらい,刑事事件に強い弁護士を頼んでもらいました。
(この事案はフィクションです)

【児童買春】
児童買春は,「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰に関する法律」によって規制がなされています。
この法律の第4条に「児童買春をした者は、5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処する」旨規定されています。
また,犯罪行為が児童買春に当たらなかった場合,つまり,性交について金銭の授受がない場合であっても,18歳未満の者に対しみだらな性行為又はわいせつな行為を規制する福岡県青少年健全育成条例で処罰を受ける可能性もあります。

【児童買春の事実を否認】
児童買春という犯罪が成立するにあたっては,一般的に「故意」が必要になります。
ここでいう「故意」とは,「相手の女性が18歳未満であるとは知らなかった」ということが認定されるかどうかという問題があります。
しかし,現在の実務においては,女性が18歳未満の可能性があったにもかかわらず,十分な確認を怠った場合,事実を知っていたと同視できるとして,故意、つまり、18歳未満であることを知っていたと認定される場合が多いです。
児童買春における故意の認定については,一般論ではなく,個々の事件の状況などに基づいて慎重に判断する必要があるため,刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,児童買春などの性犯罪を取り扱った経験豊富な弁護士が多数在籍していますので,ご安心していただけます。
小郡市での児童買春逮捕されたり,お悩みの方は,弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。

(小郡警察署への初回接見費用:3万9,300円)

【風営法違反事件で従業員が逮捕!】~経営者が刑事事件専門の弁護士に依頼

2017-08-07

【風営法違反事件で従業員が逮捕!】~経営者が刑事事件専門の弁護士に依頼

Aさんは,公安委員会から風俗営業の許可受けをて,福岡市博多区で風俗店を経営していました。
しかし,ある日,Aさんが経営する風俗店の従業員Bさんが,風俗店の近くの路上で,通行人に対して客引き行為をしたということで,福岡県博多警察署の警察官に,風営法違反の罪で逮捕されてしまいました。
Bさんが逮捕されたことを知った風俗店の経営者であるAさんは,Bさんのことや今後のことを心配し,刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

風営法違反とは】
風営法違反とは,正しくは,「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反」のことです。
客引き行為は,風営法第22条第1号に「風俗営業を営む者は,営業に関し客引きすること」、同条第2号に「風俗営業を営む者は,営業に関し客引きをするため,道路その他公共の場所で,人の身辺に立ちふさがり,又はつきまとうこと」と,客引き行為を禁止しています。

上記事案の場合,風営法第22条第1号に該当することになります。

この風営法第22条は,風俗営業を営む者が当該営業を営むに当たって遵守しなければならない事項のうち,直接罰則で担保する必要があるものを風営法上の遵守事項と区別し,禁止行為として定めた規定です。
風俗営業を営む者の禁止行為が法律事項となっているのは,営業者はもとより利用者の利便にも視するからです。
また,第22条の規定は,風俗営業を営む者であって風俗営業者に限られない。つまり,無許可で風俗営業を営む者についても,この規定が適用されることになります。

客引き行為をした者(行為者)は,法律上,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
また,客引き行為は,行為者を罰するだけではなく,当該法人の代表者なども法律上,罰金を科せられることになります(両罰規定)。

上記事案では,従業員であるBさんが客引き行為をして逮捕されていますので,仮にBさんが何らかの刑事処分を受けることになれば,その風俗店の経営者であるAさんも罰金の刑事処分を受ける可能性があります。

そのため、従業員や経営者の方が,客引き行為などの風営法違反事件で取調べを受けたり,または逮捕されたりしてご不安やお悩みの方は,経験豊富な刑事事件専門の弁護士がいる弊所までご相談ください。
経験豊富な刑事事件専門の弁護士が、依頼者の立場に立ち、迅速かつ適正な弁護活動に取り組ませていただきます。

(福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)

福岡市中央区で逮捕なら…強制性交等罪(旧強姦罪)に強い弁護士へ

2017-07-29

福岡市中央区で逮捕なら…強制性交等罪(旧強姦罪)に強い弁護士へ

Aさんは、福岡市中央区の飲食店で知り合った女性Vさんと意気投合し、その後、2人でホテルへ行きましたが、Vさんは性行為に及ぶ気になれず、Aさんを拒否し続けましたが、AさんはVさんの言葉を聞き入れずに性行為に及びました。
後日、AさんのところにVさんの代理人である弁護士がやって来て、「先日の夜の出来事でVさんは傷ついている。謝罪や賠償がなければ、福岡県中央警察署に訴える」などと告げられました。
Aさんは、このままでは強制性交等罪(旧強姦罪)で逮捕されるかもしれないと不安になり、Aさんは、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

強姦罪から強制性交等罪へ】

今年7月13日に施行された改正刑法で、強姦罪は、新しく「強制性交等罪」となりました。
強姦罪から強制性交等罪になったことで、何が変化したのでしょうか。

・法定刑の厳罰化
強姦罪では3年以上の有期懲役だった法定刑が、強制性交等罪では、5年以上の有期懲役に引き上げられました。
・被害者
強姦罪では被害者は女性のみが対象でしたが、強制性交等罪では、被害者の対象が「男性」及び「女性」になりました。
・肛門や口腔への性行為
改正前、これらは強制わいせつ罪で処罰されていましたが、強制性交等罪で処罰されることになりました。
・検察官が起訴するに際し、被害者の告訴の必要性
強姦罪では告訴が必要(親告罪)とされていましたが、強制性交等罪は非親告罪となりました。

上記のように、強制性交等罪は非親告罪となりましたから、被害者が告訴を取り下げたとしても、起訴される可能性が残ることとなりました。
ですが、強姦罪であろうと強制性交等罪であろうと、被害者の方にきちんと謝罪と賠償を行うことは、今後の処分に大きく影響を与えます。
そうはいっても、被害者の方は、大きな恐怖感と処罰感情を抱いている方が多く、すんなりと謝罪や賠償を受け入れてもらえることは稀です。
そのため、被害者の方に対する謝罪や賠償を行うためには、弁護士など第三者を入れることが重要だと言えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですから、強制性交等事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県中央警察署までの初回接見費用:3万5,000円)

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

2017-07-26

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕されたことを秘密に~刑事事件専門の弁護士

大学生のAさんは、福岡市博多区内を走る電車内において、持っていたスマートフォンで盗撮をしていました。
すると、Aさんの盗撮に気付いた他の乗客に咎められ、駅員に引き渡され、通報を受けた福岡県博多警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、春から大手企業への就職が内定していたことから、Aさんの母親は、Aさんの将来を考え、すぐに刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
(この事案はフィクションです)

【事件のことを秘密にしたい】

今回のAさんの事例の場合、内定先の大手企業に盗撮逮捕されてしまったことを知られてしまったら、内定が取り消されてしまう可能性があります。
盗撮事件で逮捕された場合、逮捕の事実が報道されることによって逮捕が周囲に知られてしまう可能性もありますし、逮捕されれば身体拘束されてしまうわけですから、この逮捕による身体拘束自体の影響で、逮捕されたことが知られてしまう可能性もあります。

例えば、現に会社に勤めている人が盗撮事件で逮捕されて身柄を拘束された場合、数日間の休みであれば、病気などを理由にごまかすことは可能でしょうが、休みが長期化してしまうと、会社から不審に思われるのも無理もありません
そして、盗撮事件の内容や、被疑者の立場によっては、テレビや新聞で逮捕の事実が報道されて、会社に知られてしまうこともあります。

このような事態を防ぐには、①弁護士による身柄解放活動、②弁護士による盗撮事件の報道を阻止する活動を行っていく必要があります。

盗撮事件のことを誰にも知られないようにしたいという相談は少なくありません。
盗撮事件のことを秘密にしたいと思ったら、できるだけ早く弁護士に相談するなどの行動を行うことをお勧めします。
一度外に出てしまった情報は、取り返しがつきません。
少しでもそのリスクを減らすためには、早期に行動することが重要です。
一人で悩まず、専門家である弁護士に相談してみましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談いただければ、弊所の弁護士が速やかに弁護活動を始めます
弊所の福岡支部は、博多駅からわずか5分の場所にありますから、気軽に足を運んでいただけることと思います。
盗撮事件でお困りの方は、経験豊富な刑事事件に強い弊所福岡支部の弁護士に、是非、ご相談ください。
福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)

福岡県飯塚市の公然わいせつ事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-07-23

福岡県飯塚市の公然わいせつ事件で逮捕~刑事事件に強い弁護士に相談

福岡県飯塚市に住む会社員のAさんは、仕事のストレスから、帰宅途中の道路上に停車中の自動車内において、おもむろに自己の下半身を露出しました。
目撃者の通報によって駆けつけた警察官に職務質問されたAさんは犯行を認め、福岡県飯塚市を管轄する福岡県飯塚警察署に任意同行された後、公然わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの逮捕を聞いた父親は、刑事事件に強い弁護士に相談することに決めました。
(この事案は、フィクションです)

公然わいせつ罪

公然わいせつ罪は、刑法174条に、「公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と規定されています。
公然わいせつ罪の言う「公然と」とは、不特定又は多数人の認識しうる状態をいい、実際に認識される必要はありません。
また、「わいせつな行為した」とは、行為者又はその他の者の性欲を刺激興奮又は満足させる動作であって、普通人の正常な羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものを言います。

例えば、人通りの多い道路上で、自己の陰部を露出させたものの、偶然にも通行人は誰もそれに気付かなかったというような場合でも、公然わいせつ罪が成立します。

上記事案においても、Aさんは、道路上に停車させた自動車内において下半身を露出している訳ですから、これは、不特定多数の人がAさんの行為を認識しうる可能性があり、Aさんには公然わいせつ罪が成立します。

福岡県飯塚市において、公然わいせつ罪刑事事件に強い弁護士をお探しの方は、経験豊富な弁護士が所属しているあいち刑事事件総合法律事務所まで、お気軽にご相談ください。
福岡県飯塚警察署への初回接見費用:4万200円)

性犯罪の刑事事件で示談交渉に強い弁護士!福岡県北九州市で逮捕されたら

2017-07-16

性犯罪の刑事事件で示談交渉に強い弁護士!福岡県北九州市で逮捕されたら

Aさんは、福岡県北九州市で、Vさんに対する性犯罪事件を起こしてしまいました。
その結果、Vさんからの被害届を受けた福岡県折尾警察署の捜査により、Aさんは逮捕されるに至りました。
Aさんは、自分の行動を反省し、Vさんに謝罪したいと思いましたが、Vさんの連絡先すら知りません。
Aさんの家族は、示談交渉に強いという弁護士に相談し、Vさんへ謝罪の場を持ってもらえるように活動してもらうことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

性犯罪示談

性犯罪のような、被害者の方が存在する犯罪では、被害者の方への謝罪や弁償による、示談の締結が弁護活動の1つとして挙げられます。
しかし、性犯罪の場合、被害感情の大きさや、加害者に対する恐怖心から、示談交渉に応じるまでいかず、そもそも加害者側とは連絡を取りたくないと考える被害者の方は多くいらっしゃいます。
連絡も取れないとなれば、示談交渉どころか謝罪することもできません。

このような場合、専門家である第3者の弁護士が間に入ることによって、示談交渉の場や謝罪の場を設けてもよいと言ってくださる被害者の方も少なからずいらっしゃいます。
弁護士限りで連絡先を教えていただければ、少しでも被害者の方の被害を弁償できるよう、少しでも加害者の反省を伝えられるよう、弁護士が動くことになります。

つい先日、刑法が改正され、強制わいせつ罪や強姦罪などの性犯罪が、非親告罪化しました。
これにより、告訴がなくともこれらの性犯罪が起訴できるようにはなりましたが、やはり被害者の方への謝罪や弁償、示談締結ができていることは、起訴・不起訴の判断や、量刑の判断に大きくかかわる要素であることは確かです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
弊所の弁護士は、性犯罪やそれにかかわる示談交渉についても、多数ご依頼をいただいています。
性犯罪について、示談交渉についてお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県折尾警察署までの初回接見費用:4万200円)

福岡県糸島市の強制わいせつ事件で逮捕 早期示談締結で身柄解放へと導く弁護士

2017-07-13

福岡県糸島市の強制わいせつ事件で逮捕 早期示談締結で身柄解放へと導く弁護士

福岡県糸島市に住むAさんは、深夜、通りがかりの女性に対して背後から抱き着き、スカートの中に手を入れ股間を撫でたとして、糸島警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、事件当時泥酔していたようで、あまり覚えてないようですが、女性に抱き着いたことを認めており、真摯に反省しています。
会社のこともあり、なんとか早く釈放されたいAさんは、刑事事件に強い弁護士を探しています。
(フィクションです)

強制わいせつ罪】
わいせつ行為とは、「体を触る」「キスをする」「衣類を脱がせる」などの行為をいいます。
強制わいせつは、暴行や脅迫などを用いて、抵抗できない状態でわいせつ行為をすることです。
しかし、13歳未満の子供に対してわいせつな行為をした場合は、暴行や脅迫を利用していなくても強制わいせつ罪に該当します。
強制わいせつ罪で起訴された場合、6か月以上10年未満の懲役刑が科される可能性があります。
罰金刑が用意されておらず、重い罪と言えるでしょう。

強制わいせつ罪は、旧刑法では,親告罪でしたから、被害者からの告訴がなければ犯罪として成立しませんでした。
しかし,本日,平成29年7月13日から施行される刑法では,強制わいせつ罪は「非親告罪」とされており,告訴が無かったとしても処罰が可能となってしまいます。

ですが、示談をしているか否かという点が処罰に非常に影響を及ぼすことには変わりありません。
性犯罪の被害者は、犯罪行為に対して非常に憤慨している場合が多いので、被疑者本人はもちろんのこと、そのご家族が直接交渉することは、かえって被害者の感情を逆なでる可能性が高いでしょう。
また、被害者の連絡先が分からない場合には、警察や検察から教えてもらうしか方法はありません。
その点、刑事手続きや示談交渉にも豊富な経験・知識を持つ弁護士であれば、代理人として被疑者本人の反省状況や謝罪の気持ち、示談の内容を被害者側のメリットにも十分配慮して説明することが出来るので、被害者の処罰感情を煽ることなく、示談を締結する可能性が高まります。

あいち刑事事件総合法律事務所には、刑事事件を専門とする弁護士が多数所属しています。
これまで数多くの示談交渉を行なってきており、その経験やノウハウに基づき、事件ごとに適した示談交渉を行います。

福岡県糸島市強制わいせつ事件でご家族が逮捕されてお困りの方、早期の示談締結をご希望であれば、一度あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、糸島警察署までの初回接見費用:37,800円)

 

福岡県太宰府市の児童買春罪で逮捕~早期釈放に強い弁護士へ!

2017-07-09

福岡県太宰府市の児童買春罪で逮捕~早期釈放に強い弁護士へ!

福岡県太宰府市に居住する会社役員のAさんは、出会い系サイトで知り合った15~17歳の女子高生数人と、お金を渡して性行為を繰り返していました。
しかし、Aさんと性行為を行った女子高生の1人が警察に補導され、Aさんの児童買春の事実が発覚し、Aさんは、福岡県太宰府市を管轄する福岡県筑紫野警察署児童買春罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、Aさんが児童買春の容疑で逮捕されたことが会社に知られてしまうと解雇されてしまうのではないかと不安に思い、児童買春罪などの性犯罪に強い弁護士に釈放を求める弁護活動を依頼しました。
(この事案はフィクションです。)

児童買春罪】

児童買春罪とは、「18歳未満の児童」に対して「金銭を渡し」、あるいは「渡す約束」をして、「児童と性交等(性交若しくは性交類似行為)を行うこと」を言います。
児童買春罪の法定刑は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処するとされています。

児童買春罪以外にも、児童と性交等を行った場合、児童福祉法違反や福岡県青少年健全育成条例違反によって、警察による捜査を受けたり、場合によっては逮捕されてしまう可能性もあります。
その他、「児童が13歳未満であった場合」や「児童の同意がなかった場合」は、刑法の強姦罪(177条)、強制わいせつ罪(176条)に問われる可能性があります。

児童買春罪などの性犯罪事件では、加害者側に身に覚えがなくても、逮捕されたという事実が会社に知られて、解雇となってしまう可能性も十分にあります。
そのため、児童買春罪などの性犯罪事件で逮捕されたら、早期に釈放してもらえるよう、弁護士に釈放を求める活動を依頼することが重要です。
逮捕からの早期の段階で弁護士に活動してもらうことによって、釈放のために行える活動がより充実します。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間、無料相談や初回接見サービスの申し込みを受け付けています(0120-631-881)。
ご家族が児童買春罪などの性犯罪事件で逮捕され、ご心配な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談や初回接見サービスをお申込み下さい。
福岡県筑紫野警察署までの初回接見費用:3万6,800円)

弁護士と接見!福岡市博多区内の電車内痴漢事件(刑事事件)で逮捕されたら

2017-06-29

弁護士と接見!福岡市博多区内の電車内痴漢事件(刑事事件)で逮捕されたら

会社員のAさんは、通勤に使用している福岡市博多区内の電車内で、Vさんから突然手を掴まれ、「この人、痴漢です。」などと言われたため、これを聞いた周囲の乗客らから取り押さえられ、通報を受けて駆けつけた福岡県博多警察署の警察官により、痴漢事件を起こした疑いで逮捕されました。
逮捕されたAさんは、家族の依頼で接見に訪れた刑事事件専門の弁護士に、これからの手続きや見通しについて相談しました。
(フィクションです)

痴漢行為はどんな罪になる?~

痴漢行為と一言で言っても、様々な態様(スカートを捲り上げた、髪の毛を触った、胸を触った、お尻を触った、陰部を触ったなど)があります。
痴漢罪」というような犯罪があるわけではなく、痴漢行為の態様により、該当する犯罪が変化します。

痴漢行為が該当する犯罪としてまず挙げられるのは、刑法に規定されている強制わいせつ罪です。
強制わいせつ罪は、刑法第176条に規定されており、「13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合」に、6月以上10年以下の懲役が科されます。

痴漢行為が該当する犯罪として次に挙げられるのは、福岡県迷惑行為防止条例違反の罪です。
上記事例のような電車内での痴漢行為は、この迷惑防止条例違反に該当することが多いです。
福岡県迷惑行為防止条例の第6条第1項に、痴漢行為についての規定があり、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で」、①他人の身体に直接触れたり、衣服の上から触れること、②卑わいな言動をすることをしてはならない、とされています。
これに違反して痴漢行為を行った場合、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金となる可能性があります。

痴漢行為を行ってしまった場合、その痴漢行為がどちらの犯罪に該当するのかは、事件の詳細によって変わってきます。
一般の方だけでは、痴漢行為がどちらの犯罪になるのか判断するのは難しいでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、このような痴漢事件のご相談・ご依頼もお待ちしております。
痴漢事件で逮捕されそう、逮捕された、とお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)

« Older Entries