Archive for the ‘少年事件’ Category

【福岡市の少年事件】少年が恐喝事件で逮捕されたら弁護士に相談してください

2017-12-02

福岡市の高校に通う17歳Aは,友人と共に、ネットで知り合った他校の学生に暴行して,日頃から現金などの金品を要求していました。
被害者の保護者が警察に相談したことから事件が発覚し、後日、Aは友人とともに警察に恐喝罪で逮捕されました。
Aの将来に不安を感じた両親は、福岡市の少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【恐喝罪】刑法第249条

刑法第249条には、恐喝罪が規定されています。
この法律の第1項に「人を恐喝して財物を交付させた者は10年以下の懲役に処する」ことが明記されています。
第2項には「第1項の方法により,財産上不法の利益を得,又は他人にこれを得させた者も,同項と同様とする」ことが明記されています。

恐喝とは、暴行や脅迫を用いて被害者を恐怖に陥れ、畏怖した被害者から金品の交付を受けることです。
暴行の態様や脅迫の程度は被害者を畏怖させる程度のもので、いき過ぎた暴行、脅迫によって被害者の犯行を抑圧すれば,恐喝罪ではなく,より刑罰の思い「強盗罪」が成立する可能性があります。

【少年事件における弁護活動】

少年事件は、法律で定められた罰則規定の対象となりません。(逆送された事件を除く)
刑事事件を起こした少年は、最終的に家庭裁判所で開かれる審判で処分が決定されます。
少年による恐喝事件の場合,弁護士を通して被害者に謝罪するとともに示談、被害弁償したり、家族で少年の更正に向けた取り組みを行うことで、審判結果が「不処分」となる可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件や刑事事件専門の法律事務所です。
福岡市で、お子様の起こした恐喝事件でお悩みの親御様,少年事件に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談や初回接見サービスをご利用ください。

【福岡県筑紫野市における少年による万引き事件】~少年事件に強い弁護士に相談!

2017-09-21

【福岡県筑紫野市における少年による万引き事件】~少年事件に強い弁護士に相談!

福岡県筑紫野市内に住む16歳の高校生Aくんは,以前から欲しかった書籍が本屋の店頭に並べてあるのを見て,その書籍1冊を万引きしてしまいました。
ところが,Aくんの行為は,本屋の店員に目撃されていたことから,通報を受けて駆けつけた福岡県筑紫野警察署の警察官によって,警察署まで任意同行されてしまいました。
その後,Aくんは,警察署まで迎えに来た両親と一緒に自宅へと帰ったのですが,今後のことが不安になったAくんと両親は,少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

≪少年事件≫

平成28年版の犯罪白書によるれば,1年間に検挙された少年事件4万9,248件のうち,一番多いのが窃盗事件で2万9,662件となっております。
その割合は,すべての少年事件の60.2%を占めています。
窃盗事件の次に多い事件は,横領事件で13%(6,398件),次いで傷害事件で7.3%(3,612件)となっています。
これらのことからも分かるように,現在,少年が起こしている事件の大半が窃盗事件ということになります。
窃盗事件と言っても,さまざまな態様があり,少年事件に多く見られるのが,万引き,バイク盗,自動車盗,自動販売機荒らしなどではないでしょうか。
その中でも,万引きをする際,特別な道具もいらず,専門的な知識等もいりませんから,簡単な気持ちで万引きをしてしまうのかもしれません。
しかし,万引きといっても立派な犯罪であり,刑法235条の窃盗罪に該当します。

上記事案のように,ただ欲しかったからという安易な気持ちで書籍を1冊万引きしただけでも,家庭裁判所の審判の結果,少年院に送られることになる可能性もあります。
このように,少年事件で多く検挙されている窃盗事件ですが,見つかっても大したことになならないというような考えは絶対にお勧めできません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が,初回無料法律相談や初回接見サービスを行っています。
お子さんが万引きなどの窃盗事件を起こしてしまってお悩みの方,少年事件に巻き込まれてしまって不安な方は,まずは弊所の弁護士までご相談下さい。

(法律相談:初回無料)
(福岡県筑紫野警察署への初回接見費用:3万6,800円)

【大麻所持で少年を逮捕~福岡市中央区】 少年事件専門の弁護士に相談!

2017-09-03

【大麻所持で少年を逮捕~福岡市中央区】 少年事件専門の弁護士に相談!

福岡市中央区に住む高校生Aくん(17歳)は,友人らに大麻の使用を勧められて以降,その友人を介して,定期的に大麻を購入して,使っていました。
しかし,その後,Aくんが大麻の購入を依頼していた友人が逮捕され,それからしばらくして,Aくんの自宅に,福岡県中央警察署の警察官がやって来て,Aくん宅の捜索が行われました。
捜索の結果,Aくんの部屋からチャック付ポリ袋に入った乾燥植物片が大量に発見され,鑑定を行った結果「大麻」と認められたことから,Aくんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aくんの両親は,目の前でAくんが逮捕されたことにショックを受け,少年事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)
  
【大麻の所持と使用について】
日本では,大麻取締法により,①「大麻をみだりに栽培,輸出入すると7年以下の懲役,②大麻をみだりに所持,譲受,譲渡したりすると5年以下の懲役に処せられる旨規定されています。

警察庁発行の犯罪白書によれば,大麻を含む薬物犯罪は,成人・少年ともに,減少傾向にあります。
しかし,インターネットなどの普及により,密売人と直接会わなくても,密売人と接触することが容易になったことや,諸外国で大麻が合法とされていることを背景に,大麻の危険性について誤った認識が広まっています。

【少年が関わっている大麻などの薬物事件における刑事弁護】
大麻などの薬物事件では,捜査が多岐に渡り,かつ証拠隠滅が容易であるため,一度大麻の所持などで逮捕されると,その後勾留された上,接見禁止の処分に付されることがあります。
少年事件では,取調べや調査において,事件に関する認識を正しく捜査機関等に伝えることができなければ,その供述の信用性が疑われ,当該事件が家庭裁判所に送致された段階で,観護措置が決定され,少年鑑別所に収容される可能性も少なくありません。

そのため,事件が発覚した場合,早い段階で少年事件に強い弁護士に相談し,弁護人を選任した上で,取調べや調査に協力してもらうことが重要だと思われます。
また,少年事件では,医療機関での治療や薬物を入手したルートとの関係を断つことなど,少年の更生に向けた環境づくりを十分に示すことも極めて重要と言えます。

大麻取締法違反事件でお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。

(法律相談:初回無料)
(福岡県中央警察署への初回接見費用:3万5,000円)

八幡東区におけるひったくり事件で高校生を逮捕~少年事件に強い弁護士に相談!

2017-08-30

八幡東区におけるひったくり事件で高校生を逮捕~少年事件に強い弁護士に相談!

八幡東区内の路上でひったくりをしたとして、高校生であるAくん(17歳)は八幡東警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
逮捕の連絡を受けたAくんの両親は,Aくんのこれからのことに不安を感じたことから,少年事件に強い弁護士に相談することに決めました。
(フィクションです)

【ひったくり】
ひったくりとは,物を持って歩いている歩行者や,前かごにバッグなどの荷物を入れている自転車に近づいて,すれ違いざま若しくは追い越す際にその物(肩にかけているバッグや自転車の前かごの中のバッグなど)を奪い取って逃げることを言います。
ひったくりの手口は,バイクなどに乗って犯行に及びことが多く,その被害者は,女性や高齢者が多いのが実情です。
ひったくりは,犯行を行った後,すぐに逃走してしまうことから現行犯で逮捕することが極めて困難な状況です。
しかし,犯人が何度か同じような犯行を繰り返しているうち,犯人に結び付く証拠や証言などから,警ら中の警察官に発見されて逮捕されることあります。
また,これまでのひったくり事件における裁判において,バイクなど等を利用して走りながら奪う場合には,手放さなければ生命・身体に重大な危険をもたらすおそれのある暴行を用いており,相手方の反抗を抑圧するに足りる暴行を加えているから強盗とされると認定されたケースもあります。
このようなひったくりは、一般的に「窃盗罪」として刑事罰の対象となります。

【窃盗罪】
窃盗罪は,人の物を盗む行為であり,10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる旨,刑法第235条に規定されています。
先ほどもお話ししたように,ひったくりを行う際,相手を突き飛ばして荷物を奪ったり,抵抗する相手を引きずったりして暴行を加えた場合には「強盗罪」が成立する可能性もあります。
もし,強盗罪が適用されてしまうと,その刑罰は,5年以上の有期懲役となり,窃盗罪より重い刑罰が科されることになります。

【少年事件】
14歳以上の少年が事件を起こすと,警察に検挙されます。
少年が起こした罪が「禁錮以上の刑に当たる犯罪」に当たる場合は,事件は,警察から検察庁へと送致されます。
検察庁で捜査を受けると,原則,すべての少年事件が家庭裁判所へ送致されます。
家庭裁判所の審判などにおいて,少年事件が「刑事処分相当」と判断されると,家庭裁判所から検察庁へと逆送致されます。
家庭裁判所では,調査官が少年・保護者・参考人と面接を行い,非行事実や審判条件について調査をし,どのような処分が有効・適切かを調査します。
調査の結果,審判を開始せずに調査のみを行なって手続きを終えることもあります(審判不開始)。
審判とは,少年が非行を犯したかどうかを確認した上で,非行内容や少年の抱える問題に応じて適正な処分を選択するための手続を言います。
審判の結果,①保護処分(保護観察処分,児童自立支援施設・児童養護施設送致,少年院送致),②検察官送致(逆送),③不処分,などの処分が決められます。
少年事件は,成人事件と異なり,示談や犯罪の程度などを考慮した起訴猶予での不起訴処分や保釈制度はない点で異なります。
また,現行の少年法では,少年の更生を第一の目的としているため,少年の心身鑑別や行動観察の必要性から身柄拘束される可能性も高いと言えます。

八幡東区のひったくり事件でお子様が逮捕されてご心配の方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡の上,ご相談ください。
少年事件に強い弁護士が,豊富な経験・知識に基づき、少年一人一人に適した弁護人(付添人)活動を行います。

(初回の法律相談:無料)

【福岡市南区の万引き事件なら】~少年事件や刑事事件に強い弁護士に相談!

2017-08-06

【福岡市南区の万引き事件なら】~少年事件や刑事事件に強い弁護士に相談!

福岡市南区の高校に通う16歳のAくんは,以前から欲しかった書籍が本屋の店頭に並べてあるのを見て,その書籍1冊を万引きしてしまいました。
ところが,Aくんの行為は,本屋の店員に目撃されていたことから,通報を受けて駆けつけた福岡県南警察署の警察官によって,警察署まで任意同行されてしまいました。
その後,Aくんは,警察署まで迎えに来た両親と一緒に自宅へと帰ったのですが,今後のことが不安になったAくんと両親は,少年事件刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【少年事件】
平成28年版の犯罪白書によると,検挙された少年事件49,248件のうち,一番多いのが窃盗事件で29,662件です。
その割合は,すべての少年事件の60.2%を占めています。
窃盗事件の次に多い事件は,横領事件で13%(6,398件),次いで傷害事件で7.3%(3,612件)
これらのことからも分かるように,現在,少年が起こしている事件の大半が窃盗事件ということです。
窃盗事件と言っても,さまざまな態様があり,少年事件に多く見られるのが,万引き,バイク盗,自動車盗,自動販売機荒らしなどではないでしょうか。
その中でも,万引きをする際,特別な道具もいらず,専門的な知識等もいりませんから,簡単な気持ちで万引きをしてしまうのかもしれません。
しかし,万引きといっても立派な犯罪であり,刑法235条の窃盗罪に該当します。
上記事案のように,ただ欲しかったからという軽い気持ちで書籍を1冊万引きしただけでも,家庭裁判所の審判の結果,少年院に送られることになる可能性もあります。
このように,少年事件で多く検挙されている窃盗事件ですが,見つかっても大したことになならないというような考えは絶対にお勧めできません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件・刑事事件専門の弁護士が、初回無料法律相談や初回接見サービスを行っています。
お子さんが万引きなどの窃盗事件を起こしてしまってお悩みの方、少年事件に巻き込まれてしまって不安な方は、まずは弊所の弁護士にご相談下さい。
(福岡県南警察署への初回接見費用:3万6,220円)

福岡市博多区の少年事件で逮捕されたら…刑事事件専門の弁護士へ相談

2017-08-02

福岡市博多区の少年事件で逮捕されたら…刑事事件専門の弁護士へ相談

福岡県福岡市博多区に住んでいる15歳のAさんは、少年事件を起こしたとして、福岡県博多警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、福岡県博多警察署からAさん逮捕の知らせを受け、どうしていいか分からずにいましたが、福岡市内に対応している刑事事件専門の弁護士の事務所を見つけ、そこに相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

少年事件

少年事件とは、20歳に満たない少年が犯罪を犯した、又は犯す可能性のある事件をいいます。
少年事件は、少年の年齢や状況により、3つの種類に分類されます。

①犯罪少年:刑法に反する事件を起こしてしまった14歳以上の少年。
②触法少年:刑法に反する事件を起こしてしまった14歳未満の少年。
③ぐ犯少年:保護者が正当な監督を行なっているのに、それに服さない性格や環境があり、将来罪を犯し、刑法に触れる恐れがあると認められた少年。
このうち、少年事件の検挙人員として多数を占めるのは、①の犯罪少年で、以下では①の少年事件の流れや特徴をご紹介します。

14歳以上の少年が少年事件を起こして警察に検挙された場合、警察から検察庁へと少年事件が送致され、その後、原則すべての少年事件は家庭裁判所へ送致されます。
家庭裁判所では、調査官が少年・保護者・参考人と面接を行い、その少年事件の非行事実や審判条件について調査をし、どのような処分が有効・適切かを調査し、その後、審判が開かれ、少年の処分が決まります。
もっとも、調査の結果、審判を開始せずに調査のみを行なって手続きを終えることもあります(審判不開始)。
少年の処分としては、①保護処分(少年院送致、保護観察など)、②検察官送致(逆送)、③不処分、などが挙げられます。
少年事件は、示談や犯罪の程度などを考慮した起訴猶予での不起訴処分や保釈制度がない点で、成人の刑事事件と異なります。
また、現行の少年法では、少年の更生を第一の目的としているため、少年の心身鑑別や行動観察の必要性から身柄拘束されることもあります。

このように、少年事件の手続きや流れは、成人の刑事事件とは異なる特徴をもっているため、相談するのであれば、少年事件に強い弁護士にされるべきでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士です。
福岡市の少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県博多警察署までの初回接見費用:3万4,300円)

【少年事件に強い弁護士に相談】福岡県福津市の大麻取締法違反事件で逮捕

2017-07-31

【少年事件に強い弁護士に相談】福岡県福津市の大麻取締法違反事件で逮捕

福岡県福津市に住む高校生Aくんは、友人のBさんに勧められたことから、大麻を初めて使用し、その後、Bさん経由で定期的に大麻を購入していました。
その後、Bさんが逮捕され、それからしばらくして、Aくんの自宅に、福岡県宗像警察署の警察官がやって来て、自宅の捜索が行われました。
捜索の結果、Aくんの部屋から、大麻らしき植物が発見され、鑑定の結果、大麻と認められたことから、Aくんは、大麻取締法違反逮捕されました。
Aくんのご両親は、目の前でAくんが逮捕されたことにショックを受け、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

大麻の所持と使用】

我が国では、大麻取締法により、以下のような刑罰を定めています。
大麻をみだりに栽培、輸出入する…7年以下の懲役
大麻をみだりに所持、譲受、譲渡する…5年以下の懲役

今般、警察庁発行の犯罪白書によれば、大麻を含む薬物犯罪は、成人・少年ともに減少傾向にあります。
しかし、インターネットなどの普及により、大麻の密売人と直接会わなくても密売人と接触することが容易になったことや、諸外国で大麻が合法とされていることを背景に、大麻の危険性について誤った認識が広まっています。
そして、現行の大麻取締法における大麻所持の法定刑は重く規定されています。

【少年が関わっている大麻などの薬物事件】

大麻などの薬物事件では、捜査が多岐に渡り、かつ証拠隠滅が容易であるため、一度大麻の所持などで逮捕されると、その後勾留された上、接見禁止の処分に付されることが多々あります。
少年事件では、取調べや調査において、事件に関する認識を正しく捜査機関等に伝えることができなければ、その供述の信用性が疑われ、大麻取締法違反事件が家庭裁判所に送致された段階で少年鑑別所に収容される可能性も少なくありません(観護措置決定)。

そのため、大麻取締法違反事件が発覚した場合、早い段階で少年事件に強い弁護士に相談・依頼し、取調べや調査に協力してもらうことが重要だと思われます。
また、少年事件では、医療機関での治療や薬物を入手したルートとの関係を断つことなど、少年の更生に向けた環境づくりを十分に示すことも極めて重要と言えます。
福岡県福津市大麻取締法違反事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
弊所の弁護士は、刑事事件や少年事件を専門としていますので、安心してご相談いただけます。
福岡県宗像警察署への初回接見費用:3万8,900円)

福岡県行橋市のひったくり事件で逮捕~少年事件専門の弁護士に相談!

2017-07-28

福岡県行橋市のひったくり事件で逮捕~少年事件専門の弁護士に相談!

福岡県行橋市の路上でひったくりをしたとして、Aくん(16歳)は福岡県行橋警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
Aくんがひったくりをして逮捕されたことをしったAくんの両親は、どうすればいいのか分からず、少年事件を専門に取り扱う弊所の弁護士に相談しました。
(この事案はフィクションです)

ひったくりとは…?】

ひったくりとは、物を持って歩いている歩行者や、前かごにバッグなどの荷物を入れている自転車に近づいて、すれ違いざま若しくは追い越し際に、その物(バッグなど)を奪い取って逃走する行為のことを言います。
ひったくりの手口としては、バイクや自転車などの乗り物に乗って犯行に及ぶことが多く、被害者は女性や高齢者が多くなっています。
ひったくりは、犯行後すぐに逃走してしまうので、現行犯逮捕することは極めて難しく、犯人が何度か同じようなひったくり行為を繰り返すうちに、犯人に結び付く証言や証拠からや、警ら中の警察官に見つかって逮捕されるケースが多いです。

ひったくりは、一般的には「窃盗罪」として刑事罰の対象となります。
しかし、これまでの裁判では、自動車やバイク等を利用して走りながらひったくりを行う場合には、手放さなければ生命・身体に重大な危険をもたらすおそれのある暴行を用いており、相手方の反抗を抑圧するに足りる暴行を加えているから強盗とされる、と認定されたこともあります。

一般的なひったくりが該当する窃盗罪とは、人の物を盗む行為であり、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。
そして、先述のように、ひったくり行為を行う際、相手を突き飛ばして荷物を奪ったり、抵抗する相手を引きずったりして暴行を加えた場合には、「強盗罪」が成立する可能性があります。
もし、強盗罪が適用されてしまうと、その刑罰は、5年以上の有期懲役となり、窃盗罪より重い刑罰が科されることになります。

福岡県行橋市ひったくり事件でお子様が逮捕されてご心配の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件・少年事件専門の弁護士が、豊富な経験・知識に基づき、少年一人一人に適した弁護人(付添人)活動を行います。
(初回の法律相談:無料/福岡県行橋警察署までの初回接見費用:4万4,140円)

福岡県久留米市の少年事件に強い弁護士…恐喝罪で逮捕なら相談!

2017-07-21

福岡県久留米市の少年事件に強い弁護士…恐喝罪で逮捕なら相談!

福岡県久留米市に住む女子高生Aさんは、複数の友人らと一緒に、同級生であるVさんに脅迫や暴行を加えて、日頃から現金などの金品を要求していました。
ある日、Vさんの態度やお金の使い方などに疑問を抱いたVさんの母親は、福岡県久留米警察署に相談し、恐喝罪の被害届を提出しました。
後日、Aさんらは、Vさんに対する恐喝罪の容疑で、複数の友人らとともに逮捕されました。
Aさんの母親は、娘が恐喝罪で逮捕されてしまったことから、どうしていいか分からず、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

恐喝罪

恐喝罪は、刑法249条に規定されています。
恐喝罪を定める条文では、1項に「人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」、2項に「1項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする」と定めています。

一般的に、少年事件における「カツアゲ事案」は、この恐喝罪が適用されることが多いようです。
今の時代、上記事案のように、学校の生徒間における「イジメ」の一般として、カツアゲ、つまり「恐喝」が行われることも多々あります。
また、暴行の態様や脅迫の程度が相手方(被害者)の犯行を抑圧するものとなれば、恐喝罪ではなく、より刑罰の思い「強盗罪」が成立する可能性もあります。

恐喝事件には、上記事例のVさんのような被害者の方が存在します。
少年事件の示談は、成人の刑事事件のような即効性はありませんが、それでも、少年やその家族が被害者の方へきちんと謝罪の気持ちを表しているということは、少年の更生に大切なことですから、少年による恐喝事件でも、被害者に謝罪するとともに示談をすることは重要です。
少年事件のプロに任せることで、円滑な謝罪・弁償の手続きが取れる可能性が上がります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件や刑事事件専門の弁護士が所属する法律事務所です。
少年事件の、特に恐喝事件のような被害者対応が必要な事案では、弁護士のサポートを受けられた方が安心です。
福岡県久留米市恐喝事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご利用ください。
福岡県久留米警察署への初回接見費用:4万700円)

福岡県朝倉市の少年事件で逮捕なら…少年院回避に強い弁護士へ

2017-07-14

福岡県朝倉市の少年事件で逮捕なら…少年院回避に強い弁護士へ

高校1年生のAさんは、福岡県朝倉市少年事件を起こし、朝倉警察署に逮捕されてしまいました。
Aさんとその両親は、少年事件を起こしてしまったということは、少年院に送致されてしまうのではないかと思い、不安になりました。
そこで、Aさんの両親は、福岡県で少年事件に強い弁護士に相談し、少年院送致を回避できるのかどうか聞いてみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

少年院は回避できる?

少年院という言葉のから、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。
少年事件を起こした少年の入る、刑務所のようなところ、と思われている方もいるかもしれません。

少年事件で下される処分(=保護処分)は、少年を更生させることが目的です。
少年院送致もその保護処分の1つですから、その目的は少年の更生です。
少年院送致をして、少年に少年院に入ってもらわなければその更生ができない、更生のためには少年院に行くことが望ましい、と判断された場合、少年院送致という処分が下されるのです。
このようなことから、大人であれば微罪処分・不起訴処分で、いわゆる「おとがめなし」となるような事件でも、少年事件の場合には少年院送致となる可能性も否定できないのです。

少年院を回避しようとするのであれば、少年院に行かずとも、少年の更生が可能であることを主張し、認めてもらう必要があります。
そのためには、今までの環境を改善したり、少年の中の非行に走る原因を見つけて対処したり、様々な活動を行う必要があります。
その活動に、専門家である弁護士が、第3者として加わることで、今まで気づけなかった問題点・改善点も見つかる可能性が高まります。
また、少年事件に詳しい弁護士であれば、少年の更生のための活動について、専門的な観点から助言を行うこともできます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士の所属する法律事務所です。
少年事件の見通しや、少年院送致についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
弁護士による初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申込みは、0120-631-881でいつでも受付可能です。
福岡県朝倉警察署までの初回接見費用:41900円)

« Older Entries