Archive for the ‘少年事件’ Category

【少年】福岡県筑紫野市の暴行 勾留に代わる観護措置を取消す弁護士

2018-08-14

【少年】福岡県筑紫野市の暴行 勾留に代わる観護措置を取消す弁護士

福岡県筑紫野市に住む高校生のA君(17歳)は,下級生のVさんに壁に押し付けたり,床に押し倒す暴行を加えたとして福岡県筑紫野警察署暴行罪逮捕されました。
Aさん君の両親は,警察から逮捕の知らせを受けた後,裁判所から,「勾留に代わる観護措置」の結果,Aさんの身柄は少年鑑別所に収容されたとの通知を受けました。
(フィクションです)

~ 勾留に代わる観護措置とは? ~

少年事件において,やむを得ない事由があれば,少年であっても成人同様に勾留されることがあります(ただし,成人と区別して留置されるなど留置施設内での配慮はあります)。
また,やむを得ない事由がなくとも身柄を拘束されることがあります。
この措置を,勾留に代わる観護措置といいます。

この措置により,少年の身柄は少年鑑別所に収容されることになります。
収容期間は,検察官が請求をした日から10日間で期間の延長は認められていません少年法44条3項)。

この措置の決定に対して不服がある場合は,家庭裁判所に決定に対する異議申立てをして決定を取り消してもらう必要があります。

~ 家庭裁判所送致後 ~

仮に,異議申立てが認められず,A君が少年鑑別所に収容されたまま,事件が検察庁から家庭裁判所へ送致されると,当然にA君の身柄を少年鑑別所に収容する旨の観護措置が取られたものとみなされます(少年法17条7項)。
収容の期間は,事件が家庭裁判所に送致されたときから2週間以内とされ(少年法17条7項後段,17条3項),継続の必要があるときは更新されます(少年法17条3項但書)。

この措置の決定に対して不服がある場合も,家庭裁判所に決定に対する異議申立てをして決定を取り消してもらう必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件少年事件専門の法律事務所です。
お子様が身柄拘束されお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
無料法律相談初回接見サービス等を24時間受け付けております。
福岡県筑紫野警察署への初回接見費用:36,700円)

【少年】佐賀県神埼市 SNS上でのチケット詐欺で逮捕 弁護士接見

2018-08-09

【少年】佐賀県神埼市 SNS上でのチケット詐欺で逮捕 弁護士接見

佐賀県神埼市に少年Aさんは,SNS上に,「(人気グループのコンサートの)チケット譲って欲しい人は連絡ください」などと投稿し,連絡をつけてきたVさんにチケット代金2万円を自分名義の口座に振り込ませました。
ところが,Vさんの下にチケットを送られてくることはなく,Vさんは佐賀県神埼警察署被害届を出しました。
Aさんは,同署に詐欺罪逮捕されました。
少年事件に強い弁護士がAさんと接見しました。※少年=20歳未満の男女

(フィクションです)

~ チケット詐欺事件 ~

最近では,SNS等において,誰でも簡単に不特定多数の人と連絡をとることが可能であるため,これに起因するトラブルが増加しています。

チケット詐欺もこの一つです。
チケット詐欺とは,一般的に,行為者(Aさん)があたかもチケットを入手できる,又は入手していることを装い,被害者(Vさん)から現金などを手に入れる詐欺の一手段のことをいいます。

詐欺罪,①欺罔行為(騙す行為)→②錯誤(被害者が騙されること)→③処分行為による財物・財産上の利益の移転(被害者が現金を口座振込むことなど)という一連の流れがあってはじめて成立する犯罪です。
チケット詐欺においては,「チケット欲しい人は連絡ください」などと投稿することが①欺罔行為に当たり,それを見た人がチケットを入手できると信じ(②),それによって現金を振込む(③)などすれば,立派な詐欺罪に当たります。

また,少年だからといって逮捕されない保証はありません。
逮捕されれば,成人同様,あるいはそれ以上,長い期間に身柄拘束を受けるおそれがあります。
詐欺罪は財産犯ですから,罪を認める場合,何よりもまず被害者様に被害弁償をし,示談を成立させることが,早期の身柄解放,家庭裁判所による不処分決定などのよりよい結果へと繋がりやすくなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件少年事件専門の法律事務所です。
弊所には,お子様が逮捕されそうで心配だ,逮捕されて学校のことなどが心配だなどとお悩みの方は,0120-631-881までお気軽にお電話ください。
無料法律相談初回接見サービスを24時間受け付けております。
佐賀県神埼警察署への初回接見費用:43,600円)

【少年】特殊詐欺事件で摘発される少年が増加 少年事件に強い弁護士

2018-08-07

【少年】特殊詐欺事件で摘発される少年が増加 少年事件に強い弁護士

先日,警視庁から特殊詐欺事件での少年の摘発件数につき発表がありました。それによれば,特殊詐欺で摘発された少年の数は,昨年同時期と比べて2倍も増加したそうです。

~ 特殊詐欺で摘発される少年が増加 ~

特殊詐欺の代表的な例として,オレオレ詐欺架空請求詐欺融資保証金詐欺還付金等詐欺があります。
警視庁によると,平成30年上半期,特殊詐欺で摘発された1325人のうち368人が少年で,過去最多の摘発となった昨年と同じ時期の約2倍大幅に増加したとのことです。

特殊詐欺には多くの人物がそれぞれの役割を担って組織的になされることが多いです。
主犯格の者は,自身の逮捕・摘発をおそれ,大学生や高校生などの少年に対し,最も逮捕・摘発の危険が高い,出し子(被害者に振り込ませた銀行口座からお金を引き出す役),受け子(被害者から直接お金を受け取る役)のアルバイトを募集しています。
なお,受け子で摘発された少年は全体の約7割を占めています。

他方で,募集される側の少年の意識にも問題があるようです。
ある少年は「先輩から簡単に稼げると言われた」「犯罪とは知らなかった」「逮捕されるとは思ってもいなかった」などと話しているようです。
しかし,特殊詐欺は列記とした犯罪です。特殊詐欺とは気づかなくても,知らない口座から現金を引き出したり,見知らぬ人からお金を受け取る行為は何らかの犯罪に加担していると考えた方がよさそうです。
また,少年であっても特殊詐欺に関与していると疑われた場合は,やはり逮捕されます!

仮に逮捕された場合は長期間,身柄を拘束されることも予想されます。
そうなれば,学校やご家族等に様々な影響を与えかねませんから,少しでも特殊詐欺に関与したなと思われる方は,まずは少年事件に強い弁護士に相談されてみてはいかがでしょうか?

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件を専門に取り扱う法律事務所です。
弁護士が少年とともに更生の道を探します。
少年が特殊詐欺などで逮捕されお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。

【少年】福岡市南区で少年が万引き 学校への連絡を回避するには?

2018-07-28

【少年】福岡市南区で少年が万引き 学校への連絡を回避するには?

A君は,福岡市南区でのコンビニエンスストアで菓子パン2個を万引きしたことが店員に見つかり,南警察署に通報されました。
A君の両親が警察からの呼び出しがあればかならず出頭させる旨の誓約をしたことで,事件は在宅のまま(A君の身柄を拘束しないまま)捜査が進められました。
しかし,A君の両親は,事件が学校にばれないかどうか不安で,弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 学校への連絡を回避するには? ~

事件が学校に伝わるルートは大きく分けて3つあると考えます。
1つは,マスコミなどによる報道です。
しかし,在宅事件で,かつ事件が比較的軽微の場合,マスコミなどが事件を取り上げる可能性は低いといっていいでしょう。

2つ目は,警察から学校への連絡です。
福岡県では,警察本部が制定した「ふくおか児童生徒健全育成サポート制度運用要綱」(平成25年1月1日施行)などによって運用しているようです。
これによれば,連絡責任者(警察署長)から学校への連絡にかかる事件は

1 逮捕事案
2 逮捕事案以外の事案で,一定の事由があって,連絡責任者が継続的な対応が必要と認めるもの
3 児童生徒の犯罪被害に係る事案で,連絡責任者が学校長への連絡の必要性を認めるもの
4 児童生徒の善行事案

と定められています。

3つ目は,家庭裁判所調査官から学校への連絡です。
事件が家庭裁判所に送致され,家庭裁判所調査官により調査の対象となれば,調査官が調査のため,学校へ「学校照会書」を送ったり,直接学校関係者とコンタクトをとることも考えられます。

ところで,事件が刑事事件化したとしても全ての事件について警察から学校へ連絡されるわけではないため,学校への連絡を回避したい場合は,事前に警察に申入れを行う必要があります。
また,警察が連絡を控えた場合は,調査官も学校側とコンタクトを取ることを控えるとは思いますが,万が一のために備えて,調査官とも密に連絡を取り合う必要があるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事・少年事件専門の法律事務所です。
無料法律相談初回接見サービスのご予約を0120-631-881で24時間受け付けております。 

【少年】福岡県朝倉市の傷害事件 少年院送致を回避するなら弁護士へ

2018-07-18

【少年】福岡県朝倉市の傷害事件 少年院送致を回避するなら弁護士へ

高校1年生のAさんは,福岡県朝倉市の高校で同級生の顔面を殴り加療2週間の怪我をさせる傷害事件を起こしました。
Aさんには過去に窃盗事件で微罪処分となった非行歴があったことから,Aさんの両親は,Aさんが少年院に送致されてしまうのではないかと思い不安になり,少年事件に詳しい弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 少年院送致を回避するには ~ 

少年院は,家庭裁判所から保護処分として送致された者などを収容する施設で,少年に対して矯正教育その他の必要な処遇を行う施設です。
少年院送致少年審判で下される保護処分の一種ですが,少年の意思に関わりなく少年を施設に収容され,自由の利かない規律正しい生活を強いられる点で他の保護処分よりは厳しい処分といえます。

どんな場合に少年院送致になるかは一概にはいえませんが,特に,非行事実,非行歴などから犯罪傾向が進んでいる少年,更生・矯正に向けた環境が整っていない少年などは少年院送致となる傾向があります。

他方,少年鑑別所の生活を通じて改善更生が見られたり,非行の原因となった家庭環境や生活状況,交友関係などの問題が解決しつつあると認められたりした場合には,少年が(少年院に収容されなくとも)社会の中で周囲の支えを得て立ち直ってゆくことに期待し,少年院に収容することまではせず,保護観察となることも少なくありません

したがって,少年院送致を回避するには,少年審判が始まるまでに,少年の非行の原因を探り,更生に向けた環境を整備し,なぜ少年院ではなく社会内での矯正が妥当なのか,適当なのかを調査官や裁判官にしっかりアピールする必要があります。
そのためには,付添人である弁護士の力が必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
少年事件でお悩みの方は,0120-631-881までお気軽にお電話ください。

【少年】福岡県博多区の恐喝事件 少年事件に強い弁護士が示談交渉

2018-07-06

【少年】福岡県博多区の恐喝事件 少年事件に強い弁護士が示談交渉

Aさん(18歳)は,Vさんに対し,「俺の女に手出してどうするとや」「金を出せ」などといって現金を要求し,Vさんから現金約15万円を受け取りました。
Aさんは,博多警察署恐喝罪逮捕されたので,Aさんの両親は少年事件に強い弁護士接見を依頼しました。
Aさんの弁護士はVさんとの間で示談交渉することを検討しています。
(平成30年6月8日西日本新聞掲載事案を基に作成)

~ 恐喝罪(刑法第249条) ~

人を恐喝して財物を交付させた場合には,恐喝罪が成立します。
恐喝」とは,暴行・脅迫を用いて,財物の交付や財産上の利益の処分を要求することをいいます。
そして,恐喝罪暴行脅迫は,強盗罪における「脅迫」とは異なり,相手方の反抗を抑圧するに至らない程度で足りるとされています。

相手方の反抗を抑圧するに至らない程度であるかどうかは,単に相手方の主観によるだけではなく,加害者・相手方の性別・年齢,犯行の時刻・場所・手段方法など個別の事件の具体的事情を総合して客観的見地から判断すべきとされています。

暴行・脅迫により,相手方が畏怖し,これに基づいて相手方が財物を交付したり,相手方から財産上不法の利益を得たりすると恐喝罪が成立します。
恐喝罪の法定刑は10年以下の懲役です。

もっとも,Aさんは少年(20歳未満の者)として少年法の適用があり,原則として刑罰は科せられません
しかし,少年審判が開かれた場合には,保護観察少年院送致などの保護処分を科されることがあります。
ただし,恐喝罪等の財産犯の場合,被害者との間で示談を成立させておくと,少年院送致よりも保護観察保護処分よりも不処分といったように,より有利な結果を得られやすくなります。

示談交渉は,法律のプロである刑事事件・少年事件に強い弁護士にお任せすることをお勧めします。
刑事事件・少年事件でお困りの方,示談交渉をご検討中の方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
博多警察署までの初回接見費用:34,300円)

【少年】うきは市での盗品譲受け事件 少年審判で無実を訴える弁護士 

2018-06-21

【少年】うきは市での盗品譲受け事件 少年審判で無実を訴える弁護士 

高校生A君(16歳)は,友人からもらったバイクに乗っていたところ,うきは警察署の警察官に職務質問されました。
そこでバイクが盗品であることが判明し,A君は,盗品等無償譲受け罪逮捕され(その後釈放)ましたが,A君はバイクを譲り受けた時点では盗品とは知りませんでした。
A君は,少年審判で,無実を訴えたいと考えています。
(フィクションです)

~ 盗品等無償譲受け罪(刑法256条) ~

第1項は「無償譲受け」,第2項では「運搬」「保管」「有償譲受け」「有償処分あっせん」について規定されています(第2項の方が悪質性が高く,法定刑は重いです(第1項3年以下の懲役第2項10年以下の懲役及び50万円以下の罰金))。

盗品等」とは,窃盗罪、強盗罪、横領罪などの財産犯によて得られたもので、被害者が返してくれと請求できるものをいいます。
無償譲受け」とは,文字通り,無償で盗品等を譲受けることをいい,現実の物の受渡しが必要です。

盗品等に関する罪が成立するためには,行為者においてその財物が盗品等であることの認識が必要です。
この認識の程度は,必ずしも確定的なものである必要はなく,盗品等であるかもしれないという未必的な認識で足りるとされています。
ただ,A君のように盗品とは全く知らなかったという場合には,盗品等に関する罪の故意を欠き,盗品等無償譲受け罪が成立しない場合もあるのです。

~ 少年審判で無罪を主張 ~

少年審判は,少年に対する非行(犯罪)事実が認められるか,認められるとして少年に対する処分(保護観察,少年院送致などの保護処分等)をいかなるものにするかを決める手続きです。

したがって,少年事件で犯罪の成立を争う場合は,少年審判で争うことになります。
仮に,少年審判で,非行(犯罪)事実が認められない(非行なし),つまり「保護処分に付することができない」(少年法23条2項)と判断された場合は,少年に対し「不処分」決定が下されます。
これは成人事件でいう「無罪判決に相当します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件とともに少年の刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
少年審判で,犯罪の成立を争いたいなどとお考えの方は弊所のフリーダイヤルまでご連絡ください。
無料法律相談等を24時間いつでも受け付けています。

【少年】福岡県春日市の器物損壊事件 審判回避には刑事専門の弁護士

2018-06-10

【少年】福岡県春日市の器物損壊事件 審判回避には刑事専門の弁護士  

A君(17歳)は,Vさん宅にスプレーで「バカ」「受験に落ちろ!」などと落書きしました。
そうしたところ,A君は,春日警察署器物損壊の罪逮捕されました。
事件は検察庁を経て家裁裁判所に送られました。
(フィクションです)

~落書きも立派な犯罪~

落書きによって成立する犯罪として,まず器物損壊罪刑法261条)があります。
単に物を物理的に壊すというだけでなく,その物の本来の効用(建物なら景観・美観など)を失わせた場合も器物損壊罪に当たります。
また,落書きした箇所によっては「建造物損壊罪刑法260条)」,内容によっては「侮辱罪刑法231条)」に問われる可能性があります。

~少年審判における審判回避とは?~

少年審判とは,家庭裁判所において,少年が本当に非行(罪)を犯したかどうかを確認した上,非行の内容や少年個々人が抱える問題点に応じて,適切な処分を決めるための手続きです。

少年審判は必ず開かれるわけではありません。
家庭裁判所は,調査の結果,①審判に付することができず,又は②審判に付するのが相当でないと認めるときは,少年審判を開始しない決定を出すことができます(少年法19条1項)。
これが「審判不開始」決定です。

①審判に付することができないときとは,非行事実の存在の蓋然性がない場合などが挙げられます。
②審判に付するのが相当でないと認めるときとは,事案が軽微であったり,少年が十分に反省しており,更生のための環境も整っているなど要保護性が低い場合などが挙げられます。

審判不開始決定が出されるのは,多くは②の場合です。
ですから,少年審判を回避したければ,裁判所に対し,少年の反省具合,更生のための環境が整っていることなどをしっかりアピールしなければなりません。
また,それと併行して,被害者に被害弁償示談等を行っていくことも大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件のみを専門に扱う法律事務所で,少年事件にも精通した弁護士が所属しています。
弊所では,少年事件でお困りの方のための無料法律相談等を24時間いつでも受け付けています。

【少年】盗みに入り現金を盗んで逮捕! 不処分獲得には弁護士 北九州市戸畑区

2018-06-03

【少年】盗みに入り現金を盗んで逮捕! 不処分獲得には弁護士 北九州市戸畑区 

A君とB君(17歳)は,遊び金欲しさに,留守中の他人の家に土足で入り,テーブルの上に置いてあった現金3万円入りのVさんの財布1個を盗みました。
しかし,二人は,戸畑警察署住居侵入窃盗罪逮捕されました。
その後,二人の身柄は少年鑑別所に移され,警察,検察庁での捜査を経て,事件は家庭裁判所に送致されました。
家庭裁判所では,両名の少年審判を開始する決定が出されました。
(フィクションです)

~不処分を獲得するために~

不処分とは,家庭裁判所における調査の結果,①保護処分に付することができない場合や②保護処分に付するまでの必要がない場合において,少年審判保護処分に付さない旨の決定のことをいいます。
ちなみに,保護処分には,保護観察,少年院送致,児童自立支援施設または児童養護施設送致があります。

①とは,非行事実の存在が認められない場合などが当たります。
②とは,審判までに少年が更生し,要保護性がなくなった場合や試験観察期間中の少年の生活態度からさらに保護処分を行う必要がなくなった場合などが当たります。

少年審判において不処分となる多くの場合が,②の場合です。
付添人としては,少年審判不処分を獲得するために,審判までに少年に対して教育的な働きかけを行って、少年の事件に対する反省を深めさせたり,再犯防止のため環境整備を行っていく必要があります。
これらの活動を適切に行うには,少年事件に慣れている弁護士の力が必要です。

付添人
平たく言えば,事件が家庭裁判所に送致された後に,少年の味方になってくれる人です。
本件では,捜査段階(家庭裁判所送致前)で,私選の弁護人を選ばない限り国選の弁護人が付いていると思われますが,家庭裁判所送致後はその選任の効力が失われるため,家庭裁判所送致後は,改めて付添人(弁護士など)を選任しなければなりません。
引き続き,捜査段階での弁護人に付添人をお願いするか否かは,その弁護人とも協議するなどして判断された方がよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件を専門に取り扱っている法律事務所です
少年事件でお困りの方は,フリーダイヤル0120-631-881までお電話お待ちしてます。
戸畑警察署への初回接見費用:40,040円)

北九州市八幡東区の偽計業務妨害罪 少年審判回避には少年事件の弁護士

2018-04-29

北九州市八幡東区の偽計業務妨害罪 少年審判回避には少年事件の弁護士  

17歳の少年A君は,試験の成績が悪かったことから,憂さ晴らしに,コンビニで菓子パンに針を混入しました。
A君は,偽計業務妨害罪福岡県警察八幡東警察署取調べを受けました。
その後,事件は福岡家庭裁判所小倉支部に送られました。
(フィクションです)

~偽計業務妨害罪とは?~

偽計業務妨害罪とは,「偽計」を用いて人の「業務を妨害」した場合に成立する罪です。
本件のように,犯行が隠密に行われたときは「偽計」に当たる可能性があります。
また,「業務を妨害」とは,業務すなわちお店の営業を妨害する行為がなされれば足り,現実に,妨害されたことは必要ではないと解されています。

~少年審判における審判回避とは?~

少年審判とは,家庭裁判所において,少年が本当に非行(罪)を犯したかどうかを確認した上,非行の内容や少年個々人が抱える問題点に応じて,適切な処分を決めるための手続きです。
処分には,「少年院送致」,「児童自立支援施設等への送致」,「保護観察」,「検察官送致」の他,処分をしない「不処分」,審判を開始しない「審判不開始」があります。

少年審判を回避したければ,この「審判不開始」決定を受けなければなりません。
少年法19条1項には,家庭裁判所は,①審判に付することができず,又は②審判に付するのが相当でないと認めるときに審判を開始しない決定をしなければならないと規定しています。
①審判に付することができないときとは,非行事実の存在の蓋然性がない場合などが挙げられます。
②審判に付するのが相当でないと認めるときとは,事案が軽微であったり,少年が十分に反省しており,更生のための環境も整っているなど要保護性が低い場合などが挙げられます。

審判不開始決定が出されるのは,多くは②の場合です。
ですから,少年審判を回避したければ,裁判所に対し,少年の反省具合,更生のための環境が整っていることなどをしっかりアピールしなければなりません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、偽計業務妨害罪等を犯した少年の刑事事件を専門に取り扱う弁護士が所属しております。
少年審判を回避したいとお考えの方,ぜひ一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。
(福岡県警察八幡東警察署への初回接見費用:41,640円)

« Older Entries