Archive for the ‘交通違反・交通事故’ Category

【直方市での酒気帯び運転事件で逮捕】~刑事事件専門の弁護士に相談!

2017-08-19

【直方市での酒気帯び運転事件で逮捕】~刑事事件専門の弁護士に相談!

福岡県直方市に住むAさんは,酒を飲んでいたにもかかわらず,自宅の最寄り駅から自家用車で自宅へと向かい始めました。しかし,その途中,パトカーから停止を求められ,職務質問を受け,その際,飲酒していたことが発覚し,その場で,酒気帯び運転(道交法違反)で,福岡県直方警察署の警察官に逮捕されてしまいました。警察からAさんの逮捕連絡を受けたAさんの家族は,逮捕されたことにショックを受け,どうすればよいか分からなかったことから,刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(この事案はフィクションです)

【酒気帯び運転(道交法違反)事件で逮捕】

酒気帯び運転に関しては,道交法第65条第1項に「何人も,酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定され,これに違反した場合,同法第117条の2の2第3号の「第65条第1項の規定に違反して車両等を運転した者で,その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあったものは,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と罰則を規定しています。

福岡県では,今から10年以上前,福岡市東区内において,男性が酒を飲んで運転したために,前方を走っていた家族5人が乗っている車に追突し,海に転落して,幼い子供3名の命が奪われるという痛ましい事故(福岡海の中道大橋飲酒運転事故)が起きました。

酒気帯び運転は,今や社会的問題に発展しているため,これまで法律改正が行われるなどして,法定刑の引き上げがなされてきました。

【酒気帯び運転(道交法違反)事件における弁護活動】

酒気帯び運転逮捕された場合,①初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)②血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度,といった様々な事情により,身柄が拘束されたり,事件の処分が変わってくることになります。
そうなると,当然,弁護士による弁護活動の方向性や内容なども変わってくることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,これまで数々の酒気帯び運転(道交法違反)事件を取り扱ってきております。
酒気帯び運転(道交法違反)で逮捕された場合など,早い時期に弊所の弁護士までご相談いただければ,経験豊富な刑事事件に強い弁護士が,迅速に早期の身柄解放に向けて取り組むことはもちろんのこと,被疑者の方が円滑に社会復帰することが可能になります。

福岡県直方市での酒気帯び運転(道交法違反)事件でお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へのご相談や初回接見サービスのご利用をご検討ください。

(福岡県直方警察署への初回接見費用:4万1,400円)

【太宰府市で発生した交通死亡事故】~危険運転致死罪に強い弁護士が対応!

2017-08-16

【太宰府市で発生した交通死亡事故】~危険運転致死罪に強い弁護士が対応!

運送会社に勤務するAさんは,太宰府市内の国道を大型トラックで走行中,赤信号を無視し,横断歩道を横断中の歩行者であるVさんを跳ね飛ばして死亡させる交通死亡事故を起こしてしまいました。
この交通死亡事故により,Aさんは危険運転致死罪で現行犯逮捕されてしまいましたが,危険運転致死罪に強い弁護士が,今回の事故原因を徹底的に検証した結果,危険運転致死罪ではなく,過失運転致死罪で起訴されました。
(この事案はフィクションです)

《 危険運転致死罪とは 》
危険運転致死罪は,「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の第2条に規定されています。
普通の交通事故の場合,多くは過失運転致死傷罪が適用されますが,運転行為の中でも特に危険性の高い行為に限定して,「危険運転致死傷罪」が適用されます。
危険運転致傷罪が成立する可能性のある行為とは
①アルコール又は薬物の影響によって正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる
②制御させることが困難な高速度で自動車を走行させる
③その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる
④人又は車の通行を妨害する目的で、走行する自動車の直前に侵入したり、通行中の人又は車に著しく接近し、かつ重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する
⑤赤信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する
⑥通行禁止道路を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する
のいずれかの行為です。
法律に規定されている危険運転致死罪の罰則は「1年以上の有期懲役」と,非常に厳しいものになっています。

また,危険運転致死罪は裁判員裁判の対象事件の一つです。
裁判員裁判とは,選挙権を有する国民の中から無作為に選出された一般の人々が,刑事裁判に裁判員として参加し,裁判官と共に,事実の認定・法令の適用・量刑の判断をする制度です。
裁判員裁判は,裁判官だけで裁かれる一般の刑事裁判とは異なり,法律に精通していない一般人が刑事裁判に参加するため,裁判が始まるまでに争点が絞られたり,証拠資料が整理されるための時間が必要となるので,裁判が始まるまで相当な時間を要することになります。

《 弁護活動 》
Aさんが選任した弁護士は,トラックに搭載されているドライブレコーダーの映像を解析したり,事項現場及びその周辺の検証を行うなどして,今回の事故の原因を徹底的に検証するなどして,これらを報告書にまとめました。
このような弁護士の活動の結果,Aさんは逮捕されたときの罪である危険運転致死罪ではなく,過失運転致死罪で起訴されることになりました。

太宰府市で交通死亡事故を起こしてお困りの方,危険運転致死罪や過失運転致死罪などの交通事件に強い弁護士をお探しの方は,是非,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(筑紫野警察署への初回接見費用:3万6,800円)

福岡市西区の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げ事件で自首するなら相談を

2017-07-27

福岡市西区の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げ事件で自首するなら相談を

福岡市西区に住む会社員のA子さんは、夜間、福岡市西区内で車を運転していたところ、人をはねてしまい、怖くなってしまったことから、そのまま帰宅しました(ひき逃げ)。
A子さんは、帰宅後、人をはねたことを両親に相談し、福岡県西警察署に自首すべきかどうかなど相談するため、刑事事件専門の弊所の弁護士に相談しました。
(この事案はフィクションです)

ひき逃げ事件】

全国的にも、「ひき逃げ」のニュースは後を絶ちません。
ひき逃げ行為とは、車を人にぶつけたりした場合に、その人を救護することなく、そのまま逃げ去った場合に成立します。

日本の法律では、「ひき逃げ罪」というような法律はありません。
人を轢いて怪我させてしまった場合、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律4条の「過失運転致死傷罪」となります。
この「過失運転致傷罪」の法定刑は「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」と定められています。
それに加え、ひき逃げ行為をした場合、道路交通法72条前段の「救護義務違反」となります。
事故を起こした車の運転手が、その事故により怪我をした人を適切な方法で救護する義務を果たすことなく現場から逃げた場合、5年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。
また、事故を起こした場合は、警察に報告する義務がありますので、ひき逃げ行為は、道路交通法72条後段の「報告義務違反」にもあたり、3月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

つまり、車で人をはねて怪我をさせてしまった場合、すぐに警察へ連絡したり、怪我した人を救護をしていれば、上記の「過失運転致死傷罪」が成立するに過ぎないにも関わらず、ひき逃げした場合は、道路交通法上の救護義務違反や報告義務違反となり、より重く罰せられることになってしまいます。

ひき逃げ事件においては、一度現場から逃げているので、その後逮捕されてしまうケースが多いです。
A子さんのように、ひき逃げについて自首したり、自ら出頭したとしても、逮捕されてしまう可能性はあります。
また、逮捕されてしまうと、その後、裁判所において勾留決定がなされ、身柄拘束の機関が長くなることもあります。
ひき逃げ事件を起こしてしまったり、ひき逃げ行為について自首を考えている方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
早期にご相談・ご依頼いただくことで、逮捕や勾留といった身体拘束回避活動や、取調べへの助言などを行うことができます。
福岡県西警察署への初回接見費用:3万7,100円)

酒気帯び運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件に強い弁護士へ

2017-07-11

酒気帯び運転で逮捕なら…福岡市南区対応の刑事事件に強い弁護士へ

 
福岡市南区に居住するAさんは、両親と同居する自宅でお酒を飲みながらくつろいでいました。
しばらくの間飲み続けているとお酒がなくなってしまい、Aさんはもう少しだけお酒を飲みたいと思い、自宅近くにあるコンビニに車を運転してお酒を買いに行ってしまいました。
そして、コンビニでお酒を買って、車を運転して自宅へ帰っている途中、警ら中の福岡県南警察署の警察官から停車を求められ、その際、酒気帯び運転が発覚し、現行犯逮捕され、福岡県南警察署に連れて行かれてしまいました。
警察から逮捕の連絡を受けたAさんの両親は、ショックを受け、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

酒気帯び運転逮捕

上記事例のように、たとえ酒気帯び運転であったとしても、逮捕されてしまう可能性はあります。
軽い気持ちで行った酒気帯び運転から、逮捕という身体拘束がなされてしまえば、ご本人もご家族も、大変動揺することでしょう。

酒気帯び運転逮捕された場合、
酒気帯び運転といった飲酒運転について、初犯か再犯か(同種前科や同種違反歴があるか否か)
・血液中のアルコール濃度又は呼気中のアルコール濃度の程度はどの程度か
といった様々な事情により、逮捕後も身柄が拘束されるかどうかや、その後の処分が変わってくることになります。
となると、当然、弁護士による活動の方向性も変わってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、これまで数々の酒気帯び運転による道路交通法違反事件を扱ってきております。
逮捕された後、早期の段階で弁護士までご相談いただければ、刑事事件に強い弁護士が、迅速に逮捕からの解放に向けて取り組み、被疑者の方が円滑に社会に復帰するお手伝いをさせていただきます。
福岡市での酒気帯び運転による道路交通法違反事件でお悩みの方は、弊所の弁護士へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
福岡県南警察署への初回接見費用:3万5,900円)

福岡県久留米市の刑事事件(無免許運転幇助事件)で逮捕 弁護士に早期相談を!

2017-06-27

福岡県久留米市の刑事事件(無免許運転幇助事件)で逮捕 弁護士に早期相談を!

福岡県久留米市に住んでいる,Xさんはまだ教習所に通っている最中で免許を交付されてはいませんでした。
しかし、どうしても公道を運転したかったXさんはAさんに、車を貸してもらう許可を取り,Aさんの車を運転しました。
なお,AさんはXさんが無免許であることをわかっていました。
Aの車の走行中,たまたま久留米警察署の職務質問に会い,無免許運転が発覚し、Xさんは道路交通法違反の容疑で、逮捕されてしまいました。
その後,Aさんの元にも警察が任意の取り調べに来たため,不安になったXさんは刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

無免許運転
無免許運転は誰でも知っている犯罪と思われます。
運転免許証の交付を受けていないにもかかわらず,車などを運転したばあい,道路交通法違反となってしまいます。
ですから,上記Xさんは,道路交通法違反(無免許運転)として,罰せられる可能性があります。
初犯で悪質性が少ない場合,多くは罰金処分となると思われますが,再犯を繰り返しているような悪質性が高い場合には,懲役刑となる可能性もあるため,たかが無免許運転などという考え方はやめた方が良いでしょう。

無免許運転ほう助とは】
また,Aさんも,実は犯罪に問われる可能性がある行為をしていました。
それは車を貸し出す,つまりAさんの無免許運転という犯罪を手助けする行為です。

道路交通法は,無免許運転を行う可能性のあるものに車両を提供したり,運転者以外の立場で同乗したりすることを無免許運転のほう助にあたるとして禁止しています。
上記例のAさんは,このような行為にあたると考えられるため,捜査の対象になってしまったのでしょう。

もしも無免許運転ほう助の嫌疑でお困りの方は是非,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、刑事事件専門ですから,経験豊富です。
また,初回相談を無料で行っているため、皆様お気軽にご利用いただけます。
まずは相談予約だけでも、フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
久留米警察署までの初回接見費用:3万9000円)

福岡県北九州市の危険運転致傷事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士にお任せを!

2017-06-26

福岡県北九州市の危険運転致傷事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士にお任せを!

福岡県北九州市在住の建設作業員Aさんは、急いで次の現場に行くため、自動車を走らせていました。
急ぐあまり、交差点にて赤信号で停止中の前の車を避けて右折しようとし、反対車線にはみ出したところ、対向してきたトラックと衝突しました。
この事故でトラック運転手は全治2週間のけがを負いました。
Aさんは事故現場に駆け付けた福岡県警門司警察署の警察官によって、危険運転致傷罪の容疑で現行犯逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんのご家族はショックを受け、刑事事件に強い弁護士を探し始めました。
(※この事例はフィクションです。)

危険運転致傷罪とは】

危険運転致死傷は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律によって処罰されます。
この法律は、かつて刑法208条の2において規定されていた「危険運転致死傷」が,平成25年に11月に独立して規定されたものです。

この法律では、主に第2条および第3条において、どのような運転が「危険運転」か細かく規定されています。
簡単に説明すると、飲酒運転、薬物使用運転、スピードの大幅超過、無免許運転、妨害等運転、信号無視、通行禁止道路運転、重大な持病を知りながらの運転などが処罰されます。

法定刑は非常に重く、第2条に違反する者で、人を負傷させた者は15年以下の懲役、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役で処罰されます。

危険運転致傷罪と弁護活動】

上記のとおり、危険運転致傷罪はとても重い法定刑が科せられており、捜査機関が厳しい追及をする傾向にあります。
実務的には、危険運転致傷罪で逮捕されると、引き続き勾留される可能性が高い傾向にあります。
このような場合、勾留されてしまった方を一日でも早く身柄解放するためには、検察官に起訴されることを予想して保釈手続きを進めるなど、的確な刑事弁護の経験が重要です。

また、危険運転致傷の場合、初犯であっても数年の実刑になる判例があるため、早期に社会復帰するためには、早い段階から最善の弁護活動を尽くす必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、多くの交通事件を取り扱っております。
福岡県北九州市危険運転致傷事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談または初回接見サービスをご検討ください。
福岡県警門司警察署までの初回接見費用:40000円)

福岡県豊前市の少年事件で逮捕 自動車運転死傷行為処罰法違反に強い弁護士

2017-05-30

福岡県豊前市の少年事件で逮捕 自動車運転死傷行為処罰法違反に強い弁護士

福岡県豊前市のA(18歳)は、不良グループからの誘いで、お酒に酔って自動車を運転し、自転車に乗っていた人を跳ねて大怪我をさせてしまいました。
慌ててその場から逃走した少年Aは、福岡県豊前警察署の警察官に自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕されました。
Aの両親は、今後の対応について、自動車運転死傷行為処罰法違反等の少年事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

自動車運転死傷行為処罰法とは】

2014年5月から、自動車運転死傷行為処罰法が施行されました。
自動車運転死傷行為処罰法が設立された理由として、以前は、交通事故で人を死傷させた場合、刑法の「危険運転致死罪」や「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。
しかし飲酒運転や無免許運転等の悪質な交通事故に対し、幅広く処罰し、罰則も強化できるよう自動車運転死傷行為処罰法が設立されたのです。

少年事件逮捕されたら弁護士に相談】

飲酒運転で人身事故を起こし、その後救助義務を怠り現場から逃走してしまうと、少年事件であっても、自動車運転死傷行為処罰法違反等の疑いで逮捕される可能性があります。

少年による自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕された場合、早期に少年事件等の専門の弁護士に弁護を依頼することで、逮捕後の勾留や、鑑別所へ行かずに早期身柄を目指すことができます。

また自動車運転死傷行為処罰法違反では、相手方への治療費等の損害賠償や示談交渉の有無により、処分が大きく影響しますので、専門の弁護士による弁護活動が重要となります。

その他、少年事件で大切な弁護活動の1つに、不良グループからの離脱等環境調整をすることも大切です。
少年の生活環境を整え、ご家族や本人と今後同じような事件を起こさないための話し合いや反省の機会を与え、これらの活動を主張することは、処分を軽くするだけでなく、少年の将来にとっても大切な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士が多数おりますので、逮捕後の身柄解放や少年のサポート活動に精通しています。
自動車運転死傷行為処罰法逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
豊前警察署 初回接見費用:4万4100円)

福岡県春日市の刑事事件に強い弁護士 無免許運転で執行猶予を獲得!

2017-05-27

福岡県春日市の刑事事件に強い弁護士 無免許運転で執行猶予を獲得!

福岡県春日市に住むAさんは、無免許運転をしていた被疑事実で福岡県春日警察署に事情を聴かれています。
Aさんが無免許運転で事情を聴かれるのは2回目で、前回は罰金処分になっています。
なお、今回、Aさんが無免許運転したのは、子供が怪我をして病院へ連れていくためでした。
Aさんは、今後の生活のためにも、執行猶予になりたいと考えており、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

無免許運転
無免許運転とは、運転免許を受けないで自動車等を運転する場合に成立する、道路交通法違反の犯罪のことを指します。
運転免許を取得していないにもかかわらず、車を運転することはもちろんのこと、免許の失効後に運転した場合なども、無免許運転に該当します。

無免許運転をした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される可能性があります。

無免許運転執行猶予
一般的には、無免許運転をした場合、初犯であれば上記Aさんの1回目のように、略式裁判による罰金処分で済むことが多いとされています。
もっとも、無免許運転の回数や期間の長さによって変わってきますので、たとえ初犯であったとしても必ず罰金になるとは限らないことに注意が必要です。
また、上記Aさんのように、検挙が2回目であるなどという事情であれば、正式裁判で懲役刑を求刑されることもあります。

そのような場合、「家族の生活のためにも執行猶予を目指したい」と考えてご相談にいらっしゃる方もおられます。
執行猶予を目指すためには、情状面をしっかり主張する必要があります。
例えば
・やむに已まれぬ事情で無免許してしまった
・再犯防止策をとっている(車はすでに売却した)
・贖罪寄付をしている
などです。
あくまで、一例であり、個々人のケースによって、執行猶予を目指すために主張する事情は変わってきます。

福岡県春日市無免許運転事件で執行猶予になりたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談下さい。
福岡県春日警察署 初回接見費用:3万6600円)